ホーム > 2011年, ニュース > 保険デイリーニュース(03/25)

保険デイリーニュース(03/25)

 本日の主なニュース

・地震に備える保険のツボ
・保険会社倒産? 震災被害の保険金は支払われるか?
・行方不明でも死亡保険金 生保協会、各社へ通知
・アフラック:東日本大震災で問題発言のアヒル声優と契約解除
・生命保険、医療保険もまずは確認や連絡を
・若手ビジネスパーソンは草食系が7割 いまの20代の仕事における成長のヒント
・プレゼンがうまい人の「聴衆分析」――3つのポイント
・ケータイの緊急地震速報はいつ鳴るのか

 損保関連

■地震に備える保険のツボ

 建物の被害をカバーする保険と言えば、火災保険を思い浮かべる人も少なくありませんが、実は、火災保険では「地震」「噴火」「津波」(以下、地震など)による損害は、保険金の支払い対象外になっています。
・読売新聞

■保険会社倒産? 震災被害の保険金は支払われるか?

 世界的にも例がない大規模災害だけに、生命保険や損害保険の請求額も過去最大のものになる見通し。米格付け会社ムーディーズでは、生命保険請求額が4000億円にのぼる、と試算しています。保険会社に支払い能力があるのか、不安視する声も高まっています。 …
・税金と保険の情報サイト

■損保各社ホームページより

●そんぽ24
(03/24) 役員人事のお知らせ

●エイチ・エス損保
(03/24) 春たび応援フェア当選者のお知らせ

●アニコム損保
(03/24) 人事異動に関するお知らせ
(03/24) 「ご契約者専用ページ」サービス内容拡充のご案内

 損保株価情報(東証:03/24)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上HD   2,268 -24 -1.05% 2,855,300
MSADHD   1,835  -1 -0.05% 2,169,800
NKSJHD    528 -15 -2.76% 4,311,000
富士火災海上    143  -2 -1.38%  194,000

日経平均株価  9,435.01 -14.46 -0.15%

 金融庁・協会関連
 生保関連

■行方不明でも死亡保険金 生保協会、各社へ通知

 生命保険協会が、東日本大震災で被災した被保険者が行方不明のままでも、公的機関が発行する証明書があれば死亡保険金を支払うよう、加盟する生命保険各社に対して通知したことが24日、分かった。生保各社は応じる方針。保険金の支払いを迅速化することで、被災者の生活 …
・47NEWS
・読売新聞

■アフラック:東日本大震災で問題発言のアヒル声優と契約解除

 アフラック(アメリカンファミリー生命保険)は22日、米国での同社CMでアヒル(アフラックダック)の声優を務めていたコメディアンのギルバート・ゴットフリードさんが、東日本大震災をめぐるツイッターで問題のある発言をしたとして、契約を解除したことを明らかにした。 …
・毎日新聞

■生保各社ホームページより

●住友生命
(03/24) 役員人事・人事異動

●ソニー生命
(03/24) 人事異動について
(03/24) 来店型店舗「LIPLA 二子玉川ライズS.C.店」営業開始に関するお知らせ

●マニュライフ生命
(03/24) 被災者の方々に対する契約者貸付制度の特別取扱について
(03/24) 災害により被害を受けられたみなさまへ

●日本興亜生命
(03/24) このたびの大規模地震により被害を受けられた皆様へ

 情報漏えい・個人情報問題
 システム・IT関連
 マネジメント、労働問題、その他

■生命保険、医療保険もまずは確認や連絡を――今回の震災では全保険会社が保険金・給付金の全額支払いを決定、保険料払い込み猶予も
 <緊急リレー連載・大震災で今すぐ役立つマネー知識4>

 損害保険と同様、生命保険も自ら請求しなくては保険金や給付金は受け取れない。今回の震災で、不幸にしてご家族を亡くされた方、お体に障害を負われた方、けがをして入院治療を受けている方で生命保険に加入していた方は、保険金や給付金の請求を忘れないようにして …
・ダイアモンド・オンライン

■若手ビジネスパーソンは草食系が7割 いまの20代の仕事における成長のヒントとは?

 ワークス研究所の「大卒20?50代の仕事における成長についての意識調査」によると、ビジネスパーソン全体(正社員)では、「仕事における成長が非常に重要」の割合は平均15.2%だが、20代は最も高く、22?24歳は23.3%、25?29歳は20.7%と、4?5人に1人は「仕事における成長が非常に重要」と答えている。
・ダイヤモンド・オンライン

■プレゼンがうまい人の「聴衆分析」――3つのポイント
 <プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術>

 プレゼンで真っ先に考えるべきは「どのような人々がそれを聞くのか」ということ。これが「聴衆分析」です。例えば、福島原発の問題や計画停電における東京電力の記者発表も1つのプレゼンでしたが、聴衆分析はできていたでしょうか?われわれ国民の知りたいことに答えていたでしょうか?
・Business Media 誠

■ケータイの緊急地震速報はいつ鳴るのか
 <「またか」と思わず警戒を>

 東北関東大震災の余震が続く中、ケータイの緊急地震速報機能が注目を集めている。最近は速報が届いてもあまり揺れなかったりすることもあるが、速報はどんなときに届くのかを理解し、受信したら必ず警戒する習慣を付けておきたい。
・ITmedia


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・iPhone版
・メルマ!(2007/01/24創刊、配信数293)
・まぐまぐ(2007/02/14創刊、配信数981)
・Twitterでのニュース配信もやってます。NEW!!


カテゴリー: 2011年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。