ホーム > 2020年, ニュース > 保険デイリーニュース(05/26)

保険デイリーニュース(05/26)

 本日の主なニュース

・パソコン破損や情報漏えい、テレワークのリスクに対応…三井住友海上など
・MS&AD、サイバーリスクの学習サービスを強化
・サイバー被害を補償 保険スタートアップが開く新市場
・生命保険の貸付制度 新型コロナで利用急増
・新型コロナで保険のオンライン加入が増加…各社商品を徹底比較

 <損保関連>

■パソコン破損や情報漏えい、テレワークのリスクに一括対応の保険…三井住友海上など

 三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は、在宅勤務などのテレワークを導入した企業の損害を補償する「テレワーク総合補償プラン」の販売を始めた。
・読売新聞

■MS&AD、サイバーリスクの学習サービスを強化

 MS&ADインシュアランスグループホールディングスの三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、MS&ADインターリスク総研は、サイバーリスクに関する従業員向け学習ツールのサービスを強化した。
・リスク対策.com

■サイバー被害を補償 保険スタートアップが開く新市場

 新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が広がるなか、サイバー攻撃のリスクが高まっている。企業は対策ソフトなどのセキュリティー技術に多くの費用をかける傾向にあるが、攻撃の被害を補償する「サイバー保険」 …
・日本経済新聞

■損保各社ホームページより

●損保ジャパン
(05/25) 企業のリスク対策に資する協業先をマッチングするサービス提携を開始 ~第一弾として「BCPマッチングサービス」の提供を開始~

 <損保株価情報>(東証:2020/05/25)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,475 +47 +1.06% 1,092,600
SOMPOホールディングス   3,479 +59 +1.73%  662,700
MS&ADホールディングス   2,973 +48 +1.64%  846,700

日経平均株価   20,741.65 +353.49 +1.73%

 <金融庁・協会関連>
 <生保関連>

■生命保険の貸付制度 新型コロナで利用急増

 生命保険の積立金を担保に保険会社から資金を借りる「契約者貸付」と呼ばれる制度の利用が、新型コロナウイルスの影響で急増しています。厳しい資金繰りに直面する中小企業の利用が多く、生保各社は特別に利息をゼロにして利用を促しています。
・NHK NEWS WEB

■新型コロナで保険のオンライン加入が増加…各社商品を徹底比較、選ぶ際の3つの注意点

 そして、ライフステージに変化が生じた場合、新しく保険に加入したり、見直したりする好機でもある。ところが新型コロナの感染が収まらない今、保険の対面販売ができない状態が続いている。
・Business Journal

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2020年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。