ホーム > 2019年, ニュース > 保険デイリーニュース(11/21)

保険デイリーニュース(11/21)

 本日の主なニュース

・損保大手3グループ、台風で保険金支払1兆円規模へ 通期業績予想を下方修正
・損保の災害向け準備金、2年で半減 安定経営にきしみ
・SOMPO HDと米パランティアが共同で日本法人を設立
・三井住友海上、英保険子会社で1700億円減損
・「これから注力するのはRisTech」MS&AD CDO 舩曵 真一郎氏に聞く
・MS&AD、グループ総合力の発揮と海外事業の強化で世界トップ水準を目指す
・台風15号、車両保険の支払総額は160億円超…日本損害保険協会発表
・Microsoft「Office365」で再び障害
・73%がパブリッククラウドからオンプレミスに回帰 Nutanix調査

 <損保関連>

■損保大手3グループ、台風で保険金支払1兆円規模へ 通期業績予想を下方修正

 損害保険大手3グループの令和元年9月中間連結決算が19日、出そろった。昨年9月に台風21号の被害のあった前年同期に比べ、自然災害による保険金支払額が少なかったことが寄与し、全社が大幅な増益となった。
・SankeiBiz
・ダイヤモンド・オンライン
・NHK NEWS WEB

■損保の災害向け準備金、2年で半減 安定経営にきしみ

 相次ぐ大型の自然災害が損害保険会社の経営を揺さぶっている。損保大手3グループをみると、巨大な台風などによって大規模な保険金の支払いに備える火災保険の「異常危険準備金」が急減し、2020年3月期末で4千億円弱、2年前に比べて半減する見通しだ。
・日本経済新聞

■SOMPO HDと米パランティアが共同で日本法人を設立

 SOMPOホールディングスと米Palantir Technologiesは11月18日、ビッグデータ解析ソフトウェアプラットフォーム事業を展開する新会社「Palantir Technologies Japan」を共同で設立し、日本で事業を展開することに合意したと発表した。
・ZDNet Japan

■三井住友海上、英保険子会社で1700億円減損

 三井住友海上火災保険は19日、英保険子会社のMSアムリンで2020年3月期に1754億円の減損損失を計上すると発表した。海外事業の再編に伴い、分野別の保険事業の資産価値を見直し、収益性が低い事業で損失を計上する。
・日本経済新聞

■「これから注力するのはRisTech」MS&AD CDO 舩曵 真一郎氏に聞くこれからの保険の役割

 中期経営計画「Vision 2021」に「デジタライゼーションの推進」を掲げ、デジタル変革に積極的に取り組むMS&ADインシュアランスグループホールディングス。
・ビジネス+IT

■MS&AD、グループ総合力の発揮と海外事業の強化で世界トップ水準を目指す

 MS&ADインシュアランスグループホールディングスの三井住友海上とあいおいニッセイは11日、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用したロードサービスの提供を開始したと発表した。
・財経新聞

■損保各社ホームページより

●東京海上ホールディングス
(11/19) 2020年3月期中間決算記者会見資料
(11/19) 剰余金の配当および自己株式取得の決定に関するお知らせ~機動的な資本政策の遂行を目的とした株主還元~
(11/19) 東京海上グループの2019年度修正予想(修正純利益ベース)について
(11/19) 2020年3月期第2四半期(中間期)決算短信〔日本基準〕(連結)

●SOMPOホールディングス
(11/19) 2020年3月期第2四半期決算発表について
(11/19) 人事異動に関するお知らせ

●損保ジャパン日本興亜
(11/20) 2019年11月20日東京モード学園との産学連携プロジェクト~「贈るほけん」アイデア創出の取組みについて~
(11/20) 令和元年(第4回)「ひょうご女性の活躍企業表彰」受賞決定

●MS&ADホールディングス
(11/19) 四半期報告書-第12期第2四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)
(11/19) 自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ
(11/19) 三井住友海上における海外事業の組織再編および業績への一時的な影響(特別損失)に関するお知らせ
(11/19) 2019年9月 中間期 決算説明資料
(11/19) コーポレート・ガバナンスに関する報告書
(11/19) 2020年3月期 第2四半期 (中間期) 決算短信 [日本基準] (連結)

 <損保株価情報>(東証:2019/11/20)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,934 +59 +1.00% 1,690,100
SOMPOホールディングス   4,417 +75 +1.73% 1,582,700
MS&ADホールディングス   3,515 -20 -0.57% 2,111,500

日経平均株価   23,148.57 -144.08 -0.62%

 <金融庁・協会関連>

■台風15号、車両保険の支払総額は160億円超…日本損害保険協会発表

 日本損害保険協会は、令和元年台風15号(9月9日)による災害に係る車両保険(商品車含む)の支払保険金が11月5日時点で160億2475万6000円となったことを発表した。
・レスポンス

■金融庁・協会ホームページより

●日本損害保険協会
(11/19) 令和元年台風15号、台風19号および10月25日の大雨による災害に係る各種損害保険の事故受付件数等について
(11/19) 第9回保険金不正請求防止事案担当者表彰式を開催

 <生保関連>

■生保各社ホームページより

●明治安田生命
(11/19) 2019-2021年度経済見通しについて

●損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
(11/19) 2019年度第2四半期(上半期)業績のお知らせ

●三井住友海上あいおい生命
(11/19) 2019年度 第2四半期(上半期)業績のお知らせ

●三井住友海上プライマリー生命
(11/19) 2019年度 上半期業績のお知らせ

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

■Microsoft「Office365」で再び障害

 クラウドで業務用ソフトを使う米マイクロソフトの「オフィス365」で20日、メールシステムやチャットなど複数のサービスでつながりにくい障害が発生した。同社は原因を調査中という。
・日本経済新聞
・CNET Japan

■73%がパブリッククラウドからオンプレミスに回帰 Nutanix調査

 Nutanixが発表した企業のクラウド導入動向に関する調査「Nutanix Enterprise Cloud Index 2019」によると、一部のアプリケーションをパブリッククラウドから再度オンプレミスに移行させていた回答者が73%に上った。
・@IT


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2019年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。