ホーム > 2019年, ニュース > 保険デイリーニュース(12/18)

保険デイリーニュース(12/18)

 本日の主なニュース

・対話アプリで保険プレゼント、LINEと損保ジャパン
・CASE・MaaS時代に自動車保険はどう変わる?あいおいニッセイ
・東京海上日動、専門人材地域にも 21年新卒入社から地域限定社員にも枠拡大
・取引先の弱さを気にする企業が増えている、損害保険ジャパン日本興亜に聞く
・麻生氏、早期再開を否定 かんぽの保険商品販売
・かんぽ調査報告 不適切販売「黙認される風土が形成」
・自然災害とサイバー攻撃–歴史で探る日本が「たたかれても強い」理由

 <損保関連>

■対話アプリで保険プレゼント、LINEと損保ジャパン

 LINEと損害保険ジャパン日本興亜は、企業がスマートフォンの画面上で顧客に保険を無償で贈れるサービスを18日に始める。顧客が企業のサービスを使うことなどを条件に、1日単位で契約する傷害保険などに入れるようにする。
・日本経済新聞
・ケータイ Watch

■CASE・MaaS時代に自動車保険はどう変わる?あいおいニッセイ IT統括部長 沼田氏が答える

 自動車ビジネスは、今、ITの技術革新を背景にしたCASE(Connected、Autonomous、Shared&Services、Electric)、さらにMaaS(Mobility as a Service)によって、他業界を巻き込みながら急速に膨張しつつある。
・ビジネス+IT

■東京海上日動、専門人材地域にも 21年新卒入社から地域限定社員にも枠拡大

 東京海上日動火災保険は来年6月に選考を始める2021年入社の新卒採用で、勤務地を限定する総合職の地域社員に、専門性が高く、あらかじめ特定の職務への配属を明確にした専門人材枠を新たに設ける。
・SankeiBiz

■取引先の「弱さ」を気にする企業が増えている、損害保険ジャパン日本興亜に聞くサイバー保険の動向

 それ以前も、個人情報保護法が成立した2003年ごろから個人情報漏洩の損害を補償する保険はあったが、セキュリティーに対する関心の高まりを受けて、 …
・日経 xTECH Active

■損保各社ホームページより

●東京海上日動
(12/18) 京都大学と東京海上日動 台風被害に関する研究のお知らせ
(12/17) 国内劣後特約付社債の発行について

●損保ジャパン日本興亜
(12/18) LINE ほけん、企業から保険がもらえるお得な新サービス「REWARD ほけん」を本日より提供開始

●あいおいニッセイ同和損保
(12/18) ドイツAutohaus誌の自動車ブランド保険評価で7年連続1位を獲得
(12/18) 公式ホームページでチャットボットサービスを開始

 <損保株価情報>(東証:2019/12/17)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   6,185 -27 -0.43% 1,696,800
SOMPOホールディングス   4,414 -13 -0.29%  689,200
MS&ADホールディングス   3,708 -15 -0.40% 1,083,600

日経平均株価   23,934.43 -131.69 -0.55%

 <金融庁・協会関連>

■麻生氏、早期再開を否定 かんぽの保険商品販売

 麻生太郎金融相は18日の臨時閣議後の記者会見で、かんぽ生命保険の不適切販売をめぐる問題について「不利益を被った顧客への対応に答えを出さなければどうにもならない」と述べ、同社の保険商品販売の早期再開に否定的な見方を示した。
・時事通信

■金融庁・協会ホームページより

●金融庁
(12/17) 主要生損保の令和元年9月期決算の概要をの公表について

●日本損害保険協会
(12/17) 令和元年9月中間期 損保決算概況について

 <生保関連>

■かんぽ調査報告 不適切販売「黙認される風土が形成」

 日本郵政グループが設置した特別調査委員会は18日、かんぽ生命保険の不適切販売問題の調査報告書を公表した。15日時点で670件を法令や社内規定に違反した契約と認定した。違反の疑いがある契約は1万2836人にのぼる。
・産経ニュース
・日本経済新聞

■生保各社ホームページより

●かんぽ生命
(12/18) 日本郵政グループにおけるご契約調査の結果及び今後の取組について
(12/18) 「かんぽ生命保険契約問題 特別調査委員会」からの報告について

●住友生命
(12/17) 2019年の世相を反映した『創作四字熟語』50編
(12/17) 30周年記念『創作四字熟語』で振り返る30年

●チューリッヒ生命
(12/18) 日本法人への会社形態の変更について

 <セキュリティ関連>

■自然災害とサイバー攻撃–歴史で探る日本が「たたかれても強い」理由

 「令和元年」は、一生忘れない年になるだろうが、世間を象徴したのは200カ国近くのVIPが参加した新天皇の即位の儀式はもちろん、インパクトとしては9月と10月に相次いで関東地方に上陸した台風15号と19号がトップかもしれない。
・ZDNet Japan

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2019年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。