ホーム > 2017年, ニュース > 保険デイリーニュース(07/24)

保険デイリーニュース(07/24)

 本日の主なニュース

・自動車の任意保険料が下がることが確定! 事故率の低減で最大17%程度の下落
・【トップは語る】共栄火災海上保険 未来をより確かなものに
・“メンテの基本”がわかる…三井ダイレクト損保がウェブコンテンツを立ち上げ
・自動車保険の新CMに、松本幸四郎さん・内田有紀さんを起用
・投資先企業と対話充実 生保協・橋本会長が研究会立ち上げ方針
・保険会社はプラットフォームに進化する
・Windows 10への移行計画を早急に進めるべき理由
・24日の「テレワーク・デイ」に積極的な業界はどこ?
・さらば通勤ラッシュ?「時差Biz」キャンペーンの意味とは

 <損保関連>

■自動車の任意保険料が下がることが確定! 事故率の低減で最大17%程度の下落

 2017年4月より、自動車に義務化されている自賠責保険の保険料が下がっている(平均6.9%)。これは単純に保険料による収支が黒字になっているからで、要は支払いが減っている(支払いが発生するような事故が減っている)ということだ。
・毎日新聞

■【トップは語る】共栄火災海上保険 未来をより確かなものに

 損害保険会社として永続的にお客さまに補償を提供しなければならない。08年のリーマン・ショックで財務基盤が脆弱(ぜいじゃく)化したが、前中計で財務の足元 …
・SankeiBiz

■“メンテの基本”がわかる…三井ダイレクト損保がウェブコンテンツを立ち上げ

 通販系自動車保険大手の三井ダイレクト損害保険(取締役社長:船木 隆平)が、同社ホームページの「自動車保険ガイド」の中で公開を始めた、新コンテンツ「愛車メンテナンスまるわかり」が話題だ。
・レスポンス

■自動車保険の新CMに、松本幸四郎さん・内田有紀さんを起用

 ソニー損保は、歌舞伎俳優の松本幸四郎さんと女優の内田有紀さんを起用した自動車保険の新テレビCMを、2017年7月22日より全国で放映開始します。
・時事通信

■損保各社ホームページより

●東京海上ホールディングス
(07/21) ミャンマー民間保険会社との業務協力覚書締結について

●三井住友海上
(07/21) ゼネラリ社日本支店ご契約者への当社商品ご案内について

 <損保株価情報>(東証:2017/07/21)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,735 -32 -0.67% 1,546,800
SOMPOホールディングス   4,398 -53 -1.19% 1,281,700
MS&ADホールディングス   3,942 -9 -0.23% 1,859,100

日経平均株価   20,099.75 -44.84 -0.22%

 <金融庁・協会関連>

■投資先企業と対話充実 生保協・橋本会長が研究会立ち上げ方針

 21日に生命保険協会会長に就任した住友生命保険の橋本雅博社長は、日本経済新聞の取材に対し、大型機関投資家である生保各社に投資先企業との対話の充実を促す方針を明らかにした。
・日本経済新聞

■金融庁・協会ホームページより

●生命保険協会
(07/21) 生命保険協会長就任にあたって(所信)
(07/21) 平成30年度税制改正に関する要望について

 <生保関連>

■保険会社はプラットフォームに進化する

 被保険者が禁煙活動や日々の運動で成果を上げたら、その見返りに保険料を割り引いたり、様々な特典を与えたりする。住友生命保険は、こんな保険商品の開発を進めている。パートナーに選んだのはソフトバンクと、南アフリカの金融サービス会社ディスカバリーだ。
・ITpro

■生保各社ホームページより

●日本生命
(07/21) トルコ共和国での官民連携による病院開発プロジェクトへの融資について

●第一生命
(07/21) トルコ共和国における病院整備運営事業に対する投資について〜海外プロジェクトファイナンス分野における当社初のプライマリー案件への取組み〜
(07/21) 「第35回第一生命全国小学生テニス選手権大会」への特別協賛について

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

■Windows 10への移行計画を早急に進めるべき理由

 本連載では、これからWindows 10への移行を本格的に進めようとしている企業/IT管理者に向け、移行計画、展開、管理、企業向けの注目の機能を解説していきます。第1回目は、「Windows 10に移行すべき理由」を説明します。
・@IT

■24日の「テレワーク・デイ」に積極的な業界はどこ?

 三井住友海上火災保険は100人規模で実施する予定。東京海上日動火災保険も幹部社員にテレワーク実施を呼びかける。損保ジャパン日本興亜は自社の取り組みに加え、本社食堂の一部を開放し他社のテレワークに協力する。
・ニュースイッチ Newswitch

■さらば通勤ラッシュ?「時差Biz」キャンペーンの意味とは

 参加企業の一つ、損害保険ジャパン日本興亜では、この機会に時差通勤制度の利用拡大を推進。同社広報部によると、実際に勤務開始を午前9時から同8時に早めたCSR室の30代女性社員は「出勤時間が早いと人が少なく、仕事に集中できる」と歓迎している。
・BLOGOS


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2017年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。