ホーム > 2020年, ニュース > 保険デイリーニュース(02/18)

保険デイリーニュース(02/18)

 本日の主なニュース

・「リアルタイムに保険料計算」、米あいおいニッセイの革新的自動車保険とは
・ペーパーレス証券・約款で植林支援
・新型肺炎、企業の損害補償は限定的
・生保、超長期債へシフト 新規制視野 リスク抑制策
・守勢のアフラックが代理店に「禁じ手」 大手生保と対立
・厚労省『会議はスカイプなど活用を』 不要不急の外出自粛、新型肺炎で検討

 <損保関連>

■「リアルタイムに保険料計算」、米あいおいニッセイの革新的自動車保険とは

 米あいおいニッセイは、あいおいニッセイ同和損害保険(MS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下。2010年に、あいおい損保とニッセイ同和損保が合併)の“イノベーション”を担う子会社であるという。
・ビジネス+IT

■ペーパーレス証券・約款で植林支援

 あいおいニッセイ同和損害保険は昨年8月、北海道美幌町が進める植林計画を支援する活動をスタートした。保険契約者がペーパーレス保険証券とWeb約款を選んだ件数に応じて、地方公共団体やNPO法人などに寄付する社会貢献活動の一環。
・SankeiBiz

■新型肺炎、企業の損害補償は限定的

 新型コロナウイルスの肺炎に伴う損害は、企業と個人で保険会社の補償範囲が大きく異なることになりそうだ。コロナウイルスによる損害は企業の保険契約では明記されていないことが多く、閉店や操業停止の損失は大半が補償の対象外になる。
・日本経済新聞

■損保各社ホームページより

●日新火災
(02/17) リスクマネジメントジャーナル「Safety Information」111号を発行しました

 <損保株価情報>(東証:2020/02/17)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   6,113 -27 -0.44% 1,216,200
SOMPOホールディングス   4,332 +104 +2.46% 1,208,600
MS&ADホールディングス   3,742 -17 -0.45%  930,500

日経平均株価   23,523.24 -164.35 -0.69%

 <金融庁・協会関連>
 <生保関連>

■生保、超長期債へシフト 新規制視野 リスク抑制策

 生命保険会社が投資先を外債から国内の超長期債にシフトしている。新型肺炎の感染拡大などに伴う世界経済の下振れ懸念から金利が低下しているためで、足元の外債の売り越し幅は過去最高水準に達している。
・日本経済新聞

■守勢のアフラックが代理店に「禁じ手」 大手生保と対立

 「保険ショップ」と呼ばれ、存在感を増す保険の乗り合い代理店。顧客にとっては、複数の会社の商品を比べ、自分に合ったものを選べるのが利点だ。
・朝日新聞

■生保各社ホームページより

●日本生命
(02/17) お客様本位の業務運営に関する2019年度取組結果について

●エヌエヌ生命
(02/17) 2019年度 第3四半期決算報告

●チューリッヒ生命
(02/17) 2019年度第3四半期業績のご報告

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

■厚労省『会議はスカイプなど活用を』 不要不急の外出自粛、新型肺炎で検討

 新型コロナウイルスによる肺炎をめぐり、厚生労働省は2月16日、同日開催した専門家会議の第一回会合の詳細を説明する記者会見を開きました。 会見によると、専門家会議では『(国民の)不要不急な集まりの自粛を検討する必要がある』などの合意がなされたとのこと。
・Engadget Japan


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2020年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。