ホーム > 2020年, ニュース > 保険デイリーニュース(02/26)

保険デイリーニュース(02/26)

 本日の主なニュース

・「空飛ぶクルマ」開発企業と提携 三井住友海上、保険開発へ
・デジタル時代に損害保険会社に期待される役割は?
・三井住友海上火災保険・原典之社長の講評
・サイバー保険の普及阻む「ベネッセの呪縛」
・生保、新型肺炎対応急ぐ 保険金支払い速やかに
・第一生命がチャットボット導入、顧客対応を迅速に
・片岡一則・オリックス生命社長に聞く「直販チャネルの中身」
・「決められない」生保の担当者がやらかした、AI導入の行き詰まり

 <損保関連>

■「空飛ぶクルマ」開発企業と提携 三井住友海上、保険開発へ

 三井住友海上火災保険は25日、垂直に離着陸できる電動の「空飛ぶクルマ」の機体開発を進めるドイツのベンチャー企業、ボロコプターに約10億円を出資するとともに、業務提携したと発表した。
・共同通信

■デジタル時代に損害保険会社に期待される役割は?

 原社長の提示した「デジタル時代に損害保険会社に期待される役割は?」という課題に対し、多数の投稿をいただきました。紙面掲載分を含めて、当コーナーでその一部を紹介します。
・日本経済新聞

■三井住友海上火災保険・原典之社長の講評

 「デジタル時代に損害保険会社に期待される役割は?」という問いかけに対し、多数のご提案をいただき、ありがとうございました。現代の社会が直面しているリスクだけでなく、今後の社会の発展に伴って生じると思われる …
・日本経済新聞

■損保各社ホームページより

●MS&ADホールディングス
(02/25) 特定子会社の異動に関するお知らせ
(02/25) Volocopter GmbHとの「空飛ぶクルマ」事業に関する業務提携について

●三井住友海上
(02/25) Volocopter GmbHとの「空飛ぶクルマ」事業に関する業務提携について

●あいおいニッセイ同和損保
(02/25) Toyota Insurance Management Solutions USA ,LLCが米国大手保険会社Nationwide社と共同で運転挙動反映型テレマティクス自動車保険「BrightDrive」を開発

 <損保株価情報>(東証:2020/02/25)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   6,121 -148 -2.36% 3,040,400
SOMPOホールディングス   4,218 -169 -3.85% 1,653,900
MS&ADホールディングス   3,644 -104 -2.77% 1,764,700

日経平均株価   22,605.41 -781.33 -3.34%

 <金融庁・協会関連>

■サイバー保険の普及阻む「ベネッセの呪縛」

 日本損害保険協会は1月末、中小企業がサイバー攻撃に備える保険について調査を発表した。サイバー保険の加入率は同保険を知っている中小企業でも6.9%。
・日本経済新聞

■金融庁・協会ホームページより

●金融庁
(02/25) 「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を踏まえた対応について

●日本損害保険代理業協会
(02/25) 日本代協ニュース第320号の発行

 <生保関連>

■生保、新型肺炎対応急ぐ 保険金支払い速やかに

 生命保険各社は新型コロナウイルスによる肺炎拡大への対応を急ぐ。肺炎になって治療を受けたり、入院したりした場合、他の病気と同じように医療保険の対象になるためで、請求があれば速やかに保険金を支払う方針だ。
・東京新聞

■第一生命がチャットボット導入、顧客対応を迅速に

 第一生命保険は顧客からの契約手続きなどの問い合わせに対し、人工知能(AI)によるチャットボット(自動応答システム)を3月に導入する。従来は顧客から問い合わせを受けた営業職員が事務の担当者に回答を確認 …
・日本経済新聞

■片岡一則・オリックス生命社長に聞く「直販チャネルの中身」

 オリックス生命といえば、かつて逓増定期保険など法人向けに強い生保だったが、2006年に医療保険、CURE(キュア)を発売して以降、急速に個人マーケット主体にかじを切った。保険料が安くて競争力が高いCUREシリーズが爆発的に …
・ダイヤモンド・オンライン

■生保各社ホームページより

●フコク生命
(02/25) 2020年3月26日付 人事異動について
(02/25) 2020年4月1日付 機構改正および役員人事について

●フコクしんらい生命
(02/25) 機構改定、役員異動(内定)のお知らせ

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

■「決められない」生保の担当者がやらかした、AI導入の行き詰まり

 ビジネスにおいてKPI(重要業績評価指標)は不可欠だ。目標の達成度を客観的に評価するためにも、KPIの明確化は重要である。では、AI(人工知能)を導入する場合のKPIは、どのように決定すべきなのか。
・ビジネス+IT


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2020年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。