ホーム > 2017年, ニュース > 保険デイリーニュース(09/19)

保険デイリーニュース(09/19)

 本日の主なニュース

・車保険の補償、同性婚配偶者も対象に 損保ジャパン
・「業界全体で健康寿命延伸」 生保協会長、各社のノウハウ共有
・定年後の営業職員、給与2割上げ 明治安田生命
・明治安田生命、議決権行使結果の一部を個別開示
・第一生命、LDH JAPANと社会貢献の包括連携協定を締結
・生保選びの眼力が試される
・子供3人目「欲しい」8% 明治安田生命調査
・国内組織の約4割が個人情報漏えいなどセキュリティの重大被害を経験
・ファイルを一切作らない新型ウイルスの脅威
・添付PDFファイルを使ったサイバー攻撃、3つの手法
・国内パブリッククラウド市場は2021年に1兆円規模まで拡大 IDCが予測
・間違いだらけの「働き方改革」、まずワークを整えなければならない
・若手技術者の「失われた5年」、みずほ銀のシステム統合に透ける基幹系問題

 <損保関連>

■車保険の補償、同性婚配偶者も対象に 損保ジャパン

 損害保険ジャパン日本興亜は2018年1月から、同性婚のパートナーを「配偶者」として扱う自動車保険を始める。契約者の配偶者も補償を受けられる契約では、これまで同性婚は補償を受けられる対象に含まれていなかった。
・日本経済新聞

■損保各社ホームページより

●東京海上ホールディングス
(09/15) 自己株式の消却に関するお知らせ

●MS&ADホールディングス
(09/14) 2年連続でESG投資指数「Dow Jones Sustainability Index」に選定

●三井住友海上
(09/15) 部長職の異動について

●富士火災
(09/14) システム統合に伴う当社インターネットサービスの一時停止のお知らせ

 <損保株価情報>(東証:2017/09/15)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,415 +32 +0.73% 2,973,300
SOMPOホールディングス   4,327 +37 +0.86% 1,959,300
MS&ADホールディングス   3,591 +29 +0.81% 2,477,200

日経平均株価   19,909.5 +102.06 +0.52%

 <金融庁・協会関連>

■「業界全体で健康寿命延伸」 生保協会長、各社のノウハウ共有

 生命保険協会の橋本雅博会長(住友生命保険社長)は15日の定例会見で、「長期にわたり顧客の生活を支えるのが保険会社の使命」と述べ、業界全体で健康寿命の延伸に取り組む考えを明らかにした。
・SankeiBiz

■金融庁・協会ホームページより

●生命保険協会
(09/15) 「健康増進サポートプロジェクト」の実施について

●損害保険料率算出機構
(09/15) 地震保険保有契約件数・新契約件数【2017年6月末現在】
(09/14) 自賠責保険・共済月次統計【2017年5月分】

●日本損害保険代理業協会
(09/13) 代協活動の現状と課題 平成29年度版 掲載しました

 <生保関連>

■定年後の営業職員、給与2割上げ 明治安田生命

 明治安田生命保険は「生保レディー」と呼ばれる営業職員の定年後の給与水準を引き上げた。65歳の定年後、嘱託社員として再雇用する際の給与を平均で2割程度上げ、定年前と同等の給与水準で働けるようにした。
・日本経済新聞

■明治安田生命、議決権行使結果の一部を個別開示

 明治安田生命保険は14日、株主総会で投じた個別議案に対する賛否の結果を公表した。運用実績が利回りに反映される「特別勘定」で投資する435社のうち51社、62議案に反対し、比率は11.7%だった。
・日本経済新聞

■第一生命、LDH JAPANと社会貢献の包括連携協定を締結

 第一生命保険株式会社と、EXILEや三代目 J Soul Brothersらが所属する株式会社LDH JAPANは13日、社会貢献を目的とした包括連携協定を締結した。
・ORICON NEWS

■生保選びの眼力が試される

 2018年4月に新規契約者を対象にした生命保険料が変わる。寿命の延びなどを反映して保険料算定の基準となる生命表が11年ぶりに改定されるためで、生保各社は商品ごとに保険料を見直す。
・日本経済新聞

■子供3人目「欲しい」8% 明治安田生命調査

 明治安田生命保険が子供を持つ夫婦を対象に実施した意識調査によると、「3人目の子供が欲しい」と回答したのは8・6%にとどまり、後ろ向きな姿勢が浮き彫りとなった。生活費など経済的な負担が主な理由。明治安田は少子化の改善には環境整備が必要と分析した。
・産経ニュース

■生保各社ホームページより

●第一生命
(09/15) 2017年10月1日付 人事異動について
(09/15) ASEAN 地域特化型ファンドへの投資について
(09/13) 株式会社LDH JAPANと社会貢献の包括連携協定を締結~新風を吹き込む夢のコラボレーション~

●アメリカンファミリー生命
(09/15) 弊社元個人代理店による金銭の不正受領について

●損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
(09/13) 認定第1号!!散歩アプリLinkx arukuが神奈川県認定アプリに!

 <セキュリティ関連>

■国内組織の約4割が個人情報漏えいなどセキュリティの重大被害を経験、年間被害額も過去最高の平均2億3177万円に~トレンドマイクロ調査

 トレンドマイクロ株式会社は13日、官公庁自治体および民間企業における情報セキュリティ対策の意思決定者および意思決定関与者1361人を対象とした、「法人組織におけるセキュリティ実態調査 2017年版」を発表した。調査の実施時期は6月27日~6月30日。
・クラウド Watch

■ファイルを一切作らない新型ウイルスの脅威

 トレンドマイクロは2017年8月中旬、感染パソコンに痕跡を残さない新型の「ファイルレス」ウイルスが確認されたとして注意を呼びかけた。ファイルレスウイルスはパソコンにファイルを作成しないウイルス。今回の新型は、従来のファイルレスウイルスよりも痕跡を残さないという。
・ITpro

■添付PDFファイルを使ったサイバー攻撃、3つの手法(セキュリティ大実験室 2017)

 見知らぬ人から届いたメールに添付された、拡張子が「pdf」のファイル。安全だと思って開いてしまう人が多いだろう。PDFファイルは本当に安全なのか、実験してみた。
・ITpro

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■国内パブリッククラウド市場は2021年に1兆円規模まで拡大 IDCが予測

 IDC Japanが2021年までの国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表。2017年予測は対前年比27.3%増の4885億円規模に、2021年には1兆986億円規模まで拡大するとみられる。
・@IT

■間違いだらけの「働き方改革」、まずワークを整えなければならない

 政府や経済団体がこぞって「働き方改革」を言い出したのは、「働き方改革実現会議」が設置された2016年8月頃からだ。以来、働き方改革をネタにコンサルティングやITツールを提供するビジネスも目立つようになったが、実態は間違いだらけと痛感する。
・IT Leaders

■若手技術者の「失われた5年」、みずほ銀のシステム統合に透ける基幹系問題

 「あの案件が終わると多くの技術者が戻ってくるが、あてがう仕事が無い」。大手ITベンダーの幹部が思わずつぶやいた言葉を思い出した。あの案件とは、みずほ銀行の勘定系システムの統合プロジェクトのことだ。
・ITpro


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2017年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。