ホーム > 2020年, ニュース > 保険デイリーニュース(02/25)

保険デイリーニュース(02/25)

 本日の主なニュース

・大手損保 火災保険の10年契約廃止へ 災害相次ぎ収支悪化
・AIG、海外旅行保険で新自販機 キャッシュレス専用に
・セゾン自動車火災、LINEを活用した「おくるま撮影サポート」サービスを開始
・興行中止保険 新型肺炎は補償外 主催者は泣き寝入りか
・外貨建て保険の資格創設、生保協が発表
・かんぽ生命、4万人に特約の内容変更の通知を誤送付
・かんぽ生命社長「信頼回復が最優先」 商品販売再開時期を明言せず
・住友生命、「健康増進で保険料割引」の商品開発舞台裏
・国内組織を狙う新型マルウェア「LODEINFO」出現–JPCERT/CCが注意喚起
・三菱電機、「情報流出」「過労自殺」が相次ぐ事情

 <損保関連>

■大手損保 火災保険の10年契約廃止へ 災害相次ぎ収支悪化

 大手の損害保険会社は、今後、10年契約の火災保険をなくして5年契約に変える方針です。台風や大雨などの災害が相次いで保険金の支払いが巨額に上り収支が悪化しているため、契約期間を短くして保険料の値上げなどをしやすくするねらいがあります。
・NHK NEWS WEB

■AIG、海外旅行保険で新自販機 キャッシュレス専用に

 AIG、海外旅行保険で新自販機 キャッシュレス専用に … AIG損害保険は2022年までに空港に置く海外旅行保険の自動販売機を、キャッシュレス決済専用に…
・日本経済新聞

■セゾン自動車火災、LINEを活用した「おくるま撮影サポート」サービスを開始

 セゾン自動車火災保険は、ダイレクト型損保初となる、「LINE」を活用して車の損害写真を送信できる「おくるま撮影サポート」サービスを2月20日から開始した。
・レスポンス

■興行中止保険 新型肺炎は補償外 主催者は泣き寝入りか

 ただ、保険金が支払われる条件は、台風や豪雨といった悪天候や、交通機関の事故、出演者の病気やけがによる出演取りやめなど、「被害とリスクの規模がある程度予測できる」(大手損保)場合に限られる。
・産経ニュース

■損保各社ホームページより

●東京海上ホールディングス
(02/21) 役員、部長に関する人事異動のお知らせ

●東京海上日動
(02/21) 役員、理事および部店長に関する人事異動のお知らせ

●三井住友海上
(02/20) デマンド交通を利用した「相乗り通勤」の実証実験を開始

●あいおいニッセイ同和損保
(02/21) 新型コロナウイルス(COVID-19)対策活動への寄付について

 <損保株価情報>(東証:2020/02/21)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   6,269 +143 +2.33% 2,170,800
SOMPOホールディングス   4,387 +20 +0.46%  805,200
MS&ADホールディングス   3,748 +10 +0.27% 1,295,900

日経平均株価   23,386.74 -92.41 -0.39%

 <金融庁・協会関連>

■外貨建て保険の資格創設、生保協が発表

 生命保険協会は21日、外貨建て保険の販売資格を創設すると正式発表した。2020年10月から試験を開始し、22年4月をめどに試験に合格した有資格者に販売を限る方向だ。
・日本経済新聞

■金融庁・協会ホームページより

●金融庁
(02/19) 新型コロナウイルス感染症の国内感染拡大防止に係る対応の公表について

 <生保関連>

■かんぽ生命、4万人に特約の内容変更の通知を誤送付

 かんぽ生命保険は21日、保険の特約内容の変更に関する通知を、契約をしていない約4万人に誤って送付したと発表した。誤送付した先は、保険を申し込んだが病歴などを理由に契約できなかった顧客などで、個人情報の流出などはないという。
・産経ニュース

■かんぽ生命社長「信頼回復が最優先」 商品販売再開時期を明言せず

 かんぽ生命保険の千田哲也社長が、1月の就任後初めてフジサンケイビジネスアイなどのインタビューに応じ、「2020年度は(保険商品を)顧客に売っていく年ではない」との考えを示した。
・SankeiBiz

■住友生命、「健康増進で保険料割引」の商品開発舞台裏

 2月のある日、住友生命保険の営業職員である高橋美香さんは、上司と顧客リストを眺めながら、今後の営業予定を話し合った。1000人以上の顧客を抱える高橋さんは、社内でも指折りの成績をあげる営業職員だが、最近さらにやる気が高まっているという。
・日経ビジネス電子版

■生保各社ホームページより

●第一生命
(02/21) 2020年4月1日付 第一生命保険株式会社における組織改編ならびに人事異動

●明治安田生命
(02/21) 2020年度「明治安田生命Jリーグウォーキングプログラム」を始動!~JリーグやJクラブと協働し、地域のみなさまの健康づくりをサポートする専用アプリを展開~
(02/20) 2020-2021年度経済見通しについて

●東京海上日動あんしん生命
(02/21) 役員、理事および部長に関する人事異動のお知らせ

 <セキュリティ関連>

■国内組織を狙う新型マルウェア「LODEINFO」出現–JPCERT/CCが注意喚起

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月20日、国内組織を狙う新たなマルウェア「LODEINFO」への注意を呼び掛けた。情報の窃取や不正プログラムの実行などの機能を持つという。
・ZDNet Japan

■三菱電機、「情報流出」「過労自殺」が相次ぐ事情

 三菱電機は2月10日夜、社内ネットワークが外部からのサイバー攻撃を受けた問題で、これまで流出していないと説明していた、防衛に関する重要な情報が流出した可能性があると発表した。
・東洋経済オンライン

 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2020年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。