ホーム > 2018年, ニュース > 保険デイリーニュース(12/05)

保険デイリーニュース(12/05)

 本日の主なニュース

・三井住友海上火災、Salesforceを全社員・全代理店に導入
・ドラレコ搭載率は31.7%、昨年比16.4ポイントアップ ソニー損保調べ
・損保の準備金特例延長へ 損金算入できる割合引き上げも 災害に備え
・太陽生命が滋賀大などと認知症で共同研究
・住生、上半期の働き方改革実る 在宅勤務制度など導入、労働時間5.3%減

 <損保関連>

■三井住友海上火災、Salesforceを全社員・全代理店に導入

 三井住友海上火災保険は、全社員・全代理店の情報基盤としてSalesforce Sales Cloud、Salesforce Service Cloud、Salesforce Community Cloudを利用する。これらは2016年に代理店向けシステムや保険契約者とのコミュニケーションツールとして導入していたが、今回これを全社員・全代理店向けに拡大する。
・IT Leaders

■ドラレコ搭載率は31.7%、昨年比16.4ポイントアップ ソニー損保調べ

 ソニー損保は「全国カーライフ実態調査」をインターネットリサーチで実施、その結果、ドライブレコーダー搭載率が前年比16.4ポイント上昇したことがわかった。
・レスポンス

■損保の準備金特例延長へ 損金算入できる割合引き上げも 災害に備え

 政府・与党は3日、地震や台風などの自然災害による保険金支払いの巨額化を受け、損害保険会社による積立準備金の一部を損金算入できる「異常危険準備金制度」の特例を延長する方針を固めた。
・産経ニュース

■損保各社ホームページより

●三井住友海上
(12/04) オフィシャルサイトコンテンツ「知ろう・備えよう災害対策」が第6回Webグランプリ 企業グランプリ部門で優秀賞を受賞

 <損保株価情報>(東証:2018/12/04)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,543 -108 -1.91% 2,160,600
SOMPOホールディングス   4,310 -144 -3.23% 1,294,800
MS&ADホールディングス   3,413 -68 -1.95% 1,325,800

日経平均株価   22,036.05 -538.71 -2.39%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●生命保険協会
(12/04) 生命保険事業概況・四半期統計・月次統計(平成30年9月)〔統計資料〕
(12/03) 「生命保険協会110年小史」の刊行について

 <生保関連>

■太陽生命が滋賀大などと認知症で共同研究

 T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険は4日、日本医師会総合政策研究機構(日医総研)と協力し、滋賀大学(滋賀県)、滋賀医科大学(同)と認知症に関する共同研究を開始したと発表した。
・SankeiBiz
・47NEWS

■住生、上半期の働き方改革実る 在宅勤務制度など導入、労働時間5.3%減

 住友生命保険は3日、今年度上半期までに、従業員1人当たりの総労働時間を2016年度比で5.3%削減したと発表した。新契約手続きを営業職員の携帯端末でできるようにしたり、サテライトオフィスや在宅勤務制度の導入で働く場所と時間を柔軟に選べるようにしたりといった働き方改革が実ったという。
・SankeiBiz

■生保各社ホームページより

●住友生命
(12/04) 東京本社機能の移転、ならびに八重洲再開発事業への取組みについて

●太陽生命
(12/04) 太陽生命、滋賀大学・滋賀医科大学・日医総研と認知症に関する研究を実施

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2018年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。