ホーム > 2012年, ニュース > 保険デイリーニュース(03/14)

保険デイリーニュース(03/14)

 本日の主なニュース

<損保関連>
・出先の「トラブル」スマホで解決!損保ジャパンの好評アプリAndroidに対応
・保険プラス、「i自賠」サイトをリニューアル–クレジット決済が可能に
・「ドコモ ワンタイム保険」がスマホからの加入に対応
・自動車保険で環境貢献 約款はネット NPOに寄付も
・生損保の欧州重債務5カ国向け残高、4500億円に減 12月末
・「日ごろから備えを」/日本損保協がキャンペーン

<生保関連>
・住友生命、新営業端末にNECのWindowsスレートPCを4万台導入
・新商品の発売と新サービスの導入 [住友生命保険相互会社]
・ダイレクトメールに関係ない別の顧客情報が混入 – アクサ生命
・2012年生命保険契約満足度調査(募集編)20代男性の2割は大震災をきっかけ
・「掛け捨ての年金」はありなのか?

<ビジネス・IT>
・京都銀行、「iPad」を使った『渉外ナビゲーションシステム』を全店に導入
・職場で大地震に遭遇! どのようにして身を守ればいいのか
・「課長、赤ちゃんができました」と言われ、正しく振舞う方法

 損保関連

■出先の「トラブル」スマホで解決!損保ジャパンの好評アプリAndroidに対応

 損害保険ジャパン(東京・新宿区)は、iPhone向けに配信しているアプリ「トラブルch(トラブルチャンネル)」のAndroid版を2012年3月8日から提供している。新機能「トラブルナイザー」を搭載し、位置情報を元に状況に最も適したトラブル予防・解決術を教えてくれるのが …
・J-CASTニュース

■保険プラス、「i自賠」サイトをリニューアル–クレジット決済が可能に

 リンクソリューションが運営する損害保険ジャパン(以下、損保ジャパン)所属の来店型保険代理店「保険プラス」はこのほど、損保ジャパンのインターネット契約サービスサイト「i自賠」のリニューアルを実施した。 同サイトでは、損保ジャパンが提供する自動二輪車(250cc …
・マイナビニュース

■「ドコモ ワンタイム保険」がスマホからの加入に対応

 ニュースでは取り上げなかったが、ドコモは先週、「ドコモ ワンタイム保険」をspモードに対応させた。これは、同社と東京海上日動火災保険が共同で展開するサービスで、最短1日から加入できる短期の保険商品。料金も300円からと手軽に入れるのも特徴だ。
・ITmedia

■自動車保険で環境貢献 約款はネット NPOに寄付も

 車を持つ人なら大半が加入している自動車保険(任意保険)。この損害保険会社の主力商品を活用して環境保護に貢献する取り組みが広がっている。保険の約款の冊子を発行せず、顧客にホームページで閲覧してもらう「ネット約款」を導入し、紙を節約。損保会社は保険料収入の …
・SankeiBiz

■生損保の欧州重債務5カ国向け残高、4500億円に減 12月末

 日本の生命保険・損害保険各社が保有するギリシャなど欧州重債務5カ国向け政府債務の12月末の残高は約4500億円と、9月末に比べて約47%減ったことが分かった。ギリシャの無秩序なデフォルト(債務不履行)は避けられたが、欧州各国の財政の先行きへの警戒感は根強い。11 …
・日本経済新聞

■損保各社ホームページより

●三井住友海上
(03/12) ?社員食堂で復興支援? 毎月11日に、「福(ふっ)幸(こう)米(まい)」を使用した震災復興支援メニューを提供

●ソニー損保
(03/13) 福島県の小学校で実施したワークショップの作品が、ポスターになりました。

 損保株価情報(東証:03/13)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上HD   2,250  +5 +0.22% 2,505,300
NKSJHD   1,976  -6 -0.30% 1,763,000
MSADHD   1,723 -12 -0.69% 2,053,700

日経平均株価   9,899.08 +9.22 +0.09%

 金融庁・協会関連

■「日ごろから備えを」/日本損保協がキャンペーン

 日本損害保険協会四国支部(委員長・広瀬伸一東京海上日動火災保険高松支店長)は11日、琴電瓦町駅のコンコースで街頭キャンペーンを行い、駅利用者らに啓発グッズを手渡し防災意識の向上を訴えた。南海地震など大規模な災害が起きた際にも落ち着いて行動できるよう、 …
・四国新聞

■金融庁・協会ホームページより

●日本損害保険代理業協会
(03/09) 平成23年度 日本代協臨時総会 岡部会長挨拶

●損害保険料率算出機構
(03/13) 自賠責保険・共済月次統計【平成23年11月分】

 生保関連

■住友生命、新営業端末にNECのWindowsスレートPCを4万台導入

 住友生命保険相互会社は、新営業端末にNEC製スレートPCを4万台導入し、7月より全国約3万人の営業職員での利用を開始する。 住友生命では従来から営業力強化の一環として、専用のモバイルノートPCを営業職員が利用してきた。今回はさらに顧客への対面 …
・クラウド Watch
・RBB Today
・財経新聞
・ITpro
・PCオンライン

■新商品の発売と新サービスの導入 [住友生命保険相互会社]

 主力商品「Wステージ<5年ごと利差配当付新終身保険>」のレベルアップおよび、貯蓄ニーズの高い若年層への訴求力向上を目的として「生存給付金付定期保険特約(12)」を発売いたします。また、「Wステージ」の若年男性・女性向け専用プラン「きちんと未来 スマート年金 …
・朝日新聞

■ダイレクトメールに関係ない別の顧客情報が混入 – アクサ生命

 アクサ生命保険は、顧客宛てにダイレクトメールを発送した際、別の顧客の個人情報や契約情報が記載された書類を送付したと発表した。 3月1日に顧客へダイレクトメール約5万3000通を発送した際、一部で誤送付が発生したもの。誤送付した証券424件分には、顧客の氏名、 …
・Security NEXT

■2012年生命保険契約満足度調査(募集編)20代男性の2割は大震災をきっかけに契約

 JD パワー アジア・パシフィックは、2012年生命保険契約満足度調査(募集編)の結果を発表した。 生命保険の営業チャネルは、保険会社の直販営業(保険会社の営業担当者)が主体であるが、今年調査結果から代理店利用者の割合が拡大していることが確認 …
・マイライフ手帳@ニュース

■「掛け捨ての年金」はありなのか?

 年金というと、老後に備えた貯蓄に近いものという印象があるので、「掛け捨て」にはなじまない印象を受けるが、そもそもは長生きの際の生活費不足というリスクに対して集団で備える保険の一種だ。掛け捨てで設計することもできるはずだ。 一般の生命保険の場合、保険料 …
・ダイヤモンド・オンライン

■生保各社ホームページより

●第一生命
(03/12) ロンドンオリンピック女子マラソン日本代表選手に、女子陸上競技部の尾崎好美選手が決定しました!

●住友生命
(03/13) 新商品の発売と新サービスの導入
(03/13) 多機能タブレット型モバイルパソコンの開発・導入

●かんぽ生命
(03/13) かんぽ生命の契約状況、運用状況について

 情報漏えい・個人情報問題
 システム・IT関連

■京都銀行、「iPad」を使った『渉外ナビゲーションシステム』を全店に導入

 京都銀行は12日より、米アップルの多機能携帯端末「iPad」を使用した「渉外ナビゲーションシステム」の導入を順次開始した。これにより、業務効率化および行員のレベルアップなどを図り、より質の高いサービスの提供を目指す。同社は、2010年11月から日立製作所と共同 …
・マイナビニュース

 マネジメント、労働問題、その他

■職場で大地震に遭遇! どのようにして身を守ればいいのか

 平日の昼間、大地震に遭遇した場合、私たちはどのようにして自分の身を守ればいいのか。身を守る4つのポイントを紹介する。
・Business Media 誠

■「課長、赤ちゃんができました」と言われ、正しく振舞う方法

 「課長、赤ちゃんができました」――。部下の女性社員に突然、妊娠を報告されたらどうすればいいのか。『ただでさえ人手が足りないのに。今後の人員配置をどうしようか』と考えてしまう人は、要注意だ。
・Business Media 誠


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・iPhone版
・メルマ!(2007/01/24創刊、配信数324)
・まぐまぐ(2007/02/14創刊、配信数1101)
・Twitterでのニュース配信もやってます。NEW!!


カテゴリー: 2012年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。