ホーム > 2019年, ニュース > 保険デイリーニュース(04/25)

保険デイリーニュース(04/25)

 本日の主なニュース

・東京海上日動とNTT Comが協業、サイバーリスク保険とIT製品を …
・信頼性や安心感があると思う損害保険会社ランキングTOP3
・保険会社や契約内容が不明なら共通窓口へ
・生保運用、外債投資軸に 19年度運用方針 不動産などオルタナにも資金
・「ザ・セイホ」再来? 大手生保、不動産投資を積極化
・【トップ近況】「シニア向けニーズの開拓」 太陽生命保険・副島直樹社長
・携帯3キャリアの「+メッセージ」で企業が個人とやり取り可能に
・トヨタ販売会社280社、営業支援システムと基幹システムの連携にDataSpider

 <損保関連>

■東京海上日動とNTT Comが協業、サイバーリスク保険とIT製品を組み合わせたサービスを提供へ

 東京海上日動火災保険とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2019年4月23日、サイバーリスク保険とIT製品を組み合わせた包括的なサービスの提供で協業すると発表した。2019年6月の提供開始を目標に検討を進める。
・IT Leaders

■信頼性や安心感があると思う損害保険会社ランキングTOP3

 損害保険会社の「決め手」は、やはり信頼度…? マイボイスコムが実施した『損害保険会社のイメージに関するアンケート調査』によると、「信頼性や安心感がある」のは、「東京海上日動火災保険」が3割強という結果に。
・@DIME

■損保各社ホームページより

●東京海上日動
(04/24) 東京海上日動とNTT Comの協業によるサプライチェーンへのサイバーセキュリティ対策におけるソリューションのワンストップ提供について
(04/24) 「+メッセージ」を活用した金融機関を横断する共通手続きプラットフォームの検討開始

●MS&ADホールディングス
(04/24) 「攻めのIT経営銘柄2019」に選定されました
(04/24) ~ダイバーシティ&インクルージョンの推進とビジネスの持続的成長を目指して~「30% Club Japan」にメンバー登録しました

●SBI損保
(04/24) LINEを活用したカンタン見積り「受付範囲拡大」のお知らせ

 <損保株価情報>(東証:2019/04/24)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,603 -29 -0.51% 1,357,800
SOMPOホールディングス   4,203 -5 -0.12%  664,200
MS&ADホールディングス   3,411 -9 -0.26%  787,000

日経平均株価   22,200 -59.74 -0.27%

 <金融庁・協会関連>

■保険会社や契約内容が不明なら共通窓口へ

 生命保険契約や損害保険(自動車保険や火災・地震保険)契約をすると、保険契約の内容を記載した保険証券が発行されます。通常はこれらは大切に保管されていることかと思います。災害時にこれらが行方不明になってしまったり …
・リスク対策.com

■金融庁・協会ホームページより

●生命保険協会
(04/24) 生命保険事業概況・月次統計(平成31年2月)〔統計資料〕

 <生保関連>

■生保運用、外債投資軸に 19年度運用方針 不動産などオルタナにも資金

 国内の主要な生命保険10社の2019年度の運用方針が24日、出そろった。10社合計の国内債券への投資額は5000億~1兆円程度の純減となる一方、外国債券は2.5兆円規模の純増となる見通しだ。
・日本経済新聞

■「ザ・セイホ」再来? 大手生保、不動産投資を積極化

 国内の大手生保各社が不動産への投資を積極化させている。日銀の超低金利政策の長期化で国債中心の運用が行き詰まる中、ここ数年は利回りを確保するために外債や国内外の株式にウエートを置いてきた。
・日経ビジネス電子版

■【トップ近況】「シニア向けニーズの開拓」 太陽生命保険・副島直樹社長

 太陽生命保険の副島直樹社長(60)は、経営の課題について「シニア向けのニーズの開拓だ」と話す。認知症と診断されれば一時金を支払う保険の販売に注力しており、高齢者が必要とする商品の開発をこれまで以上に加速する考えだ。
・ZAKZAK

■生保各社ホームページより

●日本生命
(04/24) ニッセイ インターネットアンケート~「母の日」等に関する意識実態確認~
(04/23) 「+メッセージ」を活用した金融機関を横断する共通手続きプラットフォームの検討開始

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

■携帯3キャリアの「+メッセージ」で企業が個人とやり取り可能に−−銀行の変更手続きも

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は4月23日、携帯電話番号だけでメッセージをやり取りできる「+メッセージ(プラスメッセージ)」の機能拡充を発表した。今後は、企業が個人と直接やり取りできるようになる。
・CNET Japan

■トヨタ販売会社280社、Salesforce営業支援システムと基幹システムの連携にDataSpiderを採用

 トヨタ自動車は、販売会社が使う営業活動支援システムと基幹システムをつなぐためのデータ連携基盤として「DataSpider Cloud」の採用を決めた。2018年7月から7店で試験運用を実施しており、2019年4月からの1年間で国内280のトヨタ販売会社で運用を開始する予定。
・IT Leaders


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2019年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。