ホーム > 2011年, ニュース > 保険デイリーニュース(03/23)

保険デイリーニュース(03/23)

 本日の主なニュース

・地震保険の支払総額は1兆円規模 阪神大震災超え最大に
・損保、企業向け中心に支払い拡大 S&P、格付け見通し引き下げ
・富士火災、東日本大地震の責任限度額は417億円
・東日本大震災による経済的損失は最大24兆円?米社がリスク分析
・地震保険、知っておきたい加入条件と補償内容
・生保・損保・共済などの地震対応まとめ
・生命保険各社、契約者貸付利率減免などの特別取扱いを実施
・生保請求額、最大4千億円の見通し 米ムーディーズ
・非常用携行リストを社員に配布 「帽子」や「家族の写真」も
・JR北海道、8万人分の顧客データを捨てる
・【東京電力の計画停電】23日は午前中の実施見送り 午後は実施

 損保関連

■地震保険の支払総額は1兆円規模 阪神大震災超え最大に

 東日本大震災の被害に対する地震保険の保険金の支払総額は1兆円規模に達する見通しだ。阪神大震災の約783億円を大幅に上回る過去最大の支払額になるのは確実。ただ支払保険金の一部は政府が引き受けるため、日本損害保険協会は「支払いが滞ることはない」と説明して …
・47NEWS
・毎日新聞

■損保、企業向け中心に支払い拡大 S&P、格付け見通し引き下げ

 東日本大震災は、家屋や工場の損害を補償する損害保険業界の業績にも多大な影響を与えそうだ。企業向けの地震保険を中心に保険金の支払いが膨らむ見通しで、一部の格付け会社は、業界の見通しを引き下げた。
・SankeiBiz

■富士火災、東日本大地震の責任限度額は417億円

 富士火災海上保険は22日、東日本で広範囲に発生した一連の地震により支払われる保険金と財務状況に関する試算を公表した。日本では、住居に使用される建物に対する「家財家計地震保険制度」において、最大5兆5000億円までの被害について全額保険金が支払わることになって …
・レスポンス

■東日本大震災による経済的損失は最大24兆円?米社がリスク分析

 損害額には津波による被害と避難の費用、電力供給の乱れと企業の事業中断によるコストを含むという。RMSが21日、電子メールで分析を公表した。保険でカバーされるのは損失のうち「小さな部分」にすぎないだろうとも指摘した。同業の分析会社Eqecatの大災害 …
・ブルームバーグ

■地震保険、知っておきたい加入条件と補償内容

 地震や津波による住宅、家財への損失に備える地震保険。東日本大震災を目の当たりにし、加入の検討を始めた人も少なくないだろう。地震保険の補償内容や加入の仕組みなどを点検した。火災保険は火災や風水害の損害を補償するもので、少額の見舞金などを除き、地震の被害はカバーされない。
・日本経済新聞

■生保・損保・共済などの地震対応まとめ

 この記事では、東北地方太平洋沖地震に関する保険会社の対応をご紹介します。困っている人々のお役に立てれば幸いです。最新情報は、各社Webサイトを参考にしてください。
・Business Media 誠

■損保各社ホームページより

●損保ジャパン
(03/22) 採用選考における特別対応実施のお知らせ

●日本興亜損保
(03/22) 東北地方太平洋沖地震の被害に対する義援金について

●富士火災
(03/22) 東日本大震災の損害状況と家計地震保険が富士火災の財務状況に与える影響について
(03/22) ご契約者の皆さまへ 東日本大震災の損害状況と家計地震保険に関わる保険金のお支払いについて

●共栄火災
(03/22) このたびの地震や津波の被害に関連するよくあるご質問

●SBI損保
(03/22) みずほ銀行システム障害の影響における保険料お支払いについて(その3)

 損保株価情報(東証:03/22)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上HD   2,282 +117 +5.40% 4,935,200
MSADHD   1,852 +123 +7.11% 2,938,200
NKSJHD    536  +25 +4.89% 5,770,000
富士火災海上    144  -2 -1.37%  285,000

日経平均株価  9,608.32 +401.57 +4.36%

 金融庁・協会関連

■金融庁・協会ホームページより

●金融庁
(03/22) 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震にかかる災害に対する金融上の措置の更なる周知徹底等について

●日本損害保険協会
(03/22) 生命保険協会・日本損害保険協会共催シンポジウム開催中止のお知らせ
(03/22) 3月29日(火)商品専門A試験の受験者の皆様へ
(03/22) 「損害保険に関する各社相談窓口のお知らせ」を掲載しました

●生命保険協会
(03/22) 生命保険事業概況・月次統計(平成23年1月)〔統計資料〕
(03/22) 生命保険協会・日本損害保険協会共催シンポジウム「社会構造の変化への挑戦」開催中止のお知らせ〔ニュースリリース〕

 生保関連

■生命保険各社、契約者貸付利率減免などの特別取扱いを実施

 朝日生命保険、AIGエジソン生命保険、住友生命保険、日本生命保険の4社はこのほど、東北地方太平洋沖地震の被災者について、契約者貸付利率の減免などの特別取扱いを実施すると発表した。
・マイコミジャーナル

■生保請求額、最大4千億円の見通し 米ムーディーズ

 米格付け会社ムーディーズは22日までに、東日本大震災による生命保険請求額が最大4千億円に上るとの見通しを明らかにした。生保の資産規模や収益力を考慮すれば対処できる金額といい、現状では生保の格付けの引き下げは検討していない。
・MSN産経ニュース

■非常用携行リストを社員に配布 「帽子」や「家族の写真」も

 ライフネット生命保険は、「地震に備えて持ち歩いたほうがよいものリスト」を作成、全社員にメールで配付した。余震や停電などのリスクを踏まえ、ネット上の情報も参考にして「家族の写真」をリストに加えている点がユニークだ。
・J-CAST

■生保各社ホームページより

●住友生命
(03/22) 新しいコーポレートブランドの展開について
(03/22) 新商品の発売について
(03/22) 窓口営業の再開について

●損保ジャパンひまわり生命
(03/22) 福島支社の営業再開

●あいおい生命
(03/22) 平成23年4月1日付役員・ライン部長人事異動について

 情報漏えい・個人情報問題

■JR北海道、8万人分の顧客データを捨てる
 <「動かないコンピュータ」その後>

 「インターネット上でのサービスは常にリスクにさらされている、ということを改めて思い知らされた」。北海道旅客鉄道(JR北海道)の大河原久雄総合企画本部経営企画部主査は、2008年11月に起きた不正アクセスによるWebサイト改ざん事件を、こう振り返る。
・ITpro

 システム・IT関連
 マネジメント、労働問題、その他

■【東京電力の計画停電】23日は午前中の実施見送り 午後は実施

 東京電力の3月23日の計画停電は、午前中の第1グループと第2グループは実施を見送り、第3グループの実施は当日の需給を見て決定。夕方以降の第4、第5グループは実施する。
・ITmedia


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・iPhone版
・メルマ!(2007/01/24創刊、配信数293)
・まぐまぐ(2007/02/14創刊、配信数982)
・Twitterでのニュース配信もやってます。NEW!!


カテゴリー: 2011年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。