ホーム > 2019年, ニュース > 保険デイリーニュース(10/21)

保険デイリーニュース(10/21)

 本日の主なニュース

・損保ジャパンとセガが「運転シミュレーター」を共同開発–高齢者の事故削減
・SOMPOHD 危機でもフラットな考え失わずに
・経済同友会、桜田代表幹事「日本の良さを見直そう」
・【台風19号】タワマンも浸水、火災保険の「水災補償」クローズアップ
・保険料の支払いサービスに「LINE Pay」を導入
・住友生命「健康なほど保険料が安い」保険の成否
・かんぽ生命不正問題 郵政公社初代総裁が「日本郵便の不正の温床は …

 <損保関連>

■損保ジャパンとセガが「運転シミュレーター」を共同開発–高齢者の事故削減を目的に

 損害保険ジャパン日本興亜とセガ・ロジスティクスサービスは、高齢者の事故の削減を目的とした、運転に関する認知機能や運転技能を診断・トレーニングできる機能を備えた「運転シミュレーター」を共同で開発。
・CNET Japan

■SOMPOHD 危機でもフラットな考え失わずに

 今月から、これまでの「保険の先へ、挑む。」から「安心・安全・健康のテーマパーク」に変更しました。保険事業を取り巻く環境は、気候変動などによる自然災害の常態化、少子高齢化、テクノロジーの進化など急速に変化しています。
・SankeiBiz

■経済同友会、桜田代表幹事「日本の良さを見直そう」

 損害保険ジャパン日本興亜などを傘下に持つNKSJホールディングス(現・SOMPOホールディングス)の社長になって7年になります。その間、5回ほど世界の政治家や実業家が討論する「ダボス会議」に参加しました。
・日経ビジネス電子版

■【台風19号】タワマンも浸水、火災保険の「水災補償」クローズアップ

 台風19号で全国各地の河川堤防の決壊が相次ぐ中、水災とは無縁とされたマンションの浸水被害が続出し、火災保険の「水災補償」が改めて注目され始めた。
・産経ニュース

■損保各社ホームページより

●東京海上ホールディングス
(10/18) 「令和元年台風19号」「令和元年8月の前線に伴う大雨災害」および「令和元年台風15号」被害に対する義援金等の拠出

 <損保株価情報>(東証:2019/10/18)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,700 +25 +0.44% 1,840,400
SOMPOホールディングス   4,202 -27 -0.64%  767,600
MS&ADホールディングス   3,425 -5 -0.15% 1,303,300

日経平均株価   22,492.68 +40.82 +0.18%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●金融庁
(10/18) 「経済価値ベースのソルベンシー規制等に関する有識者会議」(第4回)の開催について

 <生保関連>

■保険料の支払いサービスに「LINE Pay」を導入

 アフラック生命保険株式会社(代表取締役社長:古出 眞敏)は、保険料支払いの選択肢の拡充を目的として、10月21日よりLINE Pay株式会社(代表取締役CEO:高 永受)が提供する「LINE Pay請求書支払い」サービスを導入します。
・産経ニュース

■住友生命「健康なほど保険料が安い」保険の成否

 住友生命は昨年7月に発売した日本初の本格的な健康増進型保険「Vitality(バイタリティ)」の加入者に、血圧の数値が下がったりするなどの効果が出ていると発表した。
・東洋経済オンライン

■かんぽ生命不正問題 郵政公社初代総裁が「日本郵便の不正の温床は“ノルマ体質”」と指摘

 かんぽ生命保険の不正販売問題が波紋を広げている。契約を低い予定利率のものに切り替えさせたり、契約を乗り換えた顧客に保険料を二重払いさせるなど、不適切と疑われる契約は18万件を超える。
・文春オンライン

■生保各社ホームページより

●太陽生命
(10/18) 太陽生命、「東京グリーンボンド」への投資について

●ソニー生命
(10/18) 「令和元年台風第19号」により被災された方々に対する義援金の寄贈について

●アクサダイレクト生命
(10/18) アクサ・ホールディングス・ジャパン、「令和元年台風第19号」による被災地への復興支援金拠出を決定

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2019年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。