ホーム > 2018年, ニュース > 保険デイリーニュース(06/22)

保険デイリーニュース(06/22)

 本日の主なニュース

・大阪北部地震 金融機関の被災地支援拡大 金利優遇や支払い猶予
・「ワタミの介護」買収、黒字化のワケ SOMPO社長
・「2020年」はもう始まっている~東京海上日動
・第一生命系、家事代行サービス「タスカジ」と提携
・アフラック、保険金の即時払いサービス導入
・自動車がネットにつながる「コネクテッドカー」の時代に必要なセキュリティ
・金融機関の大規模レガシーマイグレーション、その成功のポイントとは
・プロトタイプは画面や機能ごとに作ってはいけない
・Instagram、1時間までの縦位置動画アプリ「IGTV」Instagramでも表示可能
・早大、保険数理人で養成コース 大学院に設置

 <損保関連>

■大阪北部地震 金融機関の被災地支援拡大 金利優遇や支払い猶予

 大阪北部地震の被災地に対する金融機関の支援が広がっている。三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3メガバンクなど各行は19日、被災者や被災企業向けにローンの金利優遇を行うなどの支援措置を発表。
・SankeiBiz

■「ワタミの介護」買収、黒字化のワケ SOMPO社長

 損害保険大手の損保ジャパン日本興亜を中核に持つSOMPOホールディングス(HD)は、介護事業でも業界2位の位置にいる。社内でも賛否両論があったという介護参入を主導した桜田謙悟社長に、今後の展望を聞いた。
・朝日新聞

■「2020年」はもう始まっている~東京海上日動

 東京海上日動火災保険が3月19日付の読売新聞朝刊に掲載した全面広告だ。多くのメダルを獲得した日本勢の活躍に沸いた平昌ピョンチャン五輪・パラリンピックの閉会式翌日で、「私たちの2020年は、もうはじまっています。」との見出しが印象に残った読者も多いだろう。
・読売新聞

■損保各社ホームページより

●アメリカンホーム
(06/21) 2018年3月期決算と業績の概要について

 <損保株価情報>(東証:2018/06/20)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,415 -46 -0.84% 1,970,800
SOMPOホールディングス   4,595 +45 +0.99% 1,152,700
MS&ADホールディングス   3,440 -34 -0.98% 1,370,800

日経平均株価   22,693.04 +137.61 +0.61%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●損害保険料率算出機構
(06/21) 地震保険 保有契約件数 1,825万7,927件 (対前年度末比3.1%増)

●生命保険文化センター
(06/20) 「生命保険論集(第203号)」を発行

 <生保関連>

■第一生命系、家事代行サービス「タスカジ」と提携

 第一生命ホールディングス(HD)は傘下のネオファースト生命保険を通じ、家事代行サービスのタスカジ(東京・港)と業務提携する。保険に加入している共働き世帯にタスカジのサービスを紹介したり、同社の会員に健康や保険に関する情報を提供したりする。
・日本経済新聞

■アフラック、保険金の即時払いサービス導入

 アフラック、保険金の即時払いサービス導入. アフラック生命保険は20日、保険金の即時払いサービスを導入すると発表した。これまでは最短でも1日かかっていた入金が、請求から最短5分で完了する。12月の導入を予定している。
・時事通信

■生保各社ホームページより

●アフラック
(06/20) 即時支払いサービスの導入について

●ライフネット生命
(06/21) がん生活サポートサービスを拡充

 <セキュリティ関連>

■自動車がネットにつながる「コネクテッドカー」の時代に必要なセキュリティの考え方

 日本マイクロソフトが開催した技術イベント「de:code 2018」で、「コネクテッドカー」のセキュリティに関するセッションが行われた。
・@IT

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■金融機関の大規模レガシーマイグレーション、その成功のポイントとは

 日本は、メインフレームの残存数が世界トップクラスといわれるレガシー大国だ。2000年代初頭の「オープン化」の波で多くの企業が脱レガシーを果たしたが、金融など安定性、安全性を重要視する一部の企業では、未だにメインフレームが企業システムの屋台骨を支えている。
・IT Leaders

■プロトタイプは画面や機能ごとに作ってはいけない

 B2C、B2B問わず、ITサービスがビジネスに不可欠な存在となった近年、UXデザインに対する企業や社会の認識は一層深まっている。にもかかわらず、「使いにくいサービス」が減らない原因とは何か?今回から、「人間中心設計」の各種方法論を説明していく。
・@IT

■Instagram、1時間までの縦位置動画アプリ「IGTV」 Instagramでも表示可能

 InstagramがYouTubeのような1時間までの長尺動画アプリ「IGTV」を公開した。YouTubeとの大きな違いは動画が縦位置全画面表示な点。YouTube同様に誰でもチャンネルを開設して投稿できる。
・ITmedia

■早大、保険数理人で養成コース 大学院に設置

 早稲田大学は2019年4月、アクチュアリー(保険数理人)を養成する大学院の専門コースを国内で初めて設置する。確率論をもとにした保険や年金のリスク測定などに当たるアクチュアリーは需要が増えている。
・日本経済新聞


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2018年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。