ホーム > 2019年, ニュース > 保険デイリーニュース(09/27)

保険デイリーニュース(09/27)

 本日の主なニュース

・災害時の避難後押し「避難保険」を検討 損害保険大手
・2つの「運動会」で健康意識を高める【あいおいニッセイ同和損保 金杉社長】
・資産形成の議論再開へ 金融庁 報告書は事実上の撤回
・かんぽ営業、10月再開を延期 不適切販売の調査優先
・住友生命、健康増進保険 加入者の歩数2割増
・サイバー攻撃は最大のリスクと企業は認識、サイバー保険加入増
・マイクロソフト、クラウドベースのSIEMサービス「Azure Sentinel」を提供
・セールスフォース、「Financial Services Cloud」に保険業界向けの新機能
・Windows 10の運用が面倒過ぎる!と怒る前に企業が知るべき「WaaS」

 <損保関連>

■災害時の避難後押し「避難保険」を検討 損害保険大手

 去年の西日本豪雨で、避難の遅れが被害を拡大させたことをきっかけに、損害保険大手の「あいおいニッセイ同和損保」は、いざという時に高齢者の自宅にタクシーなどが向かい、安全な場所まで避難させる費用の支払いを想定した「避難保険」という新しい保険の検討を始めました。
・NHK NEWS WEB

■2つの「運動会」で健康意識を高める【あいおいニッセイ同和損害保険 金杉社長】

 今月は、自動車事故から住宅、そして自然災害などの損害保険を提供する、あいおいニッセイ同和損害保険の金杉恭三社長にお話を伺っている。今回は食事と仕事、そしてプライベートタイムへの切り替えと自己管理の大切さについて話していただいた。
・日経Gooday

■損保各社ホームページより

●東京海上日動
(09/26) エーザイと東京海上日動、認知症との共生と予防の実施にむけて業務提携

●共栄火災
(09/26) 人事異動についてのお知らせ

●三井ダイレクト損保
(09/26) 通販型損保で唯一HDI「五つ星認証」を取得

 <損保株価情報>(東証:2019/09/26)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   6,013 -13 -0.22% 2,520,900
SOMPOホールディングス   4,617 -4 -0.09% 1,005,700
MS&ADホールディングス   3,662 +16 +0.44% 1,493,000

日経平均株価   22,048.24 +28.09 +0.13%

 <金融庁・協会関連>

■資産形成の議論再開へ 金融庁 報告書は事実上の撤回

 金融庁は25日の金融審議会総会で、老後に約2000万円が必要とした報告書を麻生太郎金融相に答申しないまま、国民の資産形成に向けた議論を10月に再開すると決めた。
・日本経済新聞

■金融庁・協会ホームページより

●日本損害保険協会
(09/26) 「損害保険協会からの依頼で被害状況の調査をしている」などと偽る業者にご注意

 <生保関連>

■かんぽ営業、10月再開を延期 不適切販売の調査優先

 かんぽ生命保険と日本郵便は10月1日に予定していた保険営業の再開を延期する方針を固めた。保険料の二重徴収など大規模な不適切販売が見つかった問題で、顧客調査や原因究明になお時間がかかると判断した。
・日本経済新聞
・時事通信

■住友生命、健康増進保険 加入者の歩数2割増

 住友生命保険は26日、健康増進型保険の契約者について1日の歩数が2割増え、生活の質が高まったとする調査結果を発表した。同社の商品は日ごろの運動など健康への取り組み状況に応じて保険料を見直す仕組み。
・日本経済新聞
・日経xTECH
・産経ニュース

■生保各社ホームページより

●住友生命
(09/26) “住友生命「Vitality」”加入者へのアンケート調査および歩数・血圧値に関する調査結果について
(09/26) 株式会社ウェルネスフロンティア、株式会社ティップネスとの業務提携について
(09/26) 住友生命、ソフトバンクとルネサンスの協力・支援による体組成計を活用した健康経営の取組みをスタート
(09/26) 「1UP」でおなじみの上田一が、“住友生命「Vitality」”に登場する新CM第5弾!!

●エヌエヌ生命
(09/26) 新CM『突然の事業承継』篇 テレビとYouTubeで放映開始

 <セキュリティ関連>

■サイバー攻撃は最大のリスクと企業は認識、サイバー保険加入増–マイクロソフト調査

 Microsoftと保険コンサルタント会社Marshの調査によると、多くの企業幹部はサイバー攻撃をビジネス上の最大の懸念と捉えており、その度合いは不透明な経済状況やブランドの毀損(きそん)、規制をはるかに上回っているという。
・ZDNet Japan

■マイクロソフト、クラウドベースのSIEMサービス「Azure Sentinel」を一般提供

 マイクロソフトは米国時間9月24日、セキュリティサービス「Azure Sentinel」がパブリックプレビュー段階を終え、「Microsoft Azure」の正式なサービスとして一般提供を開始したと発表した。
・ZDNet Japan

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■セールスフォース・ドットコム、「Financial Services Cloud」に保険業界向けの新機能を追加

 ライフイベント機能は、新しい家の購入、卒業、転職など、保険のニーズの変化の主要なトリガーをキャプチャして視覚化する。たとえば、エージェントは、最初の子供が生まれたタイミングに合わせて、生命保険、住宅保険、自動車保険の補償範囲の再検討について提案する。
・クラウド Watch

■Windows 10の運用が面倒過ぎる!と怒る前に企業が知るべき「WaaS」の現実

 Windows 7からWindows 10に代替わりした途端、配信される大量の更新データや勝手の違う作業負担に頭を抱える。多くの企業で発生する困った事態の理解に必要な鍵こそ、Microsoftが提唱する「Windows as a Service」の定義と、その前提条件が生み出す「ズレ」なのです。
・ITmedia


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2019年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。