ホーム > 2017年, ニュース > 保険デイリーニュース(07/31)

保険デイリーニュース(07/31)

 本日の主なニュース

・福岡、大分で保険金支払い23億円超
・太陽光・バイオマスの事業リスクを無償診断、三井住友海上など提供
・保険中途解約でも元本確保 契約件数30万件超
・SJNKひまわり生命、業界初となる週休3日制の導入を発表
・残業時間を28%削減したオリックスグループが取り組んだ働き方改革
・第一生命が婚活パーティー 結婚→保険加入が狙い?
・2017年「女性が活躍する会社」ランキング
・巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
・iPhoneもAndroidも仕事で使うなら守りたい セキュリティ対策7カ条
・自動運転時代への気になる法整備、最新事情は?
・元生保マンが70歳で起業、定年退職者60万人の受け皿作る
・いつかはOffice 365が「実験の場」に、ヤンマーが目指す情報共有
・Windows 10の導入、それはWindows as a Serviceの始まり
・[特報]みずほ銀行のシステム統合、2018年秋にも切り替え開始

 <損保関連>

■福岡、大分で保険金支払い23億円超

 日本損害保険協会は26日、7月の九州北部豪雨による保険金の支払いが、福岡、大分両県で計2489件、計約23億2千万円に上ったと発表した。豪雨から1 …
・産経ニュース

■太陽光・バイオマスの事業リスクを無償診断、三井住友海上など提供

 MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険と、あいおいニッセイ同和損害保険は、インターリスク総研と共同で、太陽光発電とバイオマス発電の各事業者向けに、新たな「リスク診断サービス」および「リスクハンドブック」を開発し、2017年7月から提供を開始した。
・ITmedia

■損保各社ホームページより

●SOMPOホールディングス
(07/28) 人事異動について
(07/27) インドネシアにおける自動車整備事業の開始について

●損保ジャパン日本興亜
(07/28) 人事異動について
(07/27) IT協会主催「サービス・ホスピタリティ・アワード」特別賞 受賞

●MS&ADホールディングス
(07/28) 連結子会社の国内劣後特約付無担保社債の期限前償還に関するお知らせ

 <損保株価情報>(東証:2017/07/28)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,634 -36 -0.77% 2,239,700
SOMPOホールディングス   4,344 -18 -0.41%  677,400
MS&ADホールディングス   3,880 -2 -0.05% 4,594,900

日経平均株価   19,959.84 -119.8 -0.60%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●日本損害保険協会
(07/28) 2016年度損害保険代理店統計について

 <生保関連>

■保険中途解約でも元本確保 契約件数30万件超

 生命保険大手の一角、明治安田生命保険が2016年10月に売り出した「じぶんの積立」は、契約件数がすでに約32万件にのぼっている。マイナス金利下で円建て …
・日本経済新聞

■SJNKひまわり生命、業界初となる週休3日制の導入を発表

 社員の様々な働き方に対応する取り組みを展開 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社では、育児や介護に従事する社員を対象とした週休3日制の導入を9月1日より行なうと発表しました。
・日刊アメーバニュース

■残業時間を28%削減したオリックスグループが取り組んだ働き方改革

 オリックス生命保険では朝8時までに出社した社員が18時までに退社をした際に、一日当たり1,000円の奨励金を支給(15000円が上限)。利用率は毎月増加しており、2017年4月~6月の3カ月間で、対象社員約1300名のうち約3割が利用しているという。
・ニフティニュース

■第一生命が婚活パーティー 結婚→保険加入が狙い?

 生命保険大手の第一生命は民間企業として初めて、東京都庁で「婚活パーティー」を開きました。婚活パーティーに参加したのは、20代から30代の男女約300人。会場は都庁の45階にある展望室です。
・テレビ朝日

■2017年「女性が活躍する会社」ランキング

 日経WOMANと日経ウーマノミクス・プロジェクトが実施した「企業の女性活用度調査」。2017年は総合ランキング10位以内に入った企業のうち、4社が生命保険 …
・日経ビジネスオンライン

■生保各社ホームページより

●三井住友海上プライマリー生命
(07/28) ディスクロージャー誌「三井住友海上プライマリー生命の現状2017」を掲載しました。
(07/28) 部長人事のお知らせ

 <セキュリティ関連>

■巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化

 2017年第2四半期にサイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)へ提供された情報のうち、「標的型攻撃メール」に関する情報は6件にとどまった。通信先など異なる複数のマルウェアを同時に感染させる手口が確認されたという。
・Security NEXT

■iPhoneもAndroidも仕事で使うなら守りたい セキュリティ対策7カ条

 モバイル端末のセキュリティは、大半の最高情報責任者(CIO)にとって常に最大の懸念事項だ。情報漏えいやシステムへの攻撃を防ぐため、これまで長い間、 …
・ITmedia

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■自動運転時代への気になる法整備、最新事情は?

 今秋発売の4代目「アウディA8」は、市販車初となる自動運転「レベル3」ということで話題となっています。レーダーセンサー、フロントカメラ、超音波センサーに加えて自動車で初採用というレーザースキャナーを搭載し …
・clicccar.com(クリッカー)

■元生保マンが70歳で起業、定年退職者60万人の受け皿作る

 毎年大企業の退職者数は約60万人。在職中は優れた技術やノウハウを持ちながら、退職すると生かす場所が見つからず、貴重な人材が埋もれてしまう。ここに目 …
・WEDGE Infinity

■いつかはOffice 365が「実験の場」に、ヤンマーが目指す情報共有

 「Office 365は全社員が徹底的にナレッジを共有し、ノウハウを皆が使える場として使っている。それを通じて、経営のスピードを上げ、顧客対応を早くすることが …
・ITpro

■Windows 10の導入、それはWindows as a Serviceの始まり

 本連載では、これからWindows 10への移行を本格的に進めようとしている企業/IT管理者向けに、移行計画、展開、管理、企業向けの注目の機能について解説していきます。今回は、「サービスとしてのWindows(Windows as a Service:WaaS)」の理解を深めましょう。
・@IT

■[特報]みずほ銀行のシステム統合、2018年秋にも切り替え開始

 みずほ銀行が構築している新しい勘定系システムについて、2018年秋にも切り替えを始める方向で検討していることが日経コンピュータの取材で2017年7月27日までに分かった。
・ITpro


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2017年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。