ホーム > 2017年, ニュース > 保険デイリーニュース(06/13)

保険デイリーニュース(06/13)

 本日の主なニュース

・ニッチ分野で原点学び「上善如水」〜東京海上HD会長 隅 修三【前編】
・生保協会長、出口戦略開かれた議論を
・情報管理で不備 顧客企業関連 金融庁に報告へ
・深刻、上場企業も「何もしていない」 改正個人情報保護法に未対応97.8%
・迫るサポート終了、Javaシステムは見直し必至
・新型iPad Pro、10.5インチ化でMS Officeアプリの無料対象外に

 <損保関連>

■ニッチ分野で原点学び「上善如水」〜東京海上HD会長 隅 修三【前編】

 1989年5月まで2年間務めた火災新種業務部の企画課長のとき、介護費用保険と青年アクティブライフ総合保険という、個人向けの新商品をつくった。40代を迎えたころだ。入社以来、ずっと企業向けの保険分野を歩み、新種保険の開発と営業がほぼ半々の経歴。
・PRESIDENT Online

■損保各社ホームページより

●三井住友海上
(06/12) ~地方自治体との連携による地域企業の「働き方改革」をサポート~「働き方改革支援メニュー」の提供開始について

 <損保株価情報>(東証:2017/06/12)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,955 +72 +1.47% 2,534,800
SOMPOホールディングス   4,389 +123 +2.88% 2,060,000
MS&ADホールディングス   3,967 +34 +0.86% 1,610,700

日経平均株価   19,908.58 -104.68 -0.52%

 <金融庁・協会関連>

■生保協会長、出口戦略開かれた議論を

 生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命保険社長)は任期最後となった9日の定例会見で、日銀が大規模な金融緩和策を終わらせる「出口戦略」に関し「オープンに議論させていただきたい」と述べ、機関投資家の立場から市場との対話が必要だと強調した。
・SankeiBiz

■金融庁・協会ホームページより

●生命保険協会
(06/09) 副会長および委員会委員長の内定について
(06/09) 『生命保険協会 SR報告書2017』の発行について

 <生保関連>
 <セキュリティ関連>

■情報管理で不備 顧客企業関連 金融庁に報告へ

 野村証券が、宮崎支店での顧客企業情報の取り扱いをめぐり、金融商品取引法に違反する情報管理体制の不備があったとして、近く金融庁に報告することが9日、分かった。関係筋によると、同支店の前支店長が顧客企業の株式分割の情報を個人営業部門に伝えていた。
・毎日新聞

■深刻、上場企業も「何もしていない」 改正個人情報保護法に未対応97.8%

 改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行されたが、東証一部上場企業のほとんどが改正法に対応していない実態が明らかになった。
・J-CASTニュース

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■迫るサポート終了、Javaシステムは見直し必至

 Javaが登場したのは2000年代前半。15年以上経った今も、Javaは企業システム開発では欠かせない言語の一つとなっている。そんなJavaが今、岐路を迎えている。その一つが、Javaの新版で大きな仕様変更があることだ。
・ITpro

■新型iPad Pro、10.5インチ化でMS Officeアプリの無料対象外に

 米Appleが先日発表した新型「iPad Pro」は、小さい方のモデルが9.7インチから10.5インチに変わった。この結果、今度のiPad Proのユーザーは、米Microsoftの「Office」アプリで文書の作成や編集の機能を無料では使えないことになった。
・nikkei BPnet


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2017年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。