ホーム > 2019年, ニュース > 保険デイリーニュース(04/16)

保険デイリーニュース(04/16)

 本日の主なニュース

・東京海上グループのデジタル戦略、キーワードは「30年先」「グローバル」
・大同生命の工藤社長 節税保険見直し、「保障の原点に回帰」
・かんぽ生命アプリにエイジング・ダイエットアプリ“FaceAI”を提供開始
・ランサーズと住友生命、フリーランス向け健康増進型保険を提供開始
・”上場企業の6割”に女性役員がいないワケ

 <損保関連>

■東京海上グループのデジタル戦略、キーワードは「30年先」「グローバル」

 2008年以降、M&A(合併・買収)を通して重点的にグローバル展開を進めてきた同社は、次のフェーズとしてデジタル戦略に着手。「人の力とテクノロジーの融合」「Mission Driven(ミッションドリブン)」「グローバルデジタルシナジー」という3つの戦略コンセプトを掲げ、デジタル変革に挑んでいる。
・DIGITALIST

■損保各社ホームページより

●損保ジャパン日本興亜
(04/15) あなたの備えは万全ですか?介護費用総額の平均は787万円 初期費用の平均は約100万円、月額は約13万円 ~「介護費用に関するアンケート」の調査結果~

●あいおいニッセイ同和損保
(04/15) 関西広域連合が表彰する「関西エコオフィス大賞」において大賞を受賞しました

 <損保株価情報>(東証:2019/04/15)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,717 +120 +2.14% 2,536,100
SOMPOホールディングス   4,224 +113 +2.75% 1,012,600
MS&ADホールディングス   3,423 +58 +1.72% 1,370,900

日経平均株価   22,169.11 +298.55 +1.37%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●日本損害保険協会
(04/15) 日本損害保険協会を名乗り「見舞金が出る」などと勧誘する業者にご注意

●損害保険料率算出機構
(04/15) 地震保険統計速報を更新しました【2019年1月末時点】
(04/15) 自賠責保険・共済月次統計速報を更新しました【2018年12月分】

 <生保関連>

■大同生命の工藤社長 節税保険見直し、「保障の原点に回帰」

 中小企業の経営者向けの保険を主力とする大同生命保険の工藤稔社長は日本経済新聞の取材に、「節税を強調した販売を見直し、経営者を守る保障の原点に立ち戻る」と話した。
・日本経済新聞


■かんぽ生命アプリにエイジング・ダイエットアプリ“FaceAI”を提供開始

 テック・パワー株式会社は、第一生命ホールディングス子会社のQOLeadとの協業により、株式会社かんぽ生命保険にFaceAI(エイジング/アンチエイジング・ダイエットシミュレーション・喫煙/禁煙シミュレーション・飲酒シミュレーション・白髪シミュレーション)の提供を開始しました。
・朝日新聞

■ランサーズと住友生命、フリーランス向け健康増進型保険を提供開始

 ランサーズは、住友生命保険相互会社と連携し、フリーランス・個人事業主を対象とした健康増進型保険「住友生命『Vitality』」の共同企画商品を提供開始する(販売は住友生命)。
・WorkMaster

■生保各社ホームページより

●フコク生命
(04/15) 住所変更・控除証明書再発行の休日・夜間受付のサービス停止について

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

■”上場企業の6割”に女性役員がいないワケ

 では、現状で女性役員比率の高い企業はどのような業種なのか。業種別に見ると、1社あたりの女性役員数が最も多く、女性役員比率が最も高いのは「保険業」である。「保険業」は企業あたりの女性役員数の平均値が1人を超えている唯一の業種だ。
・PRESIDENT Online


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2019年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。