ホーム > 2019年, ニュース > 保険デイリーニュース(04/02)

保険デイリーニュース(04/02)

 本日の主なニュース

・損保ジャパン日本興亜が「損保ジャパン」に
・損保ジャパンとビックカメラ、スマホなどで「1日保険」
・スマホで事故対応「支払いを迅速に」東京海上の広瀬社長
・【リーダーの素顔】あいおいニッセイ同和損害保険社長・金杉恭三さん
・マラソン川内選手、あいおいニッセイ同和損保と所属契約
・三井生命改め「大樹生命」に、顧客対応を強化
・トヨタ、個人情報最大310万件流出か 都内販売会社などで
・新元号は令和に、システム対応いよいよ大詰め

 <損保関連>

■損保ジャパン日本興亜が「損保ジャパン」に

 SOMPOホールディングス(HD)は1日、損害保険事業を手がける傘下の損害保険ジャパン日本興亜の社名を、2020年4月に「損害保険ジャパン」に変更すると発表した。契約者などから社名が長すぎるとの指摘が多くあり、簡略化することにした。
・読売新聞
・日本経済新聞

■損保ジャパンとビックカメラ、スマホなどで「1日保険」

 損害保険ジャパン日本興亜とビックカメラ、米保険スタートアップのトロブは29日、スマートフォン(スマホ)やカメラなどを対象とした1日単位の保険を4月1日から提供すると発表した。
・日本経済新聞

■スマホで事故対応「支払いを迅速に」東京海上の広瀬社長

 1日付で東京海上日動火災保険の新社長に就いた広瀬伸一氏は日本経済新聞のインタビューで、デジタル技術を駆使して契約者への保険金支払いを早める仕組みを2019年度から導入する考えを示した。
・日本経済新聞

■【リーダーの素顔】あいおいニッセイ同和損害保険社長・金杉恭三さん

 あいおいニッセイ同和損害保険は、「先進性」「多様性」「地域密着」を追求する中で独自性という持ち味を発揮する。国内初の商品を開発したり、トヨタ自動車や日本生命保険との協業を加速したりして、個性豊かな会社づくりに邁進。
・SankeiBiz

■マラソン川内選手、あいおいニッセイ同和損保と所属契約

 男子マラソンの川内優輝(32)が保険会社のあいおいニッセイ同和損保と1日付で所属契約を結んだ。同社が明らかにした。3日に川内本人が東京都内で会見する。
・朝日新聞

■損保各社ホームページより

●SOMPOホールディングス
(04/01) 当社子会社の商号変更に関するお知らせ

●あいおいニッセイ同和損保
(04/01) 川内優輝選手(陸上・マラソン)と所属契約を締結

 <損保株価情報>(東証:2019/04/01)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,438 +76 +1.42% 1,846,800
SOMPOホールディングス   4,171 +73 +1.78%  920,800
MS&ADホールディングス   3,389 +19 +0.56% 1,420,600

日経平均株価   21,509.03 +303.22 +1.43%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●金融庁
(04/01) 疑わしい取引の参考事例の公表について
(04/01) 損害保険業の免許について

●損害保険料率算出機構
(04/01) 役員一覧を変更しました

 <生保関連>

■三井生命改め「大樹生命」に、顧客対応を強化

 三井生命保険は1日付で「大樹生命保険」に社名変更した。日本生命保険が2015年度に同社を買収して3年。「三井」の名前を外し再出発する。
・日本経済新聞

■生保各社ホームページより

●日本生命
(04/01) 赤道原則の採択について
(04/01) 乗合代理店等子会社(4社)の再編完了について
(04/01) 2019年度 入社式 社長挨拶
(04/01) 保険手続等における改元対応について

●明治安田生命
(04/01) 明治安田生命 2019年度入社式 社長挨拶(要旨)
(04/01) 保険募集代理店におけるお客さま志向の業務運営に資する手数料体系の考え方について
(03/29) 2019年4月1日付人事異動における女性管理職の登用状況等について
(03/29) 今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈
(03/29) 明治安田生命「生まれ年別の名前調査」特別企画 ~子供の名前で振り返る「平成30年史」~

 <セキュリティ関連>

■トヨタ、個人情報最大310万件流出か 都内販売会社などで

 トヨタ自動車は29日、グループの都内販売会社など8社が不正アクセスを受け、最大310万件の個人情報が流出した可能性があると発表した。販売会社が運営する都内の販売店で車を購入した顧客の氏名や住所などが流出したおそれがある。
・日本経済新聞

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■新元号は令和に、システム対応いよいよ大詰め

 政府は2019年4月1日、新たな元号を「令和」と発表した。2019年5月1日に平成から令和へと元号が変わる。改元まで残り1カ月、企業や自治体のシステム改修作業は大詰めを迎える。
・日経テクノロジーオンライン


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2019年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。