ホーム > 2018年, ニュース > 保険デイリーニュース(04/16)

保険デイリーニュース(04/16)

 本日の主なニュース

・三井住友海上、駐在員の医療保険一本化 中小企業を対象、大手損保で初の試み
・ノートPCの情報漏洩に保険、レノボ
・東京海上日動、LINEを使って事故連絡や顧客支援
・セブンがレジャー保険 コンビニ初
・地震保険の補償を上乗せして100%補償にする方法
・進出してから43年、アフラックが日本法人化したワケ

 <損保関連>

■三井住友海上、駐在員の医療保険一本化 中小企業を対象、大手損保で初の試み

 三井住友海上火災保険が、中小企業を対象に駐在員の公的医療保険を使いながら医療費を補償する新たな保険を開発したことが13日、分かった。従来は複数の保険に加入する必要があったが、一本化することで企業が支払う保険料を1~2割程度安くできる見通し。
・SankeiBiz

■ノートPCの情報漏洩に保険、レノボ

 パソコンにテレワーク保険をかけるのは国内初という。「シンクパッド」シリーズの「X1カーボン」や「X1ヨガ」など高速通信規格「LTE」に対応したノートパソコン6機種が対象。対象機種を購入した場合、自動で保険がかかる。ユーザーの保険金負担はない。
・日本経済新聞
・ITpro

■東京海上日動、LINEを使って事故連絡や顧客支援

 東京海上日動火災保険は、LINEの無料通話を活用した事故連絡や顧客支援を4月中旬に開始すると発表した。 同社のグループ会社である東京海上インターナショナルアシスタンスが顧客対応品質向上を目的に、LINEの法人向けサービス「LINEカスタマーコネクト」の「LINE to Call」機能を、顧客向けサービスとして提供する。
・レスポンス

■セブンがレジャー保険 コンビニ初

 セブン―イレブン・ジャパンは17日から登山やゴルフなどを対象とした1日単位の保険「1DAYレジャー保険」を販売する。三井住友海上火災保険の商品で、コンビニエンスストアでの店頭販売は初めて。
・日本経済新聞

■地震保険の補償を上乗せして100%補償にする方法

 地震保険は、地震災害ならではの特徴から、加入に際してさまざまな制限があります。地震保険は単独で加入することができないため、主契約の火災保険に付帯する形で契約します。そして火災保険の保険金額(契約金額)の30~50%で補償を設定します。
・マイナビニュース

■損保各社ホームページより

●あいおいニッセイ同和損保
(04/13) 損害保険の保険金支払業務にAI技術を利用した高精度文書検索システムOpAIを導入
(04/13) 「第10回ワークライフバランス大賞」で保険業界初の「大賞」を受賞

 <損保株価情報>(東証:2018/04/13)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,962 +28 +0.57% 1,184,100
SOMPOホールディングス   4,380 -5 -0.11%  932,700
MS&ADホールディングス   3,527 -2 -0.06% 1,294,500

日経平均株価   21,778.74 +118.46 +0.55%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●損害保険料率算出機構
(04/13) 自賠責保険・共済月次統計速報を更新しました【2017年12月分】

 <生保関連>

■進出してから43年、アフラックが日本法人化したワケ

 アメリカンファミリー生命保険(アフラック)が今月から、日本法人化し「アフラック生命保険」として再スタートした。米国保険会社の支店として日本進出してから43年、がん保険など新たな市場を開拓してきた同社。
・ニュースイッチ Newswitch

■生保各社ホームページより

●損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
(04/13) 全国健康保険協会熊本支部との「ヘルスター健康宣言」事業および健康経営支援にかかる提携締結について

●ソニーライフ・エイゴン生命
(04/13) 役員人事について

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2018年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。