ホーム > 2017年, ニュース > 保険デイリーニュース(06/21)

保険デイリーニュース(06/21)

 本日の主なニュース

・自動運転 共同で研究 損保ジャパンと東大、保険開発見据え
・ダイレクト自動車保険「業界地図激変」の構図
・カードの海外旅行保険、補償に不安? 上乗せ型増える
・ハイテク化で事故激減 自動車の保険料さらに下がる?
・太陽生命、外貨建て保険に参入 日生は営業職員通じ
・生保、企業向け健康指導サービスに相次ぎ参入
・学資保険の「低解約返戻金型」 割安だが弱点も

 <損保関連>

■自動運転 共同で研究 損保ジャパンと東大、保険開発見据え

 損害保険ジャパン日本興亜と東京大学は、自動運転の技術や普及に向けた課題などについて検証する共同研究を始める。東大は自動運転のうち、限定された条件下で人が運転せずに車両に走行の全てを委ねる「レベル4」の実験を今秋にも …
・日本経済新聞

■ダイレクト自動車保険「業界地図激変」の構図

 「国内自動車保険に占めるダイレクトのシェアは8%近くまで上昇した。ただ、このシェアは諸外国に比べると低く、ダイレクトの拡大余地はまだまだある」
・東洋経済オンライン

■カードの海外旅行保険、補償に不安? 上乗せ型増える

 足りない補償を補うには損保の海外旅行保険に加入することになる。その際、クレジットカードの付帯保険がある人が使いやすいのが、補償内容を自由に選択でき、足りない補償だけ上乗せできるタイプの商品だ。保険料を節約できる。
・日本経済新聞

■ハイテク化で事故激減 自動車の保険料さらに下がる?サイバー攻撃で遠隔操作された時、保険会社は?

 任意の自動車保険の保険料を決める際の目安となる「参考純率」が14年ぶりに引き下げられた。車種によっては値上げとなるケースはあるが、平均すると8%の引き下げとなる。実際の保険料では数千円相当の値下げだ。背景にあるのが車のハイテク化による事故の減少だ。
・産経ニュース

■損保各社ホームページより

●損保ジャパン日本興亜
(06/20) 松阪市との『高齢者にやさしいまちづくりに関する協定』の締結について
(06/20) 長野銀行との『地方創生に係る包括的業務連携に関する協定』の締結について

 <損保株価情報>(東証:2017/06/20)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,854 +9 +0.19% 2,602,400
SOMPOホールディングス   4,443 +21 +0.47% 1,486,900
MS&ADホールディングス   3,906 +15 +0.39% 1,968,600

日経平均株価   20,230.41 +162.66 +0.81%

 <金融庁・協会関連>
 <生保関連>

■太陽生命、外貨建て保険に参入 日生は営業職員通じ

 T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険は7月から、外貨建ての個人年金保険の取り扱いを始める。銀行の窓口を通じて販売する商品で、契約時に全額を払う「一時払い」の商品にするなどシンプルな設計にしたのが特徴だ。
・日本経済新聞

■生保、企業向け健康指導サービスに相次ぎ参入

 生命保険会社が企業や健康保険組合向けに、医療データを活用して従業員の健康改善を指導するサービスを相次ぎ打ち出す。明治安田生命保険が21日に新事業を開始、最大手の日本生命保険も2018年度に参入する。
・日本経済新聞

■学資保険の「低解約返戻金型」 割安だが弱点も

 契約はしたものの、細かな内容はよく知らない――。生命保険や損害保険の契約者の中には、こんな人も少なくないだろう。だが、保険は契約条項ひとつで受けられる補償が大きく変わる上、新たなサービスも続々と登場している。
・日本経済新聞

■生保各社ホームページより

●第一生命
(06/20) 国立国際医療研究センターと第一生命が包括的連携協定を締結~「感染症や糖尿病、肝炎などの疾患」に関する情報をセミナーやフェイス・トゥ・フェイスの活動を通してお届け~

●住友生命
(06/20) 「大野和士の こころふれあいコンサート2017」への協賛について

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2017年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。