ホーム > 2020年, ニュース > 保険デイリーニュース(03/09)

保険デイリーニュース(03/09)

 本日の主なニュース

・大規模災害の被害調査を迅速化するシステムを構築–東京海上とキヤノンMJ
・同行者や家族にも適用 新型肺炎で旅行保険需要が急増
・イベント中止も補償なし、「中止保険」北海道は加入進まず
・ドラレコ映像提供で協定 県警と損保ジャパン
・三井住友海上あいおい生命、無料で介護相談 契約者家族も対象
・生保が資金繰り支援、金利ゼロで貸し付け コロナ問題で契約者に
・新型コロナウイルス感染症の生命保険等での取り扱いは?
・東京海上日動が企業のサイバーセキュリティ情報サイト、AI活用し記事収集
・テレワークの導入を成功させるために会社として許可するか否かを決める条件
・64.2%がテレワーク中に紙書類の確認や捺印などでやむなく出社

 <損保関連>

■大規模災害の被害調査を迅速化するシステムを構築–東京海上とキヤノンMJ

 東京海上日動火災保険とキヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)グループは3月6日、大規模な自然災害が発生した際の被害調査の対応を迅速化する「広域災害立会管理システム(ARO:Appointment&Route Optimizer)」の新機能を開発したと発表した。
・ZDNet Japan
・All About NEWS

■同行者や家族にも適用 新型肺炎で旅行保険需要が急増

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、急病などを理由に旅行や宿泊をキャンセルした際の料金を補償する保険の需要が急増している。全国規模でイベントの中止が相次いでいることも拍車をかけ、問い合わせ件数が通常時に比べ5倍に上った …
・産経ニュース

■イベント中止も補償なし、「中止保険」北海道は加入進まず

 新型コロナウイルスの感染拡大で大規模イベントが続々と中止され、損害保険各社が販売してきた「興行中止保険」に注目が集まっている。ただ、感染症は戦争や地震と並んで補償の対象外。
・日本経済新聞

■ドラレコ映像提供で協定 県警と損保ジャパン

 鳥取県警と損保ジャパン日本興亜は4日、包括連携協定を締結した。事故発生時、同社が特約保険加入者に対して提供しているドライブレコーダーの録画映像を、事故の原因解明や捜査に活用する。
・日本海新聞

■損保各社ホームページより

●東京海上ホールディングス
(03/05) HCC Insurance Holdings, Inc.社による保険総代理店GCube社の買収合意について

●東京海上日動
(03/06) 運送事業者向け「認証取得支援サービス」の提供開始
(03/06) 広域災害における立会調査予約機能の開発
(03/04) サイバーセキュリティ情報発信サイト「Tokio Cyber Port」の開設

●MS&ADホールディングス
(03/06) ~第22回 日経アニュアルリポートアウォード2019~ 「MS&AD統合レポート」が「準グランプリ」の表彰を受けました
(03/05) 2020年2月月次成績速報を掲載しました

 <損保株価情報>(東証:2020/03/06)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   5,350 -163 -2.96% 2,396,500
SOMPOホールディングス   3,623 -182 -4.78% 1,965,100
MS&ADホールディングス   3,233 -94 -2.83% 1,567,900

日経平均株価   20,749.75 -579.37 -2.72%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●金融庁
(03/06) 新型コロナウイルス感染症の影響拡大を踏まえた事業者の資金繰り支援について麻生財務大臣兼金融担当大臣談話の公表について
(03/05) 「経済価値ベースのソルベンシー規制等に関する有識者会議」(第9回)の開催について

 <生保関連>

■三井住友海上あいおい生命、無料で介護相談 契約者家族も対象

 三井住友海上あいおい生命保険は4日、介護や認知症に関する無料の相談サービスを4月1日から開始すると発表した。新サービスは「介護すこやかデスク」で、同社の保険の契約者や被保険者、家族が利用できる。
・日本経済新聞

■生保が資金繰り支援、金利ゼロで貸し付け コロナ問題で契約者に

 新型コロナウイルスの感染が広がるなか、生命保険会社が契約者である中小企業の資金繰りを支援する動きが出てきた。中小企業向け保険が主力のエヌエヌ生命保険は5日、契約者への貸付金利をゼロ%にしたと発表した。
・日本経済新聞

■新型コロナウイルス感染症の生命保険等での取り扱いは?

 感染者の約8割は軽症ですむものの約2割は重症・重篤化するといわれる新型コロナウイルス感染症で万が一のことがあった場合、生命保険等の取り扱いはどうなるのでしょうか。
・マイナビニュース

■生保各社ホームページより

●SOMPOひまわり生命
(03/06) 人事異動のお知らせ
(03/06) 通信販売商品の「申込書・告知書の記入のしかた動画」掲載スタート

 <セキュリティ関連>

■東京海上日動が企業のサイバーセキュリティ情報サイト、AI活用し記事収集

 東京海上日動火災保険は3月4日、企業のサイバーセキュリティに関する情報を発信する総合情報ポータルサイト「Tokio Cyber Port」(URL:https://tokiocyberport.tokiomarine-nichido.co.jp/cybersecurity/s/)を開設したと発表した。
・Yahoo!ニュース

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■テレワークの導入を成功させるために会社として許可するか否かを決める条件

 最近は新型コロナウイルスの感染が拡大し、在宅勤務を始める動きがある。スムーズに導入するうえで注意すべきなのが、導入までのプロセスだ。ここで問題があると後々、トラブルになる場合がある。
・@DIME

■64.2%がテレワーク中に紙書類の確認や捺印などでやむなく出社-アドビが実態調査

 アドビシステムズは2020年3月4日、テレワーク勤務のメリットと課題についての調査結果を発表した。都内に勤務する過去3カ月以内にテレワーク勤務を経験したことのあるビジネスパーソン男女計500人を対象にインターネットで調査した。
・デジタルビジネスを加速する専門情報サイト IT Leaders


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2020年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。