ホーム > 2016年, ニュース > 保険デイリーニュース(02/02)

保険デイリーニュース(02/02)

 本日の主なニュース

・日生、遺族向けサービス拡大 死亡時の手続き支援
・難しい商品 保険会社にとっては都合がいい?
・生命保険の解約で損をしないためのポイント
・私に合ってる!? 医療保険・生命保険・がん保険について不安に思うこと・3選
・働く女性が注目! 今、入ろうと思っている保険・3選
・危機感、感じてる!? 働く女性の災害保険や地震保険の加入状況・3選
・技術者不足のウソ、「趣味直し」のような開発をやめれば人は足りる

 <損保関連>

■損保各社ホームページより

●三井住友海上
(02/01) 〜ゴミ拾い×ランで心も体も街もキレイに!〜「第2回三井住友海上ゴミ拾い駅伝」の開催について

●朝日火災
(02/01) 当社の火災保険「ホームアシスト」に関する記事が保険毎日新聞に掲載されました。

 <損保株価情報>(東証:2016/02/01)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,571 +323 +7.60% 6,800,500
SJNKホールディングス   3,631 +112 +3.18% 1,764,300
MSADホールディングス   3,323 +98  +3.04% 2,841,600

日経平均株価   17,865.23 +346.93 +1.98%

 <金融庁・協会関連>
 <生保関連>

■日生、遺族向けサービス拡大 死亡時の手続き支援

 日本生命保険は4月から死亡保険金を受け取る遺族へのサービスを拡大する。保険金の請求に限らず死亡に伴う諸手続き全般を支援する。電話の無料相談で、役所に提出する書類を案内したり、相続税額の目安を知らせたりする。
・日本経済新聞

■難しい商品 保険会社にとっては都合がいい?
 <保険会社が言わないホントの保険の話>

 「ぶっちゃけ、商品が難しいということは保険会社にとって大事なことなんですよ」。保険会社で商品設計などに関わる仕事をしている人に、「なぜ、保険には複数の特約が付加された比較検討が難しい商品が多いのか。
・日本経済新聞

■生命保険の解約で損をしないためのポイント

 FPとしての生命保険の相談業務は大きく3つに分かれる。それは「新たに加入する検討」、「加入中の見直し」、「解約の検討」だ。今回はこの中でも、「加入中の見直し」及び「解約の検討」時に共通する「生命保険の解約」について考えてみよう。
・ZUU online

■私に合ってる!? 医療保険・生命保険・がん保険について不安に思うこと・3選

 保険は安心感を得るものではありますが、複雑な仕組みのものが多く、「保険って契約したけど、なんだか不安!!」という人も多いと思います。そこで今回は大人の女性たちに、正直、医療・生命・ガン保険で不安に思っていること、について聞いてみました。
・GIRL’S TALK

■働く女性が注目! 今、入ろうと思っている保険・3選

 保険の種類はたくさんあるので、契約したいものが変化するのは当然ですよね。そこで今回は働く女性に、今現在、入ろうと思っている保険について聞いてみました。
・GIRL’S TALK

■危機感、感じてる!? 働く女性の災害保険や地震保険の加入状況・3選

 これだけ多くの災害があるのですから、いつ何時、自分も被災者になるかわかりません。そこで今回は働く女性に、「万が一」のときに備えて、災害・地震保険に加入しているか、聞いてみました。
・GIRL’S TALK

■生保各社ホームページより

●日本生命
(02/01) 死亡保険金受取人向けサービス「ニッセイご遺族あんしんサポート」の提供について

●第一生命
(02/01) 第68回「保健文化賞」募集中

●アメリカンファミリー生命
(02/01) モバイル端末専用「発送依頼連絡フォーム画面」の新設について
(02/01) <新 生きるためのがん保険Days>TV-CM「がん保険を、話そう。有吉さん その後のふたり」篇放映開始のお知らせ

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

■技術者不足のウソ、「趣味直し」のような開発をやめれば人は足りる

 人月商売のSIでは、今のように需給の逼迫期にかき集められた技術者は、不景気になると容赦なく切り捨てられる。にもかかわらず、「技術者が足りない。とにかくかき集めろ」と騒ぐユーザー企業のIT部門やITベンダー。そうした懲りない面々は考え直す必要がある。実は「趣味直し」のような開発をやめれば、技術者は足りている。
・ITpro


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2016年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。