ホーム > 2016年, ニュース > 保険デイリーニュース(04/26)

保険デイリーニュース(04/26)

 本日の主なニュース

・【熊本地震】地震保険の事故受付は6万9千件に さらに拡大の見通し
・医療保険の支払い柔軟に 生保各社が被災者支援
・ライフネット生命保険が「Marketo」を導入
・日テレのサイトに不正アクセス、43万件の個人情報が流出した可能性
・J-WAVE、コマンドインジェクション攻撃による不正アクセス
・ゴルフウェア通販サイトからクレカ情報が流出 – セキュリティコードも
・Amazonのクラウドから9340万人分の個人情報が流出

 <損保関連>

■【熊本地震】地震保険の事故受付は6万9千件に さらに拡大の見通し

 日本損害保険協会は25日、熊本県や大分県を中心に相次ぐ地震に関係した地震保険の事故受付件数が6万8913件に達したと発表した。国内で営業している損害保険会社29社が21日までに受け付けた分を集計した。
・SankeiBiz

 <損保株価情報>(東証:2016/04/25)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   3,988 +75 +1.92% 2,801,100
SJNKホールディングス   3,241 +34 +1.06% 2,065,100
MSADホールディングス   3,244 +135 +4.34% 2,793,000

日経平均株価   17,439.3 -133.19 -0.76%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●日本損害保険協会
(04/25) 平成28年熊本地震に係る地震保険の事故受付件数について
(04/25) 2016年度交通事故医療研究助成募集のお知らせ

●日本損害保険代理業協会
(04/25) 平成26年〜27年度任期最後の委員会を開催しました。

 <生保関連>

■医療保険の支払い柔軟に 生保各社が被災者支援

 日本生命保険、第一生命保険、明治安田生命保険、住友生命保険の大手生保4社は25日、熊本県を中心にした地震で被災した保険契約者に対し、医療保険の入院給付金を柔軟に支払うなどの支援策を発表した。 支援の対象となるのは、災害救助法の適用を …
・産経ニュース
・朝日新聞

■ライフネット生命保険が「Marketo」を導入

 生命保険は、一般的に年齢が上がると保障内容が同じでも保険料が高くなるため、誕生日を控えた時期にメールで訴求することが効果的という。ところが従来のシステムでは、配信日の直後に資料請求した顧客が配信対象に含まれないなどの問題があった。
・ITmedia

■生保各社ホームページより

●日本生命
(04/25) 「平成28年熊本地震」の被災者の方々に対する契約貸付・入院給付金・融資関係の特別取扱いについて

●第一生命
(04/25) 「平成28年(2016年)熊本地震」における災害救助法適用地域のお客さまに対する特別お取扱いについて(追加対応)

●明治安田生命
(04/25) 平成28年熊本地震により被災されたお客さまへの対応について ~入院給付金および契約者貸付に関する特別取扱い~

●住友生命
(04/25) 熊本地方を中心とする地震により被災された方々に対する契約者貸付利率の減免等について

●朝日生命
(04/25) 「平成28年熊本地震」で被災された方々に対する各種特別取扱いについて

●大同生命
(04/25) 「平成28年熊本地震」の被災者の方々への契約者貸付・入院給付金の特別取扱について

●太陽生命
(04/25) 「平成28年熊本地震」の被災者の方々への契約者貸付・入院給付金・住宅ローン等の特別取扱について

●アメリカンファミリー生命
(04/25) 「平成28年熊本地震」の被災者の方々に対する特別取扱いについて

●ソニー生命
(04/25) 平成28年熊本地震により被災された皆さまに対する特別な取扱等

●プルデンシャル生命
(04/25) 「平成28年熊本地震」の被害に対する支援について
(04/25) 諸利率について

●三井住友海上あいおい生命
(04/25) 熊本地震 被災地域のご契約のお取扱いについて

●三井住友海上プライマリー生命
(04/25) 指定代理請求特約の指定代理請求人の指定範囲を拡大します。

●損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
(04/25) 「平成28年熊本地震」に係る契約者貸付利率の減免について

 <セキュリティ関連>

■日テレのサイトに不正アクセス、43万件の個人情報が流出した可能性

 日本テレビ放送網株式会社は、同社サイトに不正アクセスが発生し、保有する個人情報のうち、約43万件が流出した可能性があると発表した。同社は4月20日13時頃に、同社サイトにおいて、ソフトウェアの脆弱性を利用した不正アクセスがあったことを発見し、調査の結果、氏名・住所・電話番号・メールアドレス等の情報漏洩が発生した恐れがある範囲を特定した。
・MdN Design Interactive

■J-WAVE、コマンドインジェクション攻撃による不正アクセス、個人情報64万件が流出した恐れ

 株式会社J-WAVEは22日、同社のホームページに不正アクセスがあり、保有する個人情報のうち約64万件が流出した恐れがあると発表した。流出した恐れがあるユーザーには、登録メールアドレスへ順次連絡するとしている。
・INTERNET Watch

■ゴルフウェア通販サイトからクレカ情報が流出 – セキュリティコードも

 女性向けゴルフウェアの通販サイト「vivid golf」に不正プログラムが設置され、クレジットカードを含む顧客情報が外部へ流出していたことがわかった。
・Security NEXT

■Amazonのクラウドから9340万人分の個人情報が流出

 データが流出したのはAmazon側の問題ではなく、アップロードされたデータにパスワードなどの保護が何もかかっていなかったことが原因と見られています。メキシコ人の有権者登録情報がなぜアメリカにあるAmazonのクラウドサーバーにアップロードされていたのか …
・GIGAZINE

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2016年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。