ホーム > 2017年, ニュース > 保険デイリーニュース(06/27)

保険デイリーニュース(06/27)

 本日の主なニュース

・高速道の逆走防止 MS&AD、機器と保険セット販売
・自動運転レベル4以上の自動車保険、損保ジャパン日本興亜と東大が共同研究
・どんなパソコンが感染したのか、WannaCryを再検証
・サイバー攻撃をも防ぐインテリジェントブラウザ「DoCAN」の実力とは

 <損保関連>

■高速道の逆走防止 MS&AD、機器と保険セット販売

 MS&ADインシュアランスグループホールディングスは、高齢者などによる高速道路での逆走運転を防止するシステムを導入する。運転席付近に専用の車載装置を置けば、全地球測位システム(GPS)が作動して逆走を検知。
・日本経済新聞

■「自動運転レベル4」以上の自動車保険はどうあるべきか、損保ジャパン日本興亜と東大が共同研究

 損保ジャパン日本興亜が東京大学が進める自動運転技術の研究に参画。レベル4以上の自動運転に対応した新たな損害保険商品の開発に向けた共同研究を実施する。
・@IT

■損保各社ホームページより

●東京海上ホールディングス
(06/26) 新株予約権(株式報酬型ストックオプション)の割当てに関するお知らせ
(06/26) 「東京海上グループ CSRブックレット2017 ともに未来へ」を掲載しました
(06/26) 東京海上ホールディングス 2017年3月期の連結ソルベンシー・マージン比率の公表について
(06/26) 東京海上グループ各社の2017年3月期の連結ソルベンシー・マージン比率の公表について

●東京海上日動
(06/26) 2017年3月期の連結ソルベンシー・マージン比率の公表について

●日新火災
(06/26) 2017年3月期の連結ソルベンシー・マージン比率の公表について

●SOMPOホールディングス
(06/26) 人事異動について

●損保ジャパン日本興亜
(06/26) 人事異動について
(06/26) 「お客さま本位の業務運営方針」の策定について

●MS&ADホールディングス
(06/26) 株式報酬型ストック・オプションの発行に関するお知らせ
(06/26) 株式報酬型ストック・オプションの発行に関するお知らせ

 <損保株価情報>(東証:2017/06/26)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,670 -32 -0.68% 1,462,300
SOMPOホールディングス   4,230 -56 -1.31% 1,076,500
MS&ADホールディングス   3,769 -16 -0.42% 1,611,100

日経平均株価   20,153.35 +20.68 +0.10%

 <金融庁・協会関連>
 <生保関連>

■生保各社ホームページより

●東京海上日動あんしん生命
(06/26) 2017年3月期の連結ソルベンシー・マージン比率の公表について

●損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
(06/26) 「お客さま本位の業務運営方針」の策定

 <セキュリティ関連>

■どんなパソコンが感染したのか、WannaCryを再検証

 2017年5月12日以降、世界中で大規模な感染被害をもたらしたといわれるランサムウエア「WannaCry」。当初の報道では「不審なメールを開かないで」といった注意喚起などが出ましたが、実際のところは違ったようです。
・ITpro

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■サイバー攻撃をも防ぐインテリジェントブラウザ「DoCAN」の実力とは

 スマートフォンやタブレット端末を使って企業内のシステムを利用するリモートアクセスでは、セキュリティと利便性の両立が難しい。ランサムウェアや標的型攻撃などのウイルス被害を防ぎつつ、快適に利用するーーこうした目的のために開発されたのが、インテリジェントブラウザ「DoCAN」だ。
・@IT


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2017年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。