ホーム > 2018年, ニュース > 保険デイリーニュース(02/05)

保険デイリーニュース(02/05)

 本日の主なニュース

・生活習慣病でも保険加入OK 医療ビッグデータ活用
・Flash Playerにゼロデイ脆弱性–パッチは週明け、削除か無効化を
・金融庁がコインチェックに異例の立ち入り検査、運用管理やセキュリティを確認
・Windows 7サポート終了まで2年 ユーザーはどうする?

 <損保関連>

■損保各社ホームページより

●SOMPOホールディングス
(02/02) SOMPOアメリカのグローバルプラットフォームへの統合

●三井住友海上
(02/02) ブロックチェーン技術を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始

 <損保株価情報>(東証:2018/02/02)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,228 -31 -0.59% 1,923,900 
SOMPOホールディングス   4,389 -27 -0.61% 1,388,800
MS&ADホールディングス   3,755 +1 +0.03% 1,317,100

日経平均株価   23,274.53 -211.58 -0.90%

 <金融庁・協会関連>
 <生保関連>

■生活習慣病でも保険加入OK 医療ビッグデータ活用

 生命保険業界で医療ビッグデータを活用する動きが広がってきた。かんぽ生命保険は契約者の病歴などを人工知能(AI)で解析し、2018年度にも保険を引き受ける際の審査基準を緩和する。
・日本経済新聞

■生保各社ホームページより

●住友生命
(02/02) 「1UP(ワンアップ)」CM第十四弾『里帰りで1UP』篇 完成!!

 <セキュリティ関連>

■Flash Playerにゼロデイ脆弱性–パッチは週明け、削除か無効化を

 米アドビシステムズや情報処理推進機構(IPA)は2018年2月2日、Adobe Flash Playerに脆弱性が存在すると発表した。米アドビのWebサイトでは、重要度は最も深刻な「Critical(致命的)」に当たるとしている。脆弱性の識別子は「CVE-2018-4878」である。
・ITpro
・ITmedia

■金融庁がコインチェックに異例の立ち入り検査、運用管理やセキュリティを目視で確認

 金融庁は2018年2月2日、仮仮想通貨を流出させたコインチェックに立ち入り検査に着手した。システムの運用管理やセキュリティ対策の体制を実際に確認したり経営陣にヒアリングしたりするためで、複数日にわたる見通しだ。
・ITpro

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■Windows 7サポート終了まで2年 ユーザーはどうする?

 Windows 7の延長サポートが2020年1月に終了する。Windows XPサポート終了時の混乱を教訓に、日本マイクロソフトは企業ユーザー向けに「Microsoft 365」への移行支援策を打ちだし、早めの移行をアピールしている。
・ITpro


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2018年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。