ホーム > 2020年, ニュース > 保険デイリーニュース(05/14)

保険デイリーニュース(05/14)

 本日の主なニュース

・東京海上日動、ブロックチェーンで保険契約業務効率化へ=IIJ関連会社と
・ソニー損保の運転特性連動型自動車保険、Yahoo!カーナビの新機能と連携
・コロナ禍で営業自粛長期化 「対面」の価値問われる大手生保
・エヌエヌ生命、ネットで保険販売 コロナ後も継続検討

 <損保関連>

■東京海上日動、ブロックチェーンで保険契約業務効率化へ=IIJ関連会社と実証実験

 東京海上日動火災保険は13日、インターネットイニシアティブ(IIJ)の関連会社で暗号資産交換業者のディーカレット(東京都千代田区)と共同で、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を使った契約プロセスの自動化実証実験を行ったと発表した。
・リスク対策.com

■ソニー損保の運転特性連動型自動車保険、Yahoo!カーナビの新機能と連携

 ソニー損保はスマートフォン向けアプリ「Yahoo!カーナビ」の新機能と連携し、5月12日より、運転特性連動型自動車保険「GOOD DRIVE」専用サイトへの案内を開始した。
・レスポンス

■損保各社ホームページより

●東京海上日動
(05/13) ブロックチェーン技術を利用した保険契約における業務プロセスの自動化に関する実証実験を実施

●あいおいニッセイ同和損保
(05/13) アイデミーとテクノスデータサイエンス・エンジニアリングの業務提携によりリニューアルした「データサイエンティスト育成支援サービス」をあいおいニッセイ同和損保が導入

 <損保株価情報>(東証:2020/05/13)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,401 -151 -3.32% 3,300,600
SOMPOホールディングス   3,130 -113 -3.48% 1,319,400
MS&ADホールディングス   2,899 -110 -3.66% 2,002,300

日経平均株価   20,267.05 -99.43 -0.49%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●日本損害保険代理業協会
(05/13) 緊急事態宣言の延長に伴う損保代理店試験(CBT)の対応について

 <生保関連>

■コロナ禍で営業自粛長期化 「対面」の価値問われる大手生保

 緊急事態宣言の延長により、大手生保は保険の対面営業自粛の長期化を余儀なくされている。一部の営業活動で非対面を解禁する動きも出ているが、デジタル対応の遅れや複雑な商品を扱うため限界もある。
・日経ビジネス電子版

■エヌエヌ生命、ネットで保険販売 コロナ後も継続検討

 経営者向けの保険が主力のエヌエヌ生命保険は13日から、ネット上で保険への加入が完結できるようにした。同日に代理店向けに保険加入用のシステムを配布。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた特例措置だが、感染終息後の恒久化も検討する。
・日本経済新聞

■生保各社ホームページより

●第一生命
(05/13) 【インパクト投資】モジュラス株式会社への投資~医薬品の開発期間短縮・コスト削減を通じ、万人がアクセスしやすい医療の実現に貢献~

●SBI生命
(05/13) 2019年度決算(案)

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2020年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。