ホーム > 2020年, ニュース > 保険デイリーニュース(06/08)

保険デイリーニュース(06/08)

 本日の主なニュース

・あいおい損保、被害予測サイトの機能追加
・新型コロナ禍だからこそメールの不審URL・不審ファイルに警戒すべき理由
・コロナ禍の在宅勤務報道を見て気づいた抜け落ちている大事な視点

 <損保関連>

■あいおい損保、被害予測サイトの機能追加

 あいおいニッセイ同和損害保険は5日、昨年6月に公開したリアルタイム被害予測サイトに、台風上陸前から建物被害を予測できる機能を追加したと発表した。迅速な保険金支払いや、利用者の防災、減災の取り組みに活用する。
・時事通信

■損保各社ホームページより

●東京海上日動
(06/05) 【お詫び】超保険 ご家族生活支援サービスに関するシステム障害について

●損保ジャパン
(06/05) 働き方に関する意識調査を実施~在宅勤務を経験した7割の方が従来の働き方からの脱却を志向~

●あいおいニッセイ同和損保
(06/05) 「手話・筆談通訳サービス」を開始
(06/05) リアルタイム被害予測ウェブサイト「cmap.dev (シーマップ)」の新機能について

 <損保株価情報>(東証:2020/06/05)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,891 +40 +0.82% 3,996,200
SOMPOホールディングス   3,740 +9 +0.24% 1,689,800
MS&ADホールディングス   3,229 +59 +1.86% 1,803,600

日経平均株価   22,863.73 +167.99 +0.74%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより

●日本損害保険協会
(06/05) 損害保険登録鑑定人試験用参考教材の販売について

 <生保関連>

■生保各社ホームページより

●太陽生命
(06/05) 太陽生命、「大阪府住宅供給公社」が発行する「ソーシャルボンド」への投資について~ESG投融資を通じたSDGsへの貢献~

●SOMPOひまわり生命
(06/05) 新しい働き方にチャレンジ!生産性評価制度の導入

 <セキュリティ関連>

■新型コロナ禍だからこそメールの不審URL・不審ファイルに警戒すべき理由

 新型コロナウイルス感染症に乗じるランサムウェア攻撃が増加し、医療機関や地方自治体の活動を妨げることを専門家は懸念する。その背景や想定される被害はどのようなものか。
・TechTargetジャパン

 <システム・IT・マネジメント・その他>

■コロナ禍の在宅勤務報道を見て気づいた抜け落ちている大事な視点

 今回は、在宅勤務に関する新聞やテレビ、ニュースサイトの報道で、とても気になることを述べたい。まず、この2か月でオンライン取材をした企業の中で特に印象に残っている大手金融機関の人事部長が話していたことを紹介したい。
・@DIME


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2020年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。