ホーム > 2013年, ニュース > 保険デイリーニュース(06/27)

保険デイリーニュース(06/27)

 本日の主なニュース

・住友生命、インドネシアで生保株取得へ 明治安田はタイ大手に出資
・トップ営業は揺さぶられない。お客さまの「検討します」にどう切り返す?
・トヨタやリコーなど相次ぐWebサイト改ざん、IPAが対策を呼びかけ
・OCNに不正アクセス、756件の接続パスワードが不正変更
・韓国でのサイバー攻撃、正規ソフトの自動更新機能が悪用された恐れ
・第3回:「退職」時に高まるリスク、機密情報の漏洩を防ぐ仕組みとは

 損保関連

■損保各社ホームページより

●MS&ADホールディングス
(06/26) 第5期定時株主総会を開催しました
(06/26) 平成25年3月期の連結ソルベンシー・マージン比率を掲載しました

●NKSJホールディングス
(06/26) 2013年3月期連結ソルベンシー・マージン比率

●損保ジャパン
(06/26) 東日本の福祉団体を対象とした自動車購入費助成先を募集
(06/26) 損保ジャパン記念財団賞 受賞記念講演会とシンポジウムの開催
(06/26) 「UCDAアワード2013」2部門で最上位の賞を受賞

●あいおいニッセイ同和損保
(06/26) ライン部長の人事に関するお知らせ

 損保株価情報(東証:06/26)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上HD   2,991 -34 -1.12% 2,366,900
MSADHD   2,355 -38 -1.59% 1,688,900
NKSJHD   2,211 -36 -1.60% 1,261,100

日経平均株価   12,834.01 -135.33 -1.04%

 金融庁・協会関連

■金融庁・協会ホームページより

●金融庁
(06/26) 「金融庁防災業務計画」の改正について

 生保関連

■住友生命、インドネシアで生保株取得へ 明治安田はタイ大手に出資

 住友生命保険が、インドネシア国有銀行「バンクネガラインドネシア」の生保子会社の株式40%取得を目指し、交渉していることが25日、わかった。少子高齢化の進行で大手生保の保険販売は伸び悩んでおり、人口増加と高い経済成長が見込めるアジアへ進出 …
・MSN産経ニュース

■トップ営業は揺さぶられない。お客さまの「検討します」にどう切り返すのか?

 前回は営業マンに必要不可欠な「聞く力」について、外資系生命保険の現役トップ営業である川田修氏に伺った。今日は、「いい … 1997年プルデンシャル生命保険株式会社入社、営業職の最高峰であるエグゼクティブ・ライフプランナーに昇格。その年の年間 …
・ダイヤモンド・オンライン

■生保各社ホームページより

●日本生命
(06/26) 『「保険金・給付金のお支払状況」について』を更新しました。
(06/26) リライアンス・グループが設立申請予定の新銀行への出資について ?リライアンス・グループとの更なる協業関係強化に向けて?

●住友生命
(06/26) 「大野和士の こころふれあいコンサート2013」への協賛について

●フコク生命
(06/26) 「平成24年度第4四半期苦情受付状況」を掲載しました。

●ハートフォード生命
(06/26) 「お客様満足度向上への取り組み」を更新しました
(06/26) 「保険金等お支払い状況について」を更新しました
(06/26) 「お支払い漏れ等への対応」を掲載しました

●アイエヌジー生命
(06/26) 支払漏れ等による追加でのお支払状況について(平成24年度)
(06/26) 保険金等お支払状況について(平成24年度下半期)

●楽天生命(旧アイリオ生命)
(06/26) 楽天生命 取締役人事について

 個人情報・セキュリティ関連

■トヨタやリコーなど相次ぐWebサイト改ざん、IPAが対策を呼びかけ

 情報処理推進機構(IPA)は2013年6月26日、相次ぐWebサイトの改ざんによりウイルス感染の危険性が高まっていると注意喚起した。6月に入ってトヨタ自動車、リコージャパン、日本赤十字社、札幌市の観光情報サイトなどWebサイトの改ざんが急増している。
・ITpro

■OCNに不正アクセス、756件の接続パスワードが不正変更

 NTTコミュニケーションズは6月26日、インターネット接続サービス「OCN」において、インターネット接続用の認証パスワードが第三者に不正に変更される被害を受けたと発表した。不正変更されたパスワードの数は756件。契約情報や決済情報などの流出は確認されていないという。
・ITpro

■韓国でのサイバー攻撃、正規ソフトの自動更新機能が悪用された恐れ

 6月25日、韓国の政府機関や報道機関、放送局などのWebサイトが不正アクセスを受け、改ざんやサーバダウンの被害を受けた。トレンドマイクロは、一連の攻撃のうち少なくとも1つは、ファイル共有/オンラインストレージサービス「SimDisk」用ソフトウェアの改ざんが原因であると指摘している。
・@IT

■第3回:「退職」時に高まるリスク、機密情報の漏洩を防ぐ仕組みとは
(機密情報を狙う「獅子身中の虫」 内部不正対策は万全か)

 社員が何らか理由で会社を去るときに、組織の機密情報を持ち出す例が後を絶ちません。社内の情報システムを熟知した内部の人間だけに、対策は困難を極めます。これら情報の流出を防ぐには、メリハリをつけた情報管理を徹底することはもとより、退職前の監視強化と退職時の手続きが欠かせません。
・ITpro

 システム・IT関連
 マネジメント、労働問題、その他

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・iPhone版
・メルマ!(2007/01/24創刊、配信数344)
・まぐまぐ(2007/02/14創刊、配信数1195)
・Twitterでのニュース配信もやってます。


カテゴリー: 2013年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。