ホーム > 2018年, ニュース > 保険デイリーニュース(10/18)

保険デイリーニュース(10/18)

 本日の主なニュース

・ICT化を進める建設会社の保険料を5%割引、AIG損保
・LINE、1日100円から保険提供 損保ジャパンと59種類 スマホ金融多角化
・8大生活習慣病の入院リスク、AIが予測する
・理解進まぬGDPR、知らなきゃまずい5つの注意点
・みずほ系、AI信用情報使った新サービス
・ドコモ、金融機関に「信用スコア」提供 新生銀と提携
・マイクロソフト、Windows 7とOffice 2010のサポート終了を改めて予告。

 <損保関連>

■ICT化を進める建設会社の保険料を5%割引、AIG損保

 AIG損害保険は、10月19日まで開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」に出展。同社のブースでアピールしているのは、建設現場のICT(情報通信技術)化を進める建設会社に対する割引制度だ。
・日経xTECH

■LINE、1日100円から保険提供 損保ジャパンと59種類 スマホ金融多角化

 無料通信アプリのLINE(ライン)と損害保険ジャパン日本興亜は16日、アプリ上で損害保険に加入できるサービス「LINEほけん」を開始した。台風や野外フェスティバルなど、さまざまな場面に応じて1日100円から加入できる59種類の保険をそろえた。
・SankeiBiz

 <損保株価情報>(東証:2018/10/17)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,445 +55 +1.02% 1,939,200
SOMPOホールディングス   4,731 +68 +1.46% 1,090,700
MS&ADホールディングス   3,573 +26 +0.73% 1,088,400

日経平均株価   22,841.12 +291.88 +1.29%

 <金融庁・協会関連>
 <生保関連>

■8大生活習慣病の入院リスク、AIが予測する

 日立製作所は健康診断データやレセプト(診療報酬明細書)データなどを活用し、生活習慣病による入院リスクを予測する新サービスの販売を始めた。健診での検査数値や服薬などのデータを人工知能(AI)で分析。
・ニュースイッチ Newswitch

■生保各社ホームページより

●第一生命
(10/17) 【インパクト投資】株式会社メルティンMMIへの投資~アバターロボットによる、危険環境下での作業代替を通じた事故の抑制~

●明治安田生命
(10/17) 愛知県との「包括連携協定」の締結について

●チューリッヒ生命
(10/17) チャットボットでの控除証明書再発行と住所変更の受付を開始

●かんぽ生命
(10/16) 新規業務の認可申請について

 <セキュリティ関連>

■理解進まぬGDPR、知らなきゃまずい5つの注意点

 欧州連合(EU)居住者の個人情報を保護するための法律「GDPR」。実は、日本企業にも大きな影響を与える。GDPRとは何か、なぜ日本企業も影響を受けるのか、どのように対策すればよいのか。国内のIT担当者が知っておくべきGDPRの基礎知識をまとめた。
・日経テクノロジーオンライン

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■みずほ系、AI信用情報使った新サービス

 みずほ銀行とソフトバンクが共同出資するJスコア(東京・港)は16日、人工知能(AI)が判定した個人の信用ランク(格付け)を使って、他の企業が特定の利用者層にアクセスできるようにする新サービスを始めた。
・日本経済新聞

■ドコモ、金融機関に「信用スコア」提供 新生銀と提携

 10月には東京海上日動火災保険と、スマホのデータを生かし、人工知能(AI)が利用者に最適な保険を提案する損害保険サービスを始めると発表した。 ドコモが新しい分野の開拓を急ぐ背景には、屋台骨である通信事業の成長の限界が見えてきた事情がある。
・日本経済新聞

■マイクロソフト、Windows 7とOffice 2010のサポート終了を改めて予告。稲村亜美も移行をサポート!?

 10月17日、日本マイクロソフトは品川本社オフィスにてWindows 7とOffice 2010からの移行状況に関する記者説明会を開催。 Windows 7は2020年1月14日に、Office 2010は同年10月13日にサポートの終了を予定しています。
・Engadget Japanese


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2018年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。