ホーム > 2019年, ニュース > 保険デイリーニュース(10/23)

保険デイリーニュース(10/23)

 本日の主なニュース

・損保ジャパンが電動キックボード保険を開発へ
・損害保険「LINEほけん」 損害保険ジャパン日本興亜
・「足が速くなるダンス」教材提供 損保ジャパン 研修会や出張授業開催
・台風19号が浮き彫りにした損保の心もとない財務戦略
・台風災害でお金がおりないことも!「水害」をカバーする「火災保険」の歴史
・各界からお祝いの言葉「真の安寧の実現を」「伝統の尊重に深く感銘」
・第一生命 長崎県と連携協定 営業員ら地域活動支援
・Microsoft、ファームウェア防衛イニシアチブ「Secured-core PC」立ち上げ
・Windows Virtual Desktop の一般提供を全世界で開始

 <損保関連>

■損保ジャパンが電動キックボード保険を開発へ

 損害保険ジャパン日本興亜が、欧米約20都市で電動キックボードのシェアリングサービスを展開するウィンドモビリティの日本法人と提携し、電動キックボード専用保険の開発に乗り出すことが21日分かった。
・産経ニュース

■損害保険「LINEほけん」 損害保険ジャパン日本興亜

 10月も半ばを過ぎ、地域によっては紅葉が見頃を迎える時期となった。休日にドライブやトレッキングを楽しむ人も多いのではないか。今回の「これは優れモノ」は出かける前に気軽に入れる損害保険を取材した。
・SankeiBiz

■「足が速くなるダンス」教材提供 損保ジャパン 研修会や出張授業開催

 スポーツの秋を迎え、運動会を行う小学校の花形種目といえば徒競走だ。誰もが「足が速くなりたい」と思うが、こんな願いをかなえるため損害保険ジャパン日本興亜は今年4月から、ダンス教材「足が速くなるダンス」の提供を開始、授業に取り入れる小学校も出てきた。
・SankeiBiz

■台風19号が浮き彫りにした損保の心もとない財務戦略

 上表にあるように東京海上、MS&AD、SOMPOの大手3グループが、2019年度の国内自然災害における保険金として期初に想定していたのは、正味の支払いでそれぞれ500億円強。
・ダイヤモンド・オンライン

■台風災害でお金がおりないこともあるので要注意!「水害」をカバーする「火災保険」の歴史

 今後、そうした被災者が再び日常を取り戻すにあたって助けのひとつとなるのが、保険である。「これ、みんな保険金おりるのかな」と心配になる一方で、「保険金を出すほうの保険会社の経営は大丈夫なんだろうか」とも考えたりする。
・エキサイトニュース

■損保各社ホームページより

●日新火災
(10/21) リスクマネジメントジャーナル「Safety Information」110号を発行しました

 <損保株価情報>(東証:2019/10/21)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,731 +31 +0.54% 1,240,000
SOMPOホールディングス   4,251 +49 +1.17%  637,600
MS&ADホールディングス   3,428 +3 +0.09%  696,700

日経平均株価   22,548.9 +56.22 +0.25%

 <金融庁・協会関連>

■各界からお祝いの言葉「真の安寧の実現を」「伝統の尊重に深く感銘」

 天皇陛下が国内外に即位を宣明される「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿の儀」が執り行われた22日、各界からお祝いの言葉が寄せられた。
・産経ニュース

■金融庁・協会ホームページより

●金融庁
(10/21) 「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策の現状と課題」(2019年9月)の公表について
(10/21) 「保険会社向けの総合的な監督指針」の一部改正(案)に対するパブリックコメントの結果等の公表について

 <生保関連>

■第一生命 長崎県と連携協定 営業員ら地域活動支援

 第一生命保険は21日、地域活性化と県民サービスの向上を推進するための包括連携協定を県と結んだ。全都道府県で32例目。同社はこれまでに、県と「がん検診」「高齢者見守り」「女性活躍」の連携協定を締結しており、さらに分野を広げ、健康増進など10の連携事項を挙げた。
・長崎新聞

■生保各社ホームページより

●太陽生命
(10/21) 太陽生命くつきの森林『どんぐりプロジェクト』の実施について

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

■Microsoft、ファームウェア防衛イニシアチブ「Secured-core PC」立ち上げ

 米Microsoftは10月21日(現地時間)、ファームウェア攻撃からPCを守るイニシアチブ「Secured-core PC」を発表した。IntelやAMDなどのプロセッサメーカーおよびDellやLenovoなどのPCメーカーと協力し、新しいデバイスセキュリティ要件を設計した。
・ITmedia

■Windows Virtual Desktop の一般提供を全世界で開始

 Windows Virtual Desktop は、シンプルな管理、Windows 10 マルチセッション、Office 365 ProPlus に合わせた最適化、そして Windows Server リモート デスクトップ サービス (RDS) デスクトップとアプリのサポートを実現する唯一のサービスです。Windows Virtual Desktop を利用すれば、Windows のデスクトップやアプリを数分で Azure に展開してスケーリングできます。
・Microsoft 365 Blog


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2019年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。