ホーム > 2018年, ニュース > 保険デイリーニュース(11/29)

保険デイリーニュース(11/29)

 本日の主なニュース

・AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス – 保険料には影響せず
・社長自身も出社せず SOMPO社長の型破りな“働き方改革”
・韓国ロッテ、金融2社の売却検討 持ち株会社制移行で
・損保協会、高規格救急自動車など19台を全国へ寄贈
・変わる生保シニア 日本生命など65歳に定年上げ
・NEC、帳票書式を定義せずに使える機械学習OCRソフト、人のデータ入力を
・LINE Bankの衝撃。若者層狙うみずほFGの危機感とLINEの野望

 <損保関連>

■AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス – 保険料には影響せず

 AIG損害保険は、12月をめどにセキュリティにおけるリスクを、問診ベースで診断する無料サービスを開始する。同サービスは、ヒアリングベースでセキュリティリスクの簡易アセスメントを行うサービス。
・Security NEXT

■社長自身も出社せず SOMPO社長の型破りな“働き方改革”

 経済同友会は11月16日、幹事会を開き、来年4月に任期満了となる小林喜光代表幹事の後任に、SOMPOホールディングス(HD)の桜田謙悟社長(62)を充てる人事を内定した。保険業界から経済同友会代表幹事が選ばれるのは初めて。
・ニフティニュース

■韓国ロッテ、金融2社の売却検討 持ち株会社制移行で

 韓国ロッテグループは27日、損害保険とクレジットカード事業をてがける金融子会社2社の売却を検討すると発表した。ロッテグループは2017年に持ち株会社制に移行した。
・日本経済新聞

■損保各社ホームページより

●アメリカンホーム
(11/28) 2019年3月期 第2四半期 業績の概要

 <損保株価情報>(東証:2018/11/28)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,600 -53 -0.94% 1,987,400
SOMPOホールディングス   4,335 -33 -0.76% 1,942,500
MS&ADホールディングス   3,401 -43 -1.25% 1,647,600

日経平均株価   22,177.02 +224.62 +1.02%

 <金融庁・協会関連>

■損保協会、高規格救急自動車など19台を全国へ寄贈

 日本損害保険協会は11月27日、地域防災力の強化や救急医療体制の整備を目的として、軽消防自動車、高規格救急自動車等19台を全国の自治体に寄贈すると発表した。
・レスポンス

■金融庁・協会ホームページより

●日本損害保険協会
(11/27) 軽消防自動車、高規格救急自動車等を全国に19台寄贈

●生命保険協会
(11/28) 生命保険会社における環境問題への取組み状況を掲載しました

 <生保関連>

■変わる生保シニア 日本生命など65歳に定年上げ

 生命保険各社で、定年を見直す動きが加速している。日本生命保険や明治安田生命保険が現在の60歳から65歳に引き上げるほか、一定の年齢で管理職から外れる「役職定年」の制度をやめる金融機関も増えている。
・日本経済新聞

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

■NEC、帳票書式を定義せずに使える機械学習OCRソフト、人間のデータ入力を学習

 NECは2018年11月27日、紙面の文字情報を読み取るOCR(光学文字認識)にAIを活用したソフト「NEC AI-OCRサービス」を発表した。2019年3月から提供する。最大の特徴は、マシンラーニング(機械学習)によって、帳票書式(読み取り位置や項目)を事前に設定しなくても使えるようにしたこと。
・IT Leaders

■LINE Bankの衝撃。若者層狙うみずほFGの危機感とLINEの野望

 一方で、LINE側の視点に立ってみると、これまでLINE Payや保険、投資などを次々にリリースし、金融業界の革新を掲げている同社が、銀行業に参入すること自体はそれほど驚くべきことではない。
・BUSINESS INSIDER JAPAN


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2018年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。