ホーム > 2020年, ニュース > 保険デイリーニュース(07/13)

保険デイリーニュース(07/13)

 本日の主なニュース

・損保大手、火災保険を6~8%値上げへ 自然災害相次ぎ
・最大30%安 ソニー損保のAI自動車保険が画期的なワケ
・自然災害の財務リスク予測 企業の情報開示支援-MS&AD
・「逸失利益」定期払いで事故被害者に新たな選択肢 将来利息も控除されず
・多様性生かした総合力で成長 原典之 MS&ADインシュアランスグループ
・外貨建て保険の相談急増 NPOが「110番」開設へ

 <損保関連>

■損保大手、火災保険を6~8%値上げへ 自然災害相次ぎ

 損害保険大手が来年1月、住宅向けの火災保険料を全国平均で6~8%ほど上げる見通しだ。自然災害が近年相次いでいるためで、昨年10月に続き1年あまりで2度の値上げとなる。
・朝日新聞デジタル版

■最大30%安 ソニー損保のAI自動車保険が画期的なワケ

 ソニー損害保険が3月に販売開始した自動車保険の新商品「GOOD DRIVE(グッドドライブ)」は、自動車保険でありながらモビリティーサービスの顔も併せ持つ。
・日本経済新聞

■自然災害の財務リスク予測 企業の情報開示支援-MS&AD

 MS&ADインシュアランスグループホールディングスは7日、自然災害が企業の財務に与える影響を予測・分析するサービスを開始したと発表した。企業に関連データを提供し、投資家への積極的な情報開示を支援する。
・時事通信
・環境ビジネスオンライン

■「逸失利益」定期払いで事故被害者に新たな選択肢 将来利息も控除されず

 事故による将来の「逸失利益」を定期的に支払うことができるとの初判断を示した9日の最高裁判決。これまでほとんど検討されてこなかった賠償の手法に光を当てたものだ。
・SankeiBiz

■多様性生かした総合力で成長 原典之 MS&ADインシュアランスグループHD社長

 株価下落などによる運用関連の損失が600億円、海外では展示会などのイベントが中止になって興行中止保険への支払いが200億円程度と見込まれます。
・goo.ne.jp

■損保各社ホームページより
●損保ジャパン
(07/10) 京都府警察とAIRオートクラブ京都支部との『防犯ボランティア活動支援に関する協定』の締結について
(07/08) 旅行事業者向け『国内ツアー補償制度』の提供開始 ~旅行者が新型コロナウイルスに感染した場合の見舞費用などを補償~

 <損保株価情報>(東証:2020/07/10)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,663 -73 -1.54% 1,698,000
SOMPOホールディングス   3,641 -35 -0.95% 859,300
MS&ADホールディングス   2,859.5 -44.5 -1.53% 1,140,100

日経平均株価   22,290.81 -238.48 -1.06%

 <金融庁・協会関連>

■外貨建て保険の相談急増 NPOが「110番」開設へ

 生命保険協会によると、外貨建て保険に関する生命保険会社への苦情は、2013年度からの5年間で4倍近くに急増。全国の消費生活センターに寄せられた18年度の相談件数も4年前の3倍以上に増えた。
・朝日新聞

 <生保関連>
 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2020年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。