ホーム > 2018年, ニュース > 保険デイリーニュース(12/03)

保険デイリーニュース(12/03)

 本日の主なニュース

・割引率7~8% 自動車保険に「本人限定」広がる
・金融業界に風穴空くか、LINEが起こす地殻変動
・三井住友海上、エクシム銀と火災保険で協業
・災害に備える火災保険選び 自宅再建できる内容か確認
・三井生命、「大樹生命」に 社名の変更は来年4月1日
・変わる生保シニア 日本生命など65歳に定年上げ
・認知症保険、予防重視にシフト 加入者に早期発見促す
・東海東京証券、営業1000人にタブレットを配布し営業資料を電子化
・東京23区「ウエストサイド」年収ランキング
・マイクロソフト、「Office」アプリのアイコンを刷新へ

 <損保関連>

■割引率7~8% 自動車保険に「本人限定」広がる

 任意加入の自動車保険の運転者限定割引で2019年1月、「家族限定」を廃止し、代わりに「本人限定」を設ける動きが目立つ。運転者限定以外の割引メニューを変更する会社もあり、保険見直しの機運が高まりそうだ。
・日本経済新聞

■金融業界に風穴空くか、LINEが起こす地殻変動

 LINEが金融界で存在感を強めている。27日にみずほフィナンシャルグループ(FG)との共同出資で、銀行業への参入を発表。保険や証券などにも事業を広げており、従来の金融機関が攻めあぐねてきた若年層との強力な接点と、巨大な顧客基盤を武器に攻勢をかける。
・Yahoo!ニュース

■三井住友海上、エクシム銀と火災保険で協業

 三井住友海上ベトナム現地法人(以下MSIGV)は28日、ベトナム民間商業銀行のエクシムバンクと共同で開発した住宅火災保険プラットフォームのローンチイベントを実施した。
・NNA.ASIA

■災害に備える火災保険選び 自宅再建できる内容か確認

 台風、豪雨、地震などの自然災害にどのように備えたらよいのか。もし被災したら、生活再建に向け、まず何をすればいいのだろうか。第3回は、火災保険の選び方と被災後にすべきことをまとめた。
・日本経済新聞

■損保各社ホームページより

●三井住友海上
(11/30) 部長職の異動について
(11/30) チャットボットによる照会応答サービスの提供を開始

 <損保株価情報>(東証:2018/11/30)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,605 +54 +0.97% 3,012,700
SOMPOホールディングス   4,386 +82 +1.91% 2,621,800
MS&ADホールディングス   3,445 +30 +0.88% 2,580,700

日経平均株価   22,351.06 +88.46 +0.40%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●損害保険料率算出機構
(11/30) 損害保険料率算出機構統計集(2017年度)の「地震保険統計」を掲載しました

●生命保険文化センター
(11/30) 【保険事例研究会レポート(第318号)】を発行
(11/30) 【2019年度生命保険に関する研究助成】の申請を12月1日より受付開始

 <生保関連>

■三井生命、「大樹生命」に 社名の変更は来年4月1日

 三井生命保険は29日、来年4月1日から社名を「大樹(たいじゅ)生命保険」に変更すると発表した。同社は2015年に日本生命保険の子会社となったことから「三井」の名を使い続けることが難しく、今年度末が使用できる期限だった。
・SankeiBiz
・日本経済新聞

■変わる生保シニア 日本生命など65歳に定年上げ

 生命保険各社で、定年を見直す動きが加速している。日本生命保険や明治安田生命保険が現在の60歳から65歳に引き上げるほか、一定の年齢で管理職から外れる「役職定年」の制度をやめる金融機関も増えている。
・日本経済新聞

■認知症保険、予防重視にシフト 加入者に早期発見促す

 認知症になったときの経済的な負担に備える「認知症保険」で、予防や早期発見に主眼を置く新商品が相次いで登場している。認知症保険に加入する場合は、保険金請求に必要な制度について理解しておきたい。
・日本経済新聞

■生保各社ホームページより

●第一生命
(11/30) 米国商業用不動産ローン(CML)への投資~グループシナジーによる資産運用高度化取組み~

●アフラック
(11/30) <ちゃんと応える医療保険EVER>を改定
(11/29) 人事異動について
(11/29) 平成30年度「均等・両立推進企業表彰」においてファミリー・フレンドリー企業部門「厚生労働大臣優良賞」を受賞
(11/29) 平成30 年度「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰 (輝くテレワーク賞)」において「特別奨励賞」を受賞
(11/28) 位置情報(GPS)を活用した店舗検索サービスを開始

●ソニー生命
(11/30) 平成30年度第2四半期の「保険金・給付金のお支払い状況」について
(11/30) 平成30年度第2四半期の「お客さまから寄せられた苦情の件数」について

●損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
(11/30) 変額保険運用実績(10月)を公開しました

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

■東海東京証券、営業1000人にタブレットを配布し営業資料を電子化、Handbookを採用

 東海東京証券は、各支店に数台ずつタブレット端末を配布していたが、利用頻度が低く有効活用できていなかった。また、日々の営業活動においては、外出先での急な問合せ対応のために一度支店に戻るなどの工数が発生していた。
・IT Leaders

■東京23区「ウエストサイド」年収ランキング

 先日配信した、東京23区「イーストサイド」年収ランキングに続き、東京23区ウエストサイド(=西側10区)のランキング上位500社を紹介する。この西側には大田区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、世田谷区、豊島区、中野区、練馬区、目黒区を区分した。
・東洋経済オンライン

■マイクロソフト、「Office」アプリのアイコンを刷新へ

 Microsoftが「Office」アプリのアイコンを数年ぶりに刷新する。「Word」「Excel」「PowerPoint」 などのアプリのアイコンがよりシンプルなデザインになる。Microsoftが米国時間11月29日、ブログ記事で明らかにした。数カ月中に展開されるという。
・CNET Japan
・Engadget Japanese


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2018年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。