ホーム > 2017年, ニュース > 保険デイリーニュース(03/27)

保険デイリーニュース(03/27)

 本日の主なニュース

・安全運転で保険割引 損保ジャパン、スマホで運転評価
・女性元社員の再入社後押し 損保ジャパン新人事制度 1階級下で復職
・自転車保険加入しやすく 損保ジャパン、全国団体と新商品
・あいおいニッセイ、働き方改革推進に向け全社員1万人超にOffice 365導入
・生保協、透明性向上で株式価値向上期待 企業と機関投資家に提言
・LINEで保険手続き完結、ライフネット生命が国内初
・保険金・給付金等支払業務への「IBM Watson Explorer」の導入
・猛威振るうStruts2脆弱性への攻撃、どうすれば防げたか
・そろそろマズいぞ、企業対応進まぬ改正個人情報保護法(記者の眼)

 <損保関連>

■安全運転で保険割引 損保ジャパン、スマホで運転評価

 損害保険ジャパン日本興亜は2017年中に、安全に運転すると保険料が下がる自動車保険を国内で初めて販売する。スマートフォン(スマホ)を使って運転の巧拙を評価し、保険料に反映する。新規の契約者が対象で最大2割保険料を割り引く。
・日本経済新聞

■女性元社員の再入社後押し 損保ジャパン新人事制度 1階級下で復職

 損害保険ジャパン日本興亜は、女性元社員の希望者が退職前から1階級下の階級で復職できる人事制度を導入することを明らかにした。出産、育児や介護などの事情で退職した勤続3年以上、退職後15年以内の元社員が対象。
・SankeiBiz
・産経ニュース

■自転車保険加入しやすく 損保ジャパン、全国団体と新商品

 損害保険ジャパン日本興亜は23日、警察庁所管の全日本交通安全協会と連携し、保険料を抑えて加入しやすくした自転車保険を発売する。自転車事故によって多額の賠償費用を請求されるケースが増え、保険の整備が課題となっていた。
・日本経済新聞

■あいおいニッセイ、働き方改革推進に向け全社員1万人超にOffice 365導入

 あいおいニッセイ同和損保と日本マイクロソフトは3月22日、マイクロソフトの統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」を活用した全社員の働き方改革の推進に向けて協力すると発表した。
・マイナビニュース

■損保各社ホームページより

●東京海上日動
(03/24) ソーシャルビッグデータを活用した、全国インバウンド観光調査を実施 〜Twitter全量データとWeiboデータを活用した外国人観光客の動態と嗜好性の調査〜

●SOMPOホールディングス
(03/22) 米国のインキュベーター 「Aging2.0」と提携および日本での『“世界に誇れる豊かな長寿国日本”を実現するスタートアップビジネスコンテスト』開催のお知らせ

●損保ジャパン日本興亜
(03/24) 今年も全国111万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈
(03/24) 釧路市との『釧路市地域安心ネットワーク事業に関する協定』の締結について
(03/24) 滋賀県との『交通安全と自転車の安全利用に関する連携協定』の締結について
(03/23) 全日本交通安全協会『サイクル安心保険』販売開始
(03/22) 広島県との「災害対応に関する協定」の締結について

●あいおいニッセイ同和損保
(03/22) あいおいニッセイ同和損保と日本マイクロソフト、全社員の働き方改革推進に向けて協力

●共栄火災
(03/22) 「共栄火災スポーツフェスタ 第30回海の中道はるかぜマラソン大会」が開催

 <損保株価情報>(東証:2017/03/24)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,895 +60 +1.24% 1,823,100
SOMPOホールディングス   4,249 +54 +1.29% 1,174,300
MS&ADホールディングス   3,728 +38 +1.03%  891,500

日経平均株価   19,262.53 +177.22 +0.93%

 <金融庁・協会関連>

■生保協、透明性向上で株式価値向上期待 企業と機関投資家に提言

 生命保険協会は21日、企業の株式価値向上に向けた提言をまとめたと発表した。企業に取締役会の実効性向上に向けた取り組みを促すほか、機関投資家には、中長期的な視点で企業と対話することを求める。
・SankeiBiz

■金融庁・協会ホームページより

●金融庁
(03/24) 保険持株会社に係る認可について
(03/23) 「金融庁への提出書類における役員等の氏名の使用に係る内閣府令等及び監督指針等の改正案」に対するパブリックコメントの結果等について

●損害保険料率算出機構
(03/24) 地震保険に関する説明書「日本の地震保険」(2017年1月版)を発行しました

●生命保険文化センター
(03/22) 「保険事例研究会レポート(第303号)」を発行

 <生保関連>

■LINEで保険手続き完結、ライフネット生命が国内初

 ライフネット生命保険は2017年9月にも、保険契約の見直しや住所変更といった契約手続きをLINEだけで実施できるようにする。実現すれば国内生保として初。新規の保険契約手続きのLINE対応も視野に入れる。ネット生保からスマホ生保へと事業の主軸を転換する。
・ITpro

■保険金・給付金等支払業務への「IBM Watson Explorer」の導入

 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は、日本アイ・ビー・エム株式会社の支援により、「IBM(R) Watson Explorer」導入に向けた実証実験を2017年3月に終えました。その結果を受け、2017年度中に保険金・給付金等の支払業務への本格活用を開始する予定です。
・時事通信

■生保各社ホームページより

●第一生命
(03/22) 250年前にモーツァルトが弾いたヴァイオリンの音色が今蘇る!
http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2016_093.pdf

●太陽生命
(03/22) 太陽生命のお支払い手続き訪問サービス『かけつけ隊』のご利用件数が『20,000件』を超えました!

●三井住友海上あいおい生命
(03/24) 三井住友海上あいおい生命の募集株式の発行による増資について

●損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
(03/24) 保険金・給付金等支払業務への「IBM Watson Explorer」の導入〜迅速なお支払い手続きを目指して〜

 <セキュリティ関連>

■猛威振るうStruts2脆弱性への攻撃、どうすれば防げたか

 JavaのWebアプリケーションフレームワーク「Apache Struts2」に任意のコードを実行できる脆弱性が見つかり、2017年3月20日時点で7組織で約80万件の情報が漏洩した可能性がある。脆弱性公表から4日で被害が発覚した。有効な対策はあるのか。
・ITpro

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■そろそろマズいぞ、企業対応進まぬ改正個人情報保護法(記者の眼)

 「個人情報保護法の改正に対応しなければならない、という意識が高まってこない。このままで大丈夫なのだろうか」。富士通総研の上 茂之氏は警鐘を鳴らす。改正された個人情報保護法は2017年5月30日に全面施行される。あと2カ月しか猶予がない。
・ITpro


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2017年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。