ホーム > 2017年, ニュース > 保険デイリーニュース(01/19)

保険デイリーニュース(01/19)

 本日の主なニュース

・ソニー損保 日本初の保険開始
・第一生命、ベトナムで銀行窓口販売を強化
・日本生命、3時間半勤務導入へ 営業職の介護や育児支援
・最も危険なパスワードは「123456」 2016年に情報漏えいした1000万件を分析
・2017年もマルウェアスパムの攻撃は継続中、新たな「火曜日朝」の拡散を確認

 <損保関連>

■ソニー損保 日本初の保険開始

 ソニー損保の「やさしい運転キャッシュバック型」は、無料で貸与する同社オリジナルの小型計測器「ドライブカウンタ」で計測した、加速・減速の発生状況(運転特性)を保険料に反映させる、日本では初めてのタイプの自動車保険。
・BIGLOBEニュース

■損保各社ホームページより

●あいおいニッセイ同和損保
(01/18) 企業費用・利益総合保険(特定地震危険のみ補償特約)の発売について

●au損保
(01/18) 東京都および東京都自転車商防犯協力会と「自転車安全利用啓発の促進に関する協定」を締結

 <損保株価情報>(東証:2017/01/18)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,677 +2 +0.04% 3,242,800
SONPOホールディングス   3,989 +31 +0.78%  878,200
MS&ADホールディングス   3,696 +27 +0.74% 1,845,000

日経平均株価   18,894.37 +80.84 +0.43%

 <金融庁・協会関連>
 <生保関連>

■第一生命、ベトナムで銀行窓口販売を強化

 第一生命保険 ベトナムで生保の銀行窓口での販売を強化する。ベトナムでは9割以上が代理店による販売で、一部の富裕層にしか生保が普及していない。
・日本経済新聞

■日本生命、3時間半勤務導入へ 営業職の介護や育児支援

 生命保険最大手の日本生命保険は、介護や育児中の営業職員向けに1日の労働時間をフルタイムの半分(3時間半)にする新たな勤務形態を4月に導入する。介護が終わるか、子どもが小学校生活に慣れる1年生の8月末まで利用できる。
・朝日新聞

 <セキュリティ関連>

■最も危険なパスワードは「123456」 2016年に情報漏えいした1000万件を分析

 パスワード管理アプリなどを提供する「keeper」が、2016年に漏えいしたパスワード1000万件を分析し、最も多かったパスワードのランキングを発表した。
・ニコニコニュース

■2017年もマルウェアスパムの攻撃は継続中、新たな「火曜日朝」の拡散を確認

 「依頼書を」、「取引情報が更新されました」、「【発注書受信】」、「備品発注依頼書の送付」、「送付しますので」、「発注依頼書」、「(株)発注書」など、複数の日本語の件名、本文が確認されておりますが、これらはすべて同一のオンライン銀行詐欺ツール「URSNIF」の拡散を目的としたものでした。
・トレンドマイクロ

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2017年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。