ホーム > 2013年, ニュース > 保険デイリーニュース(01/21)

保険デイリーニュース(01/21)

 本日の主なニュース

<損保関連>
・自賠責保険料、4月から平均13.5%値上げ–自家用乗用車は2年契約で2890円増
・災害保険の支払い迅速に 財務省、サモアなど支援
・アクサ損保、iPhone向け事故解決アプリをリリース
・アメリカンホーム保険が保険金請求書類を電子化、BCPを強化
・au損保、海外旅行保険2013ワクワクキャンペーン開始
・保険市場、au損保の海外旅行保険を取り扱い開始
・“春たび応援フェア”開催のお知らせ
・なぜ旅行保険詐欺はなくならないのか?
・日東工業、東名保険サービスを吸収

<生保関連>
・日生 保険料据え置きへ 生保各社 戦略の練り直しも
・損保系生保 基盤の強み 既存客・代理店網活用、本業と相乗効果
・筒井日生社長「株式の長期保有、貴重な運用手段」(金融力シンポ)
・生命保険料が“乱高下”? ささやかれる新政権の影
・商品名が長い保険、なぜハズレが多いのか
・ライフネット、仰天の「新人」活用法

<ビジネス・IT関連>
・優しくするだけでは若手を育てられない
・多忙な人にメールを読んでもらうためのガイドライン「3-Bプラン」

 損保関連

■自賠責保険料、4月から平均13.5%値上げ–自家用乗用車は2年契約で2890円増

 金融庁は17日、自動車損害賠償責任保険審議会(第132回)を開催し、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険料について、全車種平均で13.5%値上げすることを決めた。保険料率の改定実施日は2013年4月1日となる。
・マイナビニュース
・朝日新聞
・日本経済新聞
・ウォール・ストリート・ジャーナル
・スポニチ

■災害保険の支払い迅速に 財務省、サモアなど支援

 財務省は18日、サモア、バヌアツなど太平洋の島しょ5カ国で災害保険の支援を始めると発表した。台風や津波など自然災害向けの保険が … 支援には東京海上日動火災保険など国内の大手損害保険3社も加わる。日本政府は保険料の補助や制度の導入 …
・日本経済新聞

■アクサ損保、iPhone向け事故解決アプリをリリース

 アクサ損害保険(アクサダイレクト)は、事故に関するさまざまな不安や心配を軽減するため、交通事故の解決に向けて役立つ機能・コンテンツを搭載したiPhone向けアプリ「事故解決ナビ」をリリースした。 同アプリを利用することで、事故に備えた事前学習、 …
・レスポンス

■アメリカンホーム保険が保険金請求書類を電子化、BCPを強化

 アメリカンホーム保険は2013年中に、保険金の請求書類を電子化すると発表した。一部の保険商品を … 全国の各拠点から電子化した保険金の請求書類を参照できるようにし、大規模な災害が起きても保険金の支払いが滞らないようにする。これに先立ち2012 …
・ITpro

■au損保、海外旅行保険2013ワクワクキャンペーン開始

 au損害保険は、昨年末に行った海外旅行保険のリニューアルを記念し、「海外旅行保険2013 ワクワクキャンペーン」を開始した。 同社が取り扱う海外旅行保険(My スマート保険world)は、昨年12月19日出発の契約からリニューアルを実施。補償内容の充実を …
・レスポンス

■保険市場、au損保の海外旅行保険を取り扱い開始

 アドバンスクリエイトは、同社が運営する保険比較サイト「保険市場」において、au損害保険(au損保)の海外旅行保険の … au損保はKDDIグループの一員として、ケータイまたはスマートフォンを利用するユーザーが求める補償コンテンツなどを販売している。
・レスポンス

■“春たび応援フェア”開催のお知らせ

 エイチ・エス損害保険株式会社では、春季旅行シーズンに向けた“春たび応援 … ネット専用海外旅行保険「スマートネッと」にご加入された方(契約者)の中から抽選で、総勢200名様に新生活を応援する賞品を …
・財経新聞

■なぜ旅行保険詐欺はなくならないのか?

 難易度で比較するのは適切ではないが、保険金詐欺のなかで最も易しい部類に入るのが、海外旅行保険の携行品損害。加入するのに面倒な手続き、審査は一切なく、保険料も安い。またその手口も、旅行中に盗難にあったと現地の警察に虚偽の申告→保険 …
・日刊SPA!

■日東工業、東名保険サービスを吸収

 日東工業は6月1日に100%出資子会社で損害保険代理店事業を手がける東名保険サービス(愛知県長久手市)を吸収合併する。これに先駆けて4月1日に同社事業を他の保険会社に譲渡する予定。経営資源の集中と経営効率化が狙い。 日刊工業新聞 …
・朝日新聞

■損保各社ホームページより

●東京海上ホールディングス
(01/18) 東京海上日動の世界銀行による「太平洋災害リスクファイナンスパイロットプログラム」への参加について

●東京海上日動
(01/18) 世界銀行による「太平洋災害リスクファイナンスパイロットプログラム」への参加
(01/18) 中堅・中小企業向け包括型保険「超ビジネス保険」の刷新について

●三井住友海上
(01/18) 「太平洋自然災害リスク保険パイロット・プログラム」への参画について
(01/17) ?企業が語るいきものがたりPart6? 企業と生物多様性に関するシンポジウムを開催

●損保ジャパン
(01/18) 「太平洋自然災害リスク保険パイロット・プログラム」への参加

●アメリカンホーム・ダイレクト
(01/18) 保険金請求書類を電子化し業務を行うことによりBCP(事業継続計画)体制を強化? 災害時等でも高い品質のサービスを安定してご提供するため?

 損保株価情報(東証:01/18)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上HD   2,716 +137 +5.31% 3,838,600
NKSJHD   1,930  +81 +4.38% 2,822,900
MSADHD   1,899 +121 +6.81% 3,924,500

日経平均株価   10,913.3 +303.66 +2.86%

 金融庁・協会関連

■金融庁・協会ホームページより

●金融庁
(01/18) 第132回自動車損害賠償責任保険審議会資料(平成25年1月17日開催)
(01/18) 第131回・第132回自動車損害賠償責任保険審議会の開催について

●日本損害保険協会
(01/15) 米国再保険監督規制に関する意見を提出

●日本損害保険代理業協会
(01/18) 第32次PIAS報告書 出来上がりました!

●生命保険協会
(01/18) 生命保険会社における環境問題への取組み状況(平成24年8月〜10月)を掲載しました

 生保関連

■日生 保険料据え置きへ 生保各社 戦略の練り直しも

 日本生命保険は十九日、大半の保険商品の生命保険料を四月以降も据え置く方針を固めた。保険商品の運用利回り(予定利率)の目安となる標準利率が四月から引き下げられることから、生保各社は保険料を値上げするとみられていた。業界最大手の日生の …
・東京新聞
・日本経済新聞

■損保系生保 基盤の強み 既存客・代理店網活用、本業と相乗効果

 少子高齢化で頭打ち傾向にある国内の生命保険市場で、大手損害保険会社の生保事業が健闘している。 2012年9月中間期の新契約高(個人保険と個人年金保険の合計数値)は、3大損保グループのMS&ADインシュアランスグループホールディングス(HD) …
・SankeiBiz

■筒井日生社長「株式の長期保有、貴重な運用手段」(金融力シンポ)

 日本生命保険の筒井義信社長は18日午後、「ニッポン金融力会議」のプロジェクトである第2回トップ・シンポジウム「よみがえれ東京市場?活かせ個人金融資産」(主催・日本経済新聞社)で講演した。生保の役割として(1)生命保険商品などの提供を通じて国民 …
・日本経済新聞

■生命保険料が“乱高下”? ささやかれる新政権の影

 金融庁が新年早々、生命保険各社の予定利率を左右する「標準利率」の算出方法の見直しに着手したことが明らかとなり、業界に … の利回りを基に算出する現行の計算式を、もっと複合的な要因を反映したものに変えるべきとの声が強かった」と大手生保幹部。
・ダイヤモンド・オンライン

■商品名が長い保険、なぜハズレが多いのか
 <保険会社が言わないホントの保険の話>

 あくまで個人的な感想ですが、「商品名が長い保険にはハズレが多い」と常々思っています。例えば「円建終身移行特約付通貨選択利率更改型終身保険」という商品があります。銀行の窓口で販売されているもので、過 …
・日本経済新聞

■ライフネット、仰天の「新人」活用法

 ライフネット生命保険はユニークな企業だ。生保 … しかしライフネット生命は免許を取得し、2008年5月18日に独立系生命保険会社として開業した。 … 日本生命を経てライフネット生命を起業した代表取締役社長の出口治明氏に、新卒採用について聞いてみた。
・東洋経済オンライン

■生保各社ホームページより

●第一生命
(01/18) 20?59歳の女性800名に聞いた『消費行動に関する調査』?ライフデザイン白書2011「消費」との比較データ?

 個人情報・セキュリティ関連
 システム・IT関連
 マネジメント、労働問題、その他

■優しくするだけでは若手を育てられない

 後輩を育てるには、あえて失敗経験を見せたり、ドキッとする経験をさせたりすることも必要だ。問題が起きた時、ベテランだけで対処するのではなく、若手もその場に身を置かせるのも1つの育て方である。
・Business Media 誠

■多忙な人にメールを読んでもらうためのガイドライン「3-Bプラン」

 ソーシャルメディアが話題を集めている今でも、やはり主なコミュニケーション手段はメールです。ここでは、忙しい人から返事がもらえるメールを書くガイドラインを紹介します。
・Business Media 誠


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・iPhone版
・メルマ!(2007/01/24創刊、配信数331)
・まぐまぐ(2007/02/14創刊、配信数1177)
・Twitterでのニュース配信もやってます。


カテゴリー: 2013年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。