ホーム > 2018年, ニュース > 保険デイリーニュース(02/07)

保険デイリーニュース(02/07)

 本日の主なニュース

・申込書の照会業務にブロックチェーンを活用し、保険発行を迅速化
・学生の視点で新保険 損保ジャパンが東京モード学園とプレゼン大会
・あなたが考える50年後の損害保険は何ですか〜原典之・三井住友海上社長
・とんがった会社目指す=AIG損害保険のライリー社長
・がん治療で脱毛、保険金10万円 働き続ける患者を支援
・Office 2019はWindows 10にのみ対応、プレビュー版は第2四半期に登場
・繰り返されるブラウザー戦争、し烈な争いで進化
・東大病院でシステムトラブル、電子カルテ刷新直後に混乱
・スコープクリープ、システム開発を大炎上させる怪現象の正体

 <損保関連>

■保険契約申込書の照会業務にブロックチェーンを活用し、保険発行を迅速化–三井住友海上とbitFlyerが共同実証

 三井住友海上火災保険は、bitFlyerのブロックチェーン技術「miyabi」を活用した情報共有システムにより、保険契約申込書の確認業務を効率化する実証実験を開始。セキュリティを強化するとともに、保険証券発行手続きの効率化に向け、実用性を検証する。
・ITmedia

■学生の視点で新保険 損保ジャパンが東京モード学園とプレゼン大会

 国内の損害保険市場の縮小が指摘される中、若者の視点で新たな保険商品を考案してもらおうと、損害保険ジャパン日本興亜は5日、東京モード学園の学生を対象に、新たな保険商品のプレゼンテーション大会を開催した。
・産経ニュース

■あなたが考える50年後の損害保険は何ですか〜原典之・三井住友海上社長

 損害保険会社の主力商品は、時代とともに変遷してきました。今から100年前は航海のリスクに備える海上保険が売り上げの8割を占めていました。その後、高度経済成長期になって持ち家が増えると、火災保険が5割を占める中核商品となり、さらにモータリゼーションの進展によって、現在は自動車保険が5割を超えトップです。
・日本経済新聞

■とんがった会社目指す=AIG損害保険のライリー社長

 「とんがった保険会社を目指す」と流ちょうな日本語で話すのは、AIG損害保険のケネス・ライリー社長(44)。AIU損害保険と富士火災海上保険が合併し1月に誕生したAIG損保のトップに就いた。
・時事通信

■損保各社ホームページより

●東京海上ホールディングス
(02/06) 自己株式の取得状況に関するお知らせ
(02/06) 「統合レポート2017」が第20回日経アニュアルリポートアウォードで優秀賞を受賞
(02/06) 東京海上日動の2018年1月営業速報を掲載いたしました。

●MS&ADホールディングス
(02/06) 2018年1月月次成績速報を掲載しました

●三井住友海上
(02/06) 〜「健康経営アドバイザー」の取得を推進〜 東京商工会議所と「東京都職域健康促進サポート事業」に関する協定を締結
(02/05) ベライゾン社、ビットサイト社との協業による多面的サイバーリスク評価サービスの開始について

●損保ジャパン日本興亜
(02/06) 2018年1月営業成績速報を掲載しました
(02/06) 【東京モード学園×損保ジャパン日本興亜】産学連携プロジェクト「新たな保険アイデア創出」の取組みについて

 <損保株価情報>(東証:2018/02/06)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,918 -249 -4.82% 3,823,100
SOMPOホールディングス   4,153 -185 -4.26% 2,318,800
MS&ADホールディングス   3,585 -138 -3.71% 3,076,300

日経平均株価   21,610.24 -1,071.84 -4.73%

 <金融庁・協会関連>
 <生保関連>

■がん治療で脱毛、保険金10万円 働き続ける患者を支援

 アフラックは主力のがん保険で、がんの治療で頭髪が抜けた場合などに保険金を支払う「外見ケア特約」を4月から新たに導入する。生保業界で初めてという。治療をしながら働き続ける人が増えたことでニーズは高まっており、新たな特約で治療と仕事との両立を後押しする。
・朝日新聞

■生保各社ホームページより

●大同生命
(02/05) 平成29年度 寄付による大学でのオープン講座~専修大学にて開催~

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

■Office 2019はWindows 10にのみ対応、プレビュー版は第2四半期に登場

 米Microsoftは、最新のCPUではWindows 10のみをサポートするという策を既に講じている。そして、Officeに関しても似たような手法を取ろうとしている。同社は現地時間2018年2月1日、永続ライセンス版の次期オフィススイート「Office 2019」について、対応するOSがWindows 10のみであることを明らかにした。
・ITpro

■繰り返されるブラウザー戦争、し烈な争いで進化

 Webブラウザーの歴史をひもときつつ、現在の主要な製品を紹介するとともに、Webブラウザーの基本的な仕組みを解説する。
・ITpro

■東大病院でシステムトラブル、電子カルテ刷新直後に混乱

 患者が会計を終えるまで長時間待たされる、後日支払うよう求められる。東京大学医学部附属病院の外来窓口で2018年初から混乱が続いた。トラブルの元は電子カルテシステムの刷新にあった。
・ITpro

■スコープクリープ、システム開発を大炎上させる怪現象の正体

 システム開発プロジェクトでは「スコープクリープ」と呼ばれる怪現象が頻繁に起こる。要件などのスコープが、ロジェクトマネジャーのあずかり知らぬところで勝手に肥大化することを言うが、この怪現象が発生するとプロジェクトは破滅に向かう。考えるだけでも恐ろしい。
・ITpro


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2018年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。