ホーム > 2019年, ニュース > 保険デイリーニュース(10/08)

保険デイリーニュース(10/08)

 本日の主なニュース

・家計簿で保険提案、東京海上日動とアプリ会社が連携
・アイ・ロボティクス、三井住友海上と連携。ドローン点検サービスに …
・火災保険料、また引き上げ 2020年度中、支払い増で
・アフラック株の5%取得 日本郵政、2000億円超
・キヤノンMJ、第一生命と共同で業務プロセスの全体最適化を実現
・「破砕帯を突破せよ」 第一生命・最若手トップの覚悟
・インターネットを守るための技術、法律、そして世界 標準化団体JPAAWG

 <損保関連>

■家計簿で保険提案、東京海上日動とアプリ会社が連携

 東京海上日動火災保険は2020年度にも、家計簿アプリの利用者を対象に家計の支出や収入をもとに保険を提案するサービスの提供を始める。家計簿アプリのマネーフォワードと連携。
・日本経済新聞

■アイ・ロボティクス、三井住友海上と連携。ドローン点検サービスに10億円の保険を標準適用

 株式会社アイ・ロボティクスは、2019年6月に開始したマイクロ・ドローンによる狭隘部ドローン点検サービス、および従前より提供している通常のドローン点検サービスに関し、三井住友海上火災保険株式会社と連携し、専用の保険契約を締結した。
・DRONE

■火災保険料、また引き上げ 2020年度中、支払い増で

 火災保険の保険料率が2020年度中にも引き上げられる見通しとなった。大手損害保険各社は今月1日に値上げしたばかりだが、台風などの自然災害による保険金支払いが増えており、損保各社でつくる「損害保険料率算出機構」が保険料を決める目安の「参考純率」の引き上げ方針を固めた。
・朝日新聞デジタル版

■損保各社ホームページより

●三井住友海上
(10/07) ~事故のない快適なモビリティ社会の実現に向けて~ ドライブレコーダー・テレマティクスサービス『F-ドラ』の開発について

 <損保株価情報>(東証:2019/10/07)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,727 -3 -0.05% 1,205,500
SOMPOホールディングス   4,478 -6 -0.13%  571,100
MS&ADホールディングス   3,401 -18 -0.53%  849,000

日経平均株価   21,375.25 -34.95 -0.16%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●日本損害保険協会
(10/07) シニア向け交通安全・防災研修を開催!

 <生保関連>

■アフラック株の5%取得 日本郵政、2000億円超

 日本郵政は7日、米保険大手のアフラック・インコーポレーテッドの発行済み株式の5%を取得したと発表した。出資額は2000億円超とみられる。人口減少などで既存事業縮小が予測される中、がん保険の販売協力などを深めて収益源を強化する。
・産経ニュース

■キヤノンMJ、第一生命と共同で業務プロセスの全体最適化を実現するデジタルソリューションを構築

 第一生命では、今回、約1000万人の保険契約者のデータと約200帳票のデジタル化を実現し、紙と同様な操作感による使い勝手の良さや手続き時間の短縮などで、顧客や営業員から高い評価を得たと説明。
・クラウド Watch

■「破砕帯を突破せよ」 第一生命・最若手トップの覚悟

 第一生命ホールディングス(HD)の稲垣精二社長(56、第一生命保険社長兼務)は就任から2年半が経過した今なお、日本の大手金融トップとして最年少だ。これまでの歩みを5回に分けて連載する。
・日本経済新聞

■生保各社ホームページより

●三井住友海上プライマリー生命
(10/07) 外貨建保険に適用される積立利率および「実質的な利回り」について(2019年10月7日~2019年10月20日適用分)

 <セキュリティ関連>

■インターネットを守るための技術、法律、そして世界――標準化団体JPAAWGに聞いた

 今どき、どんな組織も企業もファイアウォールを導入し、外から直接は攻撃できないようにして従業員を守っています。ただメールだけは、情報を届ける入口として残さざるを得ない性格のものです。
・@IT

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2019年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。