ホーム > 2016年, ニュース > 保険デイリーニュース(10/24)

保険デイリーニュース(10/24)

 本日の主なニュース

・三井住友海上、民泊貸主向け保険 盗難など補償
・海外旅行保険、長期滞在は値上げ 三井住友海上など
・信託と損保で認知症に備え 詐欺被害や事故リスク
・企業年金、「リスク抑制型」が初めて逆転 日生、第一生命の受託残高
・生命保険、運用難で利率低下 保険料上げ拡大も
・半数以上が法規制に対応できず–情報セキュリティの現状:IDC調査
・DNSサービスの「Dyn」に大規模DDoS攻撃、Twitterなどが影響受けダウン
・悪質なWSFを添付したメールでランサムウェア拡散図る例が急増–シマンテック
・「金融知識」を備えたPepper、沖縄銀行で接客開始

 <損保関連>

■三井住友海上、民泊貸主向け保険 盗難など補償

 三井住友海上火災保険は11月、空き部屋に旅行客などを有料で泊める「民泊」の貸主向けの損害保険を発売する。民泊を運営するのに必要な手続きなどを支援するサービスも併せて提供するのが特徴だ。
・日本経済新聞

■海外旅行保険、長期滞在は値上げ 三井住友海上など

 三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は10月から海外旅行で長期滞在する場合の保険を値上げした。このところ外国為替市場で円安・ドル高が進み、海外でけがをした場合の治療費が円換算で膨らんでいるためだ。
・日本経済新聞

■信託と損保で認知症に備え 詐欺被害や事故リスク

 高齢化を背景に、増加し続ける認知症患者。認知症を患うことで保有財産が詐欺被害に遭ったり、他人に迷惑をかけて賠償請求をされたりする例も目立ち、信託や損害保険の分野ではこうしたリスクに対応する商品が次々登場している。
・日本経済新聞

 <損保株価情報>(東証:2016/10/21)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,040  -31 -0.76% 2,067,000
SONPOホールディングス   3,313  -25 -0.75% 1,401,500
MS&ADホールディングス   2,963.5 -11 -0.37% 1,282,600

日経平均株価   17,184.59 -50.91 -0.30%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●金融庁
(10/21) 平成28事務年度 金融行政方針について
(10/21) 「金融商品取引業等に関する内閣府令第百二十三条第十項第五号及び第十一項第五号の規定に基づき、同条第一項第二十一号の五又は第二十一号の六に規定する措置を講じなくても公益に反し又は投資者の保護に支障を生ずるおそれがないと認められる場合を指定する件(案)」に対するパブリックコメントの結果等について

 <生保関連>

■企業年金、「リスク抑制型」が初めて逆転 日生、第一生命の受託残高

 日本生命保険と第一生命保険が運用する、利回りが約束されない「リスク抑制型」企業年金の受託残高が従来型を初めて上回ったことが20日、分かった。
・SankeiBiz

■生命保険、運用難で利率低下 保険料上げ拡大も

 今回から生命保険を取り上げます。マイナス金利政策で生保各社の運用環境が厳しくなったり、金融庁の監督強化で販売手数料の開示を迫られたりと大きな変化が起きています。
・日本経済新聞

■生保各社ホームページより

●第一生命
(10/21) WEBサイトでお客さまの疑問にチャットでお応え ボタンクリック1つで即時に会話がスタート 電車の中でも問い合わせ可能に

●住友生命
(10/21) 「1UP(ワンアップ)」CM第八弾『リフレッシュで1UP』篇 完成!!

 <セキュリティ関連>

■半数以上が法規制に対応できず–情報セキュリティの現状:IDC調査

 IDC Japanは10月19日、国内企業の情報セキュリティ成熟度に関するユーザー調査の結果を発表し、国内ユーザー企業の半数以上である63.2%が、「限定的導入」もしくは「標準基盤化」の段階であることを明らかにした。
・ZDNet Japan

■DNSサービスの「Dyn」に大規模DDoS攻撃、Twitterなどが影響受けダウン

 DNSサービスを提供する米Dynが2016年10月21日(米国時間)に大規模なDDoS(分散型サービス拒否)攻撃を受け、同社の顧客である「Twitter」や「Spotify」「Reddit」などのサービスが利用できなくなる事件が発生した。攻撃はUTC(協定世界時)の21日11時10分に発生し、同17時45分まで続いた。
・ITpro

■悪質なWSFを添付したメールでランサムウェア拡散図る例が急増–シマンテック

 シマンテックのサイバーセキュリティ研究者らによると、ここ数カ月で今までに見られなかった形式のファイルを悪用したランサムウェア電子メールが急増しているという。本記事では、この件におけるサイバー犯罪者らの狙いについて解説する。
・ZDNet Japan

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■「金融知識」を備えたPepper、沖縄銀行で接客開始

 リクルートテクノロジーズは2016年10月19日、沖縄銀行が持つ人型ロボット「Pepper」に、金融知識と文脈考慮技術を実装し、同行5店舗の店頭で活用を開始したと発表した。一般的な会話やコミュニケーションだけでなく、金融に関する接客業務も担わせる。
・@IT


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2016年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。