ホーム > 2014年, ニュース > 保険デイリーニュース(05/21)

保険デイリーニュース(05/21)

 本日の主なニュース

・損保3社:前期純利益25%増、大雪も市場環境改善?今期も増益へ
・東京海上の前期、2期連続で過去最高益 海外事業が好調で
・MS&ADの前期、グループ発足後の最高益 今期2期連続の増配
・NKSJHDの前期、純利益は過去最高 今期は減益見込み
・2月の大雪、保険金支払い2500億円超 4月末時点
・三井ダイレクト損保、損害調査業務を標準化して顧客サービス品質を高める
・明治安田生命、基金600億円積み増し M&Aへ財務基盤確保
・日本生命、企業保険団体向け「企業保険インターネットサービス」を開始
・経営陣を納得させる、IT投資におけるリスク評価の基本

 損保関連

■損保3社:前期純利益25%増、大雪も市場環境改善?今期も増益へ

 東京海上ホールディングス など大手損保3グループの2014年3月期の連結決算が出そろった。3社合計の純利益は前の期に比べて25%増の3220億円となった。2月の大雪で保険金支払いが膨らんだものの、その他の保険金 …
・ブルームバーグ

■東京海上の前期、2期連続で過去最高益 海外事業が好調で

 損害保険事業の売上高にあたる正味収入保険料は12.2%増の2兆8707億円。欧米を中心とした海外の保険事業での引き受けが拡大。国内では2月の大雪による損失はグループ全体で565億円を計上したが、好調な新車販売に伴う自動車保険販売の伸びなど …
・日本経済新聞

■MS&ADの前期、グループ発足後の最高益 今期2期連続の増配

 売上高に相当する正味収入保険料(連結ベース)は6%増の2兆8095億円だった。傘下損保では、三井住友海上火災保険が5.3%増、あいおいニッセイ同和損害保険が3.8%増。2月の大雪で発生した保険金支払いは821億円にのぼったが、自動車保険などの …
・日本経済新聞

■NKSJHDの前期、純利益は過去最高 今期は減益見込み

 傘下の損害保険ジャパンが6.5%増、日本興亜損害保険は4.6%増だった。 15年3月期の連結純利益は25%減の330億円を見込む。9月に予定する損害保険ジャパンと日本興亜損害保険の合併に伴う費用などで1000億円程度の特別損失を計上することが …
・日本経済新聞

■2月の大雪、保険金支払い2500億円超 4月末時点

 2月に関東地方を中心に2度降った大雪による保険金支払額が損害保険業界全体で2500億円を超えることが20日、わかった。数字は4月末時点で、大雪の保険金支払いとしては過去最大。地震も含めた自然災害による支払額としても過去5番目の大きさとなっ …
・日本経済新聞

■三井ダイレクト損保、損害調査業務を標準化して顧客サービス品質を高める

 三井ダイレクト損害保険は、自動車保険の損害調査業務システムを刷新。2014年2月25日、国内14拠点と事故受付コールセンターにおいて運用を開始した。
・IT Leaders

■損保各社ホームページより

●東京海上ホールディングス
(05/20) 平成26 年3 月期 決算記者会見資料
(05/20) 剰余金の配当に関するお知らせ
(05/20) 平成26年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)
(05/20) 東京海上グループの2014 年度計画(修正利益ベース)について

●東京海上日動
(05/20) ホームページのリニューアルについて

●MS&ADホールディングス
(05/20) 自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ

●あいおいニッセイ同和損保
(05/20) 役員の異動に関するお知らせ

●NKSJホールディングス
(05/20) 2014年3月期決算発表について
(05/20) 人事異動について
(05/20) 人事異動について(NKSJホールディングス、損保ジャパン、日本興亜損保)
(05/20) 定款一部変更に関するお知らせ

●損保ジャパン
(05/20) 人事異動について

●そんぽ24
(05/20) 平成26年3月期 業績の概要

 損保株価情報(東証:05/20)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   2,939 +18 +0.62% 4,427,500
NKSJホールディングス   2,639  +7 +0.27% 1,385,900
MS&ADホールディングス  2,350 -20 -0.84% 1,629,300

日経平均株価   14,075.25 +68.81 +0.49%

 金融庁・協会関連

■金融庁・協会ホームページより

●日本損害保険協会
(05/20) 2月の雪害による保険金支払見込額
(05/20) 高校家庭科教師対象の夏季セミナー開催案内

 生保関連

■明治安田生命、基金600億円積み増し M&Aへ財務基盤確保

 明治安田生命保険は今夏にも、株式会社の資本金に相当する基金を600億円積み増す。増額は5年連続で、基金の総額は7300億円となる。同社は個人契約者向けの配当を6年ぶりに増やす方針で、契約者への利益還元と自己資本の充実の両立を目指す。
・日本経済新聞

■日本生命、企業保険団体向け「企業保険インターネットサービス」を開始

 「企保ネット」は、これまで書類等の送付により行っていた加入者情報の変更手続きや保険料払込案内の確認など、企業保険に関わる手続きの大半をインターネットで行えるようにするもの。これにより、企業保険における各種手続きの迅速化・ペーパーレス化を …
・マイナビニュース

■生保各社ホームページより

●第一生命
(05/20) 2014年3月末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューの開示について

●明治安田生命
(05/20) 2014-2015年度経済見通しについて

●フコク生命
(05/20) 「2014・2015年度 日本経済の見通し(改訂)」について

●T&Dフィナンシャル生命
(05/20) 平成26年3月末市場整合的エンベディッド・バリューの開示について

●大同生命
(05/20) 平成26年3月末市場整合的エンベディッド・バリューの開示について

●太陽生命
(05/20) 平成26年3月末市場整合的エンベディッド・バリューの開示について

●ソニー生命
(05/20) 平成25年度決算(案)のお知らせ
(05/20) <参考>平成25年度決算(案)<補足資料>
(05/20) <参考>2014年3月期決算案発表<記者会見資料>

●東京海上あんしん生命
(05/20) 平成26年3月期 決算のお知らせ
(05/20) 証券化商品等への投資及びサブプライム関連投資の状況
(05/20) 平成25年度末エンベディッド・バリューの開示

●東京海上日動フィナンシャル生命
(05/20) 平成26年3月期決算のお知らせ
(05/20) 証券化商品等への投資及びサブプライム関連投資の状況
(05/20) 平成25年度末エンベディッド・バリューの開示
(05/20) 役員人事異動のお知らせ

●三井住友海上あいおい生命
(05/20) 平成25年度決算のお知らせ
(05/20) 平成25年度末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューの開示

●三井住友海上プライマリー生命
(05/20) 平成25年度決算のお知らせ
(05/20) 平成25年度末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューの開示

●NKSJひまわり生命
(05/20) 平成25年度決算のお知らせ
(05/20) 平成26年3月末 市場整合的エンベディッド・バリューの開示

●損保ジャパンDIY生命
(05/20) 平成25年度決算のお知らせ

 システム・IT・セキュリティ関連

■経営陣を納得させる、IT投資におけるリスク評価の基本

 今回は、前回紹介したWindows Server 2003サポート終了に伴う各種選択肢のビジネスリスクを分析する前に、まずはどのようにビジネスリスクを算定するべきかについて解説したい。
・ソフトバンク ビジネス+It

 マネジメント、労働問題、その他

【発行者】やなはる
aaa
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(2007/01/24創刊、配信数362)
・まぐまぐ(2007/02/14創刊、配信数1240)
・Twitterでのニュース配信もやってます。


カテゴリー: 2014年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。