ホーム > 2020年, ニュース > 保険デイリーニュース(02/03)

保険デイリーニュース(02/03)

 本日の主なニュース

・軽自動車の自動車保険料の実質値上げか!? 2020年より車両クラス分け制
・三井住友海上、新卒スカウト 21年入社から デジタル人材拡充狙う
・日本損害保険協会、「中小企業の経営者のサイバーリスク意識調査2019」
・かんぽ生命、6万の契約22万件を追加調査
・富国生命、がん研究ファンドに55億円
・生保協と銀行業界、外貨保険に販売資格
・認知症保険ランキング、発症前や軽度でも給付金が出る商品に注目
・NECにサイバー攻撃 防衛省関連ファイル約2万7000件に不正アクセス
・IPAが「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表
・個人情報保護委、次期法改正の骨子を公表

 <損保関連>

■軽自動車の自動車保険料の実質値上げか!? 2020年より車両クラス分け制を新たに導入

 損害保険各社は、自動車保険参考純率の変更を金融庁に昨年申請し、2020年1月1日より型式別料率クラスの変更を行ないました。これに伴い、自家用普通車・小型乗用車のクラス数が現行の9から17に増え、これまでクラス分けをして  …
・Yahoo!ニュース

■三井住友海上、新卒スカウト 21年入社から デジタル人材拡充狙う

 三井住友海上火災保険は、6月に選考を開始する2021年入社の新卒採用に、企業側から学生に直接アプローチして応募を促す「スカウト」型採用を導入する。理系学生に特化したスカウト採用サービスを活用し、高い専門性が求められ …
・SankeiBiz

■損保各社ホームページより

●SOMPOホールディングス
(01/31) 駐車場シェアリング事業『akippa』の全国展開開始 ~カーナビアプリとの連携による利便性の向上~

●MS&ADホールディングス
(01/31) 自己株式の取得状況および取得終了に関するお知らせ
(01/31) 東北大学大学院国際文化研究科における寄附講義の開講について

●三井住友海上
(01/30) ~大規模自然災害が発生した際の避難行動をサポート~スマートフォン向け無料アプリ「スマ保 災害時ナビ」「ハザードマップ表示機能」と「防災情報翻訳機能」を追加

●アメリカンホーム
(01/31) 「お客さま本位の業務運営方針」に基づく取組状況について(2019年度)

 <損保株価情報>(東証:2020/01/31)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,985 -7 -0.12% 1,613,700
SOMPOホールディングス   4,133 +16 +0.39% 774,000
MS&ADホールディングス   3,657 -7 -0.19% 1,222,700

日経平均株価   23,205.18 +227.43 +0.99%

 <金融庁・協会関連>

■日本損害保険協会、「中小企業の経営者のサイバーリスク意識調査2019」を発表

 日本損害保険協会は1月28日、2020年2月の「サイバーセキュリティ月間」に向けて、「中小企業の経営者のサイバーリスク意識調査2019」を発表した。
・SecurityInsight

 <生保関連>

■かんぽ生命、6万の契約22万件を追加調査

 かんぽ生命保険の不正販売について、日本郵政は31日、業務改善計画を公表し、不利益を受けた可能性がある顧客がさらに約6万人増え、契約内容を追加調査すると発表した。
・産経ニュース
・日本経済新聞

■富国生命、がん研究ファンドに55億円

 富国生命保険は診断や治療などがんの研究開発に取り組む世界の企業に投資するファンドに55億円を投資する。高齢化で世界的にがん患者は増え、関連市場の拡大が見込まれている。新技術への期待も大きく、投資効果が大きいと判断した。
・日本経済新聞

■生保協と銀行業界、外貨保険に販売資格

 生保協と銀行業界、外貨保険に販売資格 … 生命保険協会は外貨建て保険の販売を担う銀行業界との間で、販売員を対象とする販売資格を創設する方向で …
・日本経済新聞

■認知症保険ランキング、発症前や軽度でも給付金が出る商品に注目

 介護状態になる最大の要因が認知症だ。2025年には65歳以上の認知症患者数は700万人を超えると予測されている。それに応じて保険商品の開発が活発で、認知症を発症する前段階から給付金が出る商品も登場。
・ダイヤモンド・オンライン

■生保各社ホームページより

●明治安田生命
(01/31) 明治安田生命 新作CM「みんなの健活 『MCIって何?』」篇を放映開始!

●住友生命
(01/31) 給付金自動請求実現へ向けブロックチェーン技術活用の実証実験を開始

●フコク生命
(01/31) オンコロジー・インパクト・グローバル株式ファンドへの投資について

●太陽生命
(01/31) 人事異動について

●SOMPOひまわり生命
(01/31) 変額保険の運用実績(12月)を公開しました

●かんぽ生命
(01/31) 業務改善計画について

 <セキュリティ関連>

■NECにサイバー攻撃 防衛省関連ファイル約2万7000件に不正アクセス

 NECは1月31日、同社が防衛事業部門で使っている社内サーバが、2016年から第三者によるサイバー攻撃を受けていたと発表した。防衛省との取引に関する情報を含む約2万7000件のファイルに不正アクセスされたが、情報流出などの被害は確認されなかったとしている。
・ITmedia

■IPAが「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表

 IPAは「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表した。個人の1位は「スマホ決済の不正利用」。組織の1位は「標的型攻撃による機密情報の窃取」。組織の6位には、7年ぶりに「予期せぬIT基盤の障害に伴う業務停止」が復活ランクインした。
・@IT

■個人情報保護委、次期法改正の骨子を公表

 個人情報保護委員会は2019年11月29日、個人情報保護法の次期改正に向けて制度改正大綱の骨子を公表した。同委員会は年内に次期法改正の大綱をまとめてパブリックコメント(意見募集)を実施する。
・日経 xTECH Active

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・メルマ!(配信解除もこちらから)
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2020年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。