ホーム > 2017年, ニュース > 保険デイリーニュース(07/21)

保険デイリーニュース(07/21)

 本日の主なニュース

・東京海上、倉庫シェアに保険 ベンチャーと組み火災など補償
・2017年日本自動車保険事故対応満足度調査
・Chubb損保、サイバー保険を発売 – 行政調査の対応費用をカバー
・保険会社が散歩支援アプリ 健康づくりを推進
・健康になるほど保険料が安くなるカラクリ(AIとIoTで保険も進化)
・ランサムウエアで“復権”するワーム、金儲けのツールに
・Windows 7の更新ラッシュ始まる、サポート切れまで2年半
・DNSが使えなくなるトラブル、9月19日に発生する恐れ
・メガネ型コンピュータ (Google) Glass復活。業務用として販売

 <損保関連>

■東京海上、倉庫シェアに保険 ベンチャーと組み火災など補償

 東京海上日動火災保険はベンチャー企業のSOUCO(東京・千代田)と組んで、空き倉庫を活用したシェアビジネスでの損害を補償するサービスを始める。同保険は業界初。必要な時に短期間だけ貨物を保管したいという企業のニーズにあった保険を提供すること …
・日本経済新聞

■2017年日本自動車保険事故対応満足度調査

 チューリッヒ保険会社が総合満足度スコア701ポイントとなり、第1位となった。同社は「事故対応担当者」「調査/認定結果」の2つのファクターでトップ評価となった。第2位は東京海上日動火災保険(697ポイント)で …
・SankeiBiz

■Chubb損保、サイバー保険を発売 – 行政調査の対応費用をカバー

 Chubb損害保険は、グローバルのサイバーリスクに対応するサイバー保険「Cyber Pro」を発売した。 同商品は、サイバー攻撃や情報管理上のミスで生じた第三者の損害に対する賠償や、対策費用を補償するサイバー保険。
・Security NEXT

■損保各社ホームページより

●東京海上日動
(07/20) 2017年10月 財形保険改定のお知らせ
(07/20) 新企業CM「挑戦シリーズ『スイマー応援』篇」の放送開始

●損保ジャパン日本興亜
(07/20) 鹿児島市との「防災意識の啓発等に関する協力協定」の締結について

●アクサ損害保険
(07/20) 「顔と心と体のケア シンポジウム2017~交通事故後の心のケア~」秋の全国交通安全運動実施期間に合わせて9月23日開催

 <損保株価情報>(東証:2017/07/20)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,767 +39 +0.82% 1,440,100
SOMPOホールディングス   4,451 -25 -0.56% 1,328,300
MS&ADホールディングス   3,951 +23 +0.59% 1,494,400

日経平均株価   20,144.59 +123.73 +0.62%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●日本損害保険協会
(07/20) 「平成30年度税制改正要望」を決定
(07/19) 平成29年7月5日からの大雨による災害に伴う自賠責保険の特別措置の実施について

●日本損害保険代理業協会
(07/20) 「活力ある代理店制度等研究会(活力研)」を開催しました。

●生命保険文化センター
(07/20) 当センター出版物(小冊子)に関するアンケート結果を掲載

 <生保関連>

■保険会社が散歩支援アプリ 健康づくりを推進

 そんな事情を踏まえてか、歩くことを楽しくしようと、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険(東京・新宿)が今年、スマートフォン(スマホ)用のアプリ「リンククロス アルク」を発表した。
・日本経済新聞

■健康になるほど保険料が安くなるカラクリ(AIとIoTで保険も進化)

 あなたの健康年齢は43歳です。実年齢は48歳ですから、保険料は下がります。第一生命ホールディングスの100%子会社であるネオファースト生命保険が2016年12月に発売した「カラダ革命」が好調だ。
・ITpro

■生保各社ホームページより

●大同生命
(07/20) 第17回全国障害者スポーツ大会「愛顔つなぐえひめ大会」に特別協賛

●三井住友海上プライマリー生命
(07/20) 2016年度の「お客さまの声」に対する取組みを掲載しました。

 <セキュリティ関連>

■ランサムウエアで“復権”するワーム、金儲けのツールに

 2000年初頭、Windowsなどの脆弱性を突いて、インターネット経由で感染を急速に広げるウイルス「ワーム」が大きな被害をもたらした。近年では鳴りを潜めているが、“復権”する可能性がある。WannaCryの出現により、ランサムウエアと組み合わせれば、金もうけのツールになることが明らかになったからだ。
・ITpro

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■Windows 7の更新ラッシュ始まる、サポート切れまで2年半

 日本郵政グループが全国の郵便局などで使うPCを全面刷新することが本誌の取材で判明した。現行のWindows 7搭載機を2019年ごろまでにWindows 10搭載機に置き換える。対象は12万台超える見通しで、端末調達額は総額70億円に達するもよう。
・ITpro

■DNSが使えなくなるトラブル、9月19日に発生する恐れ

 DNSはインターネットの名前解決を担う重要なシステムだ。ところが、2017年9月19日にDNSのトラブルが発生する恐れが浮上している。そのキーになるのが「DNSSEC」(DNS SECurity extensions)という技術だ。
・ITpro

■メガネ型コンピュータ (Google) Glass復活。プリズム大型化や駆動時間延長、業務用として販売

 メガネ型コンピュータ Glass が帰ってきました。 新型はプリズム(透過ディスプレイ)の大型化やプロセッサ高速化、バッテリー駆動時間延長などパワーアップした「Glass Enterprise Edition」。各分野のビジネスソリューションとセットになった法人向け製品として販売します。
・Engadget Japanese


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2017年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。