ホーム > 2018年, ニュース > 保険デイリーニュース(03/26)

保険デイリーニュース(03/26)

 本日の主なニュース

・三井住友海上、音声認識による自動車保険の証券再発行自動受付
・生保6社が企業年金管理事業統合へ 月内に基本合意
・太陽生命保険 長寿への備え 年金と介護保障をセットで提供
・ライフネット生命保険、新社長に34歳の森亮介氏
・保険商品「長生き年金」は本当に老後の安心を上乗せできるのか
・標的型メール攻撃、最多6027件 17年、警察庁
・件名「Microsoftアカウントの不審なサインイン」という偽メールが拡散中
・Windows 10はIT部門が責任を放棄するチャンス
・「Office 2019」がWindows 10“だけ”サポートする理由

 <損保関連>

■三井住友海上、音声認識による自動車保険の証券再発行自動受付

 三井住友海上火災保険は3月22日、音声認識技術を利用した自動車保険の証券再発行自動受付サービスを3月26日に開始すると発表した。新サービスは、顧客が自動車保険の証券再発行手続を行う際に、音声案内に基づき …
・マイナビニュース

■損保各社ホームページより

●東京海上ホールディングス
(03/22) 2017年度「なでしこ銘柄」に選定

●SOMPOホールディングス
(03/22) 平成29年度「なでしこ銘柄」に選定

●三井住友海上
(03/23) ~世界初の自動車事故を調査せよ!~ 企業広告シリーズ 第2弾TVCM 「時空保険探査部 自動車保険篇」の放映開始
(03/22) 音声認識技術を活用した保険証券再発行自動受付サービスの開始について

●AIG損保
(03/23) 2018年3月期第3四半期業績の概要

 <損保株価情報>(東証:2018/03/22)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,793 -231 -4.60% 3,779,600
SOMPOホールディングス   4,065 -108 -2.59% 1,719,100
MS&ADホールディングス   3,257 -110 -3.27% 2,451,900

日経平均株価   20,617.86 -974.13 -4.51%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●日本損害保険協会
(03/23) 2018年度全国統一防火標語決定

 <生保関連>

■生保6社が企業年金管理事業統合へ 月内に基本合意 低金利継続で低収益事業のコスト削減

 生命保険大手6社が企業年金管理事業の統合を検討していることが22日、分かった。低金利が続いて収益環境が厳しさを増す中、収益性の低い企業年金の事務部門を集約して経営の効率化を図り、保険販売などの収益部門に経営資源を振り向けやすくする。
・産経ニュース
・日本経済新聞

■太陽生命保険 長寿への備え 年金と介護保障をセットで提供

 誰もが100歳まで生きることが当たり前となる時代に備え、産経新聞社が立ち上げた有識者による「100歳時代プロジェクト会議」はこのほど、プロジェクトのパートナー企業である太陽生命保険とともに、「長寿への備え」について議論する分科会を開催した。
・産経ニュース

■ライフネット生命保険、新社長に34歳の森亮介氏

 同社は独立系のネット生保で2006年に創業、08年に営業開始した。岩瀬氏は業界未経験ながら副社長として、出口治明前社長(69)とともに創業に関わった。13年6月に、出口氏の後任として37歳で社長に就任。
・朝日新聞

■保険商品「長生き年金」は本当に老後の安心を上乗せできるのか

 最近、「長生き年金」という商品を扱う金融機関が増加しつつある。長生き年金とは、公的年金を最大限活用した上で、さらなる安心を求める人に「老後資金の最大の不安を緩和して、安心を上乗せしてくれる」という私的年金のことだ。
・ダイヤモンド・オンライン

■生保各社ホームページより

●第一生命
(03/23) 企業主導型保育所(当社初)を含む4箇所の保育所を新たに誘致~当社保有ビルへ誘致する保育所の受入可能児童定員数が1,000名を突破~
(03/22) 「健康第一」アプリをレベルアップしました。
(03/22) 「ジャスト新登場キャンペーン」実施中!

●太陽生命
(03/22) 人事異動について

●アフラック
(03/23) 2017年度「なでしこ銘柄」に選定

 <セキュリティ関連>

■標的型メール攻撃、最多6027件 17年、警察庁

 全国の警察が2017年に把握した企業などの重要情報を狙う「標的型メール攻撃」は6027件だったことが22日、警察庁のまとめで分かった。前年の1.5倍に増え過去最多となった。同庁は急増の背景などについて、分析を進める。
・日本経済新聞

■件名「Microsoftアカウントの不審なサインイン」という偽メールが拡散中、偽Officeサイトへ誘導してユーザー情報をだまし取る

 マイクロソフトをかたるフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会が22日、注意を呼び掛ける緊急情報を出した。誘導先の偽サイトは同日15時時点も稼働中だ。
・Internet Watch

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■Windows 10はIT部門が責任を放棄するチャンス

 業界の専門家は、口をそろえてWindows 10への移行を勧めている。Windows 10への移行はIT管理のパラダイムシフトを促し、「IT部門が責任を放棄するチャンスだ」という。しかし、IT部門の仕事は終わらない。
・TechTarget Japan

■「Office 2019」がWindows 10“だけ”サポートする理由

 間もなくリリースされるMicrosoftの「Office 2019」はWindows 7、Windows 8.1はサポートしない。それはMicrosoftが考える「顧客の近代化」に関連するという。
・TechTarget Japan


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2018年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。