ホーム > 2018年, ニュース > 保険デイリーニュース(10/02)

保険デイリーニュース(10/02)

 本日の主なニュース

・保険と買い物 ネットで一括 東京海上、独VBに出資 年内にもサービス
・ALBERT、東京海上日動と資本業務提携 AIなど有効活用
・認知症患者と家族のための保険発売 東京海上
・ラックと損保ジャパン日本興亜、セキュリティ監視サービスにサイバー保険
・新興企業がメンタル不調予防 きめ細かくケア
・お金のデザイン、損保ジャパンなどから7億円調達
・警察庁把握の標的型攻撃、前期から半減するも高水準「Excel」が約半数
・RPAの導入課題から運用責任、未来予想まで–ベンダー座談会(後編)

 <損保関連>

■保険と買い物 ネットで一括 東京海上、独VBに出資 年内にもサービス

 東京海上ホールディングスは年内にも、インターネット上で買い物と同時に保険に加入できるシステムを企業向けに販売する。ドイツの保険スタートアップに出資し、システム構築の技術を獲得。
・日本経済新聞

■ALBERT、東京海上日動と資本業務提携 AIなど有効活用

 ビッグデータ分析のALBERT(3906、マザーズ)は1日、東京海上ホールディングス(8766)子会社の東京海上日動火災保険と資本業務提携すると発表した。
・日本経済新聞

■認知症患者と家族のための保険発売 東京海上

 そうした中、9月25日に東京海上ホールディングスが「東京海上グループの社員の認知症サポーターが5000名に達した」と発表した。11年度から約170回の養成講座を展開した結果だという。
・BIGLOBEニュース

■ラックと損害保険ジャパン日本興亜、セキュリティ監視サービス「JSOC」にサイバー保険を付帯

 ラックと損害保険ジャパン日本興亜は9月27日、ラックのセキュリティ監視サービス「JSOCマネージド・セキュリティ・サービス(MSS)」にサイバー保険を付帯したパッケージ商品「事故補償パック for JSOC」の提供を10月1日に開始することを発表した。
・SecurityInsight

■新興企業がメンタル不調予防 きめ細かくケア

 スタートアップ企業が法人向けに、従業員のメンタルヘルスの不調の予防・対策サービスに乗り出している。メンタルヘルス関連事業のラフール(東京・中央)は、あいおいニッセイ同和損害保険と組み、企業に労災請求の補償を対象にした保険とセットで研修を開始。
・日本経済新聞

■お金のデザイン、損保ジャパンなどから7億円調達

 資産運用サービスのお金のデザイン(東京・港)は、損害保険ジャパン日本興亜と凸版印刷を引受先とする第三者割当増資で総額7億円を調達した。調達資金はシステム開発や人材採用などに充てる。
・日本経済新聞

■損保各社ホームページより

●東京海上日動
(10/01) 東京海上日動とALBERT 資本業務提携 損害保険領域におけるデータ分析と人工知能(AI)活用を加速

●あいおいニッセイ同和損保
(10/01) ラフール社メンタルヘルス研修への「労災使用者賠償保険」セット提供開始

 <損保株価情報>(東証:2018/10/01)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,617 -20 -0.35% 1,564,800
SOMPOホールディングス   4,787 -52 -1.07% 1,025,600
MS&ADホールディングス   3,768 -26 -0.69% 1,224,900

日経平均株価   24,245.76 +125.72 +0.52%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●日本損害保険協会
(10/01) 自動車リサイクル部品活用推進キャンペーン

 <生保関連>

■生保各社ホームページより

●明治安田生命
(10/01) MYビジネスサポートサイト開設のお知らせ

●住友生命
(10/01) 三井不動産と住友生命が「柏の葉スマートシティ」において、地域住民向けの健康増進活動等の取組みで協力

●損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
(10/01) 全国健康保険協会徳島支部との健康経営普及を目指した相互協力・連携に関する覚書の締結

 <セキュリティ関連>

■警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 「Excelファイル」が約半数

 警察庁が2018年上半期に把握した標的型攻撃メールは2578件。過去最高となった前期から半減したが、依然として高い水準で推移している。
・Security NEXT

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■RPAの導入課題から運用責任、未来予想まで–ベンダー座談会(後編)

 ある生命保険会社はユーザー部門がロボットを公開していたものの、最後には白旗を揚げてしまった。ロボットの利用は構わないが運用保守までの管理は厳しく、IT部門が尻拭いをするケースは現実に起きている。
・ZDNet Japan


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2018年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。