ホーム > 2018年, ニュース > 保険デイリーニュース(11/07)

保険デイリーニュース(11/07)

 本日の主なニュース

・役員、そしてグループ会社社長へ。常にフロントランナーとして道を開く
・保険各社、ベンチャーの知恵頼り協業 新発想事業が必須
・似たような生命保険なのに保険料に差が出る理由
・「来店型保険ショップ」の満足度1位は「ほけんの窓口」
・駅ナカにシェアオフィス、東京駅・新宿駅・品川駅で実証実験

 <損保関連>

■役員、そしてグループ会社社長へ。常にフロントランナーとして道を開く

 国内損保市場でトップクラスのシェアを占める、損害保険ジャパン日本興亜で初の女性執行役員となった陶山さなえ氏は、2017年4月、SOMPOホールディングスのグループ会社で初の女性社長に就任した。
・日経ウーマンオンライン

■損保各社ホームページより

●MS&ADホールディングス
(11/06) 2018年10月月次成績速報を掲載しました
(11/06) ~第6回WICIジャパン「統合報告優良企業賞」~「MS&AD統合レポート2018」が「統合報告優秀企業大賞」を受賞

 <損保株価情報>(東証:2018/11/06)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,535 +113 +2.08% 1,299,500
SOMPOホールディングス   4,855 +149 +3.17% 1,059,900
MS&ADホールディングス   3,488 +99 +2.92% 1,498,600

日経平均株価   22,147.75 +248.76 +1.14%

 <金融庁・協会関連>
 <生保関連>

■保険各社、ベンチャーの知恵頼り協業 新発想事業が必須

 保険各社がベンチャー企業との協業を強化している。人口減少によって主力の国内市場の縮小が避けられず、既存の保険事業の収益力強化が必要だからだ。保険各社は異業種の技術や知見に熱い視線を注いでおり、新たな稼ぎ頭となる商品や事業の創出を目指す。
・SankeiBiz

■似たような生命保険なのに保険料に差が出る理由

 生命保険に支払う保険料は世帯平均で年38万2000円。1か月分の給料がまるまる飛んでいくほど高額で、“保険貧乏”に陥る家庭も少なくない。もしもの時に備えるためとはいえ、保険の過剰加入は家計を苦しめる。
・マネーポストWEB

■「来店型保険ショップ」の満足度1位は「ほけんの窓口」

 oricon MEは11月1日、6回目となるオリコン顧客満足度調査「来店型保険ショップ」ランキングを発表。過去5年以内に来店型保険ショップ(乗合い型のみ)の無料相談を利用し、実際に保険の成約まで至ったことがある20歳以上の男女を …
・MONEYzine

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

■駅ナカにシェアオフィス、東京駅・新宿駅・品川駅で実証実験

 JR東日本は、駅の構内にブース型のシェアオフィス「STATION BOOTH」を展開します。まずは実証実験として、東京駅、新宿駅、品川駅の3駅に設置。11月28日~2019年2月20日まで試験サービスを展開します。ユーザー登録や予約受付は11月19日から。
・Engadget Japanese


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2018年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。