ホーム > 2018年, ニュース > 保険デイリーニュース(04/09)

保険デイリーニュース(04/09)

 本日の主なニュース

・自動車保険好調、3社増収 損保大手18年3月期営業成績
・時間単位で持ち物に保険 損保ジャパン、まず電子機器
・経営リスク、労働問題を企業重視 東京海上の調査で初の1位、訴訟備え …
・自動運転車の事故、レベル1~3賠償責任の方針固まる メーカーより個人 …
・東京海上日動とWHITE MOTION、自動車分野のセキュリティで提携
・金融庁、生保の完全歩合制を問題視 架空契約事件でソニー生命に立ち入り検査
・第一生命、まさかの医療保険 “値下げ”の背景
・生保トップ維持、米欧でM&Aも
・生保の苦境を反映 激化する「販売チャンネル戦争」
・明治安田生命 “女性総合職1期生”広報部長のモットー
・生命保険契約のトラブルは後を絶たない?!対処法はあるのか
・2017年、あまり報じられなかったビジネスメール詐欺、DDoS、標的型 …

 <損保関連>

■自動車保険好調、3社増収 損保大手18年3月期営業成績

 損害保険大手4社が5日発表した2018年3月期の営業成績速報によると、売上高に当たる収入保険料は3社が前期比で増収となった。主力の自動車保険が好調だったほか、サイバー攻撃など新たなリスクに備える保険の販売も貢献した。
・SankeiBiz

■時間単位で持ち物に保険 損保ジャパン、まず電子機器

 山歩きをする2時間だけスマートフォン(スマホ)とデジタルカメラに保険をつけたい。必要なモノに必要な時間だけ補償をつける「オンデマンド型」の動産保険が日本に登場する。
・日本経済新聞

■経営リスク、労働問題を企業重視 東京海上の調査で初の1位、訴訟備え …

 企業が重視する経営上のリスクについて、東京海上日動火災保険が行った調査で、「労働・雇用問題」が2008年の調査開始以来、初めて1位になったことが4日、分かった。
・SankeiBiz

■自動運転車の事故、レベル1~3賠償責任の方針固まる メーカーより個人 …

 ハッキングによる事故については、盗難による事故と同じように政府保証とした。これで「メーカーの過大な負担がなくなった」として、「開発に弾みがつく」ものとした。 原則として、「自動車損害賠償責任保険」が適応されることになった。
・財経新聞

■東京海上日動とWHITE MOTION、自動車分野のセキュリティで提携

 東京海上日動火災保険とWHITE MOTIONは、コネクテッドカーや自動運転車のサイバーセキュリティ分野で提携した。 インターネットに接続された自動車におけるサイバー攻撃やマルウェア感染などの脅威が増加し、セキュリティ対策の重要性が増していることを受け、コネクテッドカーや自動運転車のサイバーセキュリティ分野における共同研究や協業の検討に向けて提携したもの。
・Security NEXT

■損保各社ホームページより

●SOMPOホールディングス
(04/05) 2018年3月営業成績速報を掲載しました。

●MS&ADホールディングス
(04/05) 2018年3月月次成績速報を掲載しました

●日立キャピタル損保
(04/06) 「お客さまの声」受付件数について(17年度第4四半期)

 <損保株価情報>(東証:2018/04/06)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,815 -22 -0.45% 1,922,800
SOMPOホールディングス   4,346 -66 -1.50% 1,291,700
MS&ADホールディングス   3,422 +4 +0.12% 1,550,500

日経平均株価   21,567.52 -77.9 -0.36%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁、生保の完全歩合制を問題視 架空契約事件でソニー生命に立ち入り検査

 ソニー生命保険の社員から架空の生命保険契約で現金をだまし取られる被害が相次いだ問題で、金融庁が同社に立ち入り検査に入っていることが5日、分かった。業務の成果に応じて賃金が支払われる「完全歩合制」の給与形態が事件を招いた可能性があるとして、実態の把握に乗り出した。
・SankeiBiz

 <生保関連>

■第一生命、まさかの医療保険 “値下げ”の背景

 今年2月、生命保険各社は今後を決めかねない重大な岐路に立っていた。4月からの保険料改定である。発端は、日本アクチュアリー会による「標準生命表」の改定。
・AERA dot.

■生保トップ維持、米欧でM&Aも

 日本生命保険の新社長に1日付で就任した清水博氏は日本経済新聞の取材で、新規のM&A(合併・買収)などによるグループ事業拡大を通じて業界最大手を維持する考えを示した。
・日本経済新聞

■生保の苦境を反映 激化する「販売チャンネル戦争」

 「4月にキャンペーンをやります。どこの保険をご利用ですか。保険証書を持参していただければ、お礼の品を差し上げます」 定期預金の手続きで某メガバンクの相談窓口を訪れた60代の男性は、手続きの終わり際に担当者からそう語りかけられた。
・AERA dot.

■明治安田生命 “女性総合職1期生”広報部長のモットー「組織の長が暗いのは罪」

 当時の明治生命保険(2004年に安田生命保険と合併し、明治安田生命保険に社名変更)に、男女雇用機会均等法施行後、初の女性総合職として入りました。生保を志望したのは「営業する時には自分で作った商品を売りたい。
・AERA dot.

■生命保険契約のトラブルは後を絶たない?!対処法はあるのか

 新年度に入り、新たに保険契約を勧められる機会が増えそうな時期です。保険に限らず、契約ごとにはトラブルがつきものですが、生命保険契約についても同じで、毎年、一定件数のトラブルが発生しています。
・保険ジャーナル (ブログ)

■生保各社ホームページより

●第一生命
(04/06) 2018年度生涯設計レポートの発信時期について

●三井住友海上あいおい生命
(04/06) 三井住友海上あいおい生命 新テレビCM「プレミア報道官篇」放映開始!

●アクサダイレクト生命
(04/06) 『価格.com保険アワード2018年版』 主要3部門で上位ランクイン!

●ライフネット生命
(04/06) ライフネット生命保険 2018年3月の業績速報

 <セキュリティ関連>

■2017年、あまり報じられなかったビジネスメール詐欺、DDoS、標的型ランサムウェア攻撃――その対策とは

 過去に起きた日本年金機構における情報漏えいやJTBのグループ会社に対する標的型攻撃のような特定組織のインシデントで、連日連夜報道され注目を集めるような目立ち方をしたものがなかった」と斬り込む。
・@IT

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2018年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。