ホーム > 2017年, ニュース > 保険デイリーニュース(11/29)

保険デイリーニュース(11/29)

 本日の主なニュース

・日産の検査不正、大手保険会社の業績に大打撃か
・予防から補償までサイバー攻撃に一貫対処 SOMPOHD
・自動車保険の「新潮流」 2018年はテレマティクス保険が次々と登場
・柄沢MS&AD社長:21年度に国内損保以外の利益を50%に高める
・マツキヨが保険販売 第一生命と提携 12月から首都圏14店で

 <損保関連>

■日産の検査不正、大手保険会社の業績に大打撃か

 損害保険会社の業績は、大型災害の有無に大きく左右される。大手損保3グループの2017年3月期の連結純利益は、そろって過去最高を更新した。大規模な自然災害が少なかったからだ。
・Business Journal

■予防から補償までサイバー攻撃に一貫対処 SOMPOHD

 損害保険ジャパン日本興亜を中核とするSOMPOホールディングス(HD)は2018年から、サイバー攻撃の予防から保険による被害の補償までを一貫して企業に提供するサービスを始める。国内損保大手が予防まで手掛けるのは初めて。
・日本経済新聞
・NHK

■自動車保険の「新潮流」 2018年はテレマティクス保険が次々と登場

 読者の中にはクルマを運転する人も多いことでしょう。2017年4月に「自動車損害賠償責任保険」の保険料が引き下げられたのは記憶に新しいところです。全車種の保険料を値下げ改定したのは9年ぶりのことで、改定率は6.9%の引き下げ(全車種平均)となりました。
・ZUU online

■柄沢MS&AD社長:21年度に国内損保以外の利益を50%に高める

 柄沢康喜MS&ADインシュアランスグループホールディングス社長は28日、現在策定中の次期中期経営計画(最終年度2021年度)に、国内損害保険事業とその他の事業(海外事業や国内生命保険事業)でそれぞれ利益の50%を稼ぐ事業ポートフォリオを目指す方針を盛り込む意向を明らかにした。
・時事通信

■損保各社ホームページより

●SOMPOホールディングス
(11/28) 11月27日にIRミーティングを開催しました。

●MS&ADホールディングス
(11/28) 2017年度第2回 インフォメーションミーティングを開催しました。

●朝日火災
(11/28) 役員人事および役員の業務分担について
(11/28) 平成30年3月期中間決算について

 <損保株価情報>(東証:2017/11/28)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,736 -132 -2.71% 3,158,800
SOMPOホールディングス   4,280 +2 +0.05%  968,900
MS&ADホールディングス   3,450 -27 -0.78% 1,922,800

日経平均株価   22,486.24 -9.75 -0.04%

 <金融庁・協会関連>
 <生保関連>

■マツキヨが保険販売 第一生命と提携 12月から首都圏14店で

 ドラッグストア大手「マツモトキヨシ」を展開するマツモトキヨシホールディングス(HD)が第一生命HDと業務提携し、保険商品の販売を始めることが28日、分かった。第一生命グループの医療保険3商品のパンフレットを12月からマツキヨの首都圏14店舗で配布し、電話や郵送で販売する。
・産経ニュース
・日本経済新聞
・中日新聞

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2017年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。