ホーム > 2020年, ニュース > 保険デイリーニュース(07/27)

保険デイリーニュース(07/27)

 本日の主なニュース

・自動車保険金支払い、AI活用で2週間に短縮へ MS&AD
・損保大手3社、生保通販参入 MS&ADが月内に
・コロナ損害補償の病院向け保険 MS&ADが新商品
・エプソン販売と損保ジャパン、各種損害保険付帯の新製品開発で協業
・あいおいニッセイ、米企業に出資 空飛ぶ車向け商品開発へ
・あいおいニッセイ、本社オフィス半減 在宅が定着
・日生がオンライン販売参入 若年層・都市部の顧客取り込み
・かんぽ不正「100年史」に刻まれた長く深い病巣
・損保ジャパンの動画を活用した業務効率化、プロジェクトの進め方【前編】

 <損保関連>

■自動車保険金支払い、AI活用で2週間に短縮へ MS&AD

 MS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下の三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は、人工知能(AI)が自動車事故の車両修理の見積もりを点検するシステムを今年度内に全国で導入する。
・SankeiBiz

■損保大手3社、生保通販参入 MS&ADが月内に

 損害保険大手が保険代理店を通じた生命保険の通信販売に参入する。まずMS&ADインシュアランスグループホールディングス(HD)が7月に、約1万5000の損保などの代理店を通じ、生命保険を非対面で売り出す。
・日本経済新聞

■コロナ損害補償の病院向け保険 MS&ADが新商品

 MS&ADホールディングスは23日、新型コロナウイルスで病院が被った損害を補償する新型保険を月内に売り出すと明らかにした。医師や看護師の業務中の感染やオンライン診療による患者情報の漏えいなどに備えるのが特徴で、同様の保険は業界初とみられる。
・東京新聞

■エプソン販売と損保ジャパン、各種損害保険付帯の新製品開発で協業

 エプソン販売株式会社は21日、損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)と協業し、製品に各種損害保険を付帯した新商品開発を開始すると発表した。
・クラウド Watch

■あいおいニッセイ、米企業に出資 空飛ぶ車向け商品開発へ

 MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険は22日までに、電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発を手掛ける米企業ジョビー・アビエーション(カリフォルニア州)に出資し、協業していくと発表した。
・時事通信

■あいおいニッセイ、本社オフィス半減 在宅が定着

 あいおいニッセイ同和損害保険は本社オフィスを抜本的に見直す。新型コロナウイルスを契機に在宅勤務が大幅に増えたことに対応し、オフィスの使用面積を半減する。会議や稟議(りんぎ)のオンライン化とあわせて場所にとらわれない新たな働き方を定着させる。
・日本経済新聞

■損保各社ホームページより
●東京海上日動
(07/26) 当社における新型コロナウイルス感染者の発生について
(07/22) 【業界初】「がん再発転移補償特約」「がん生活支援特約」の発売

●損保ジャパン
(07/21) 当社における新型コロナウイルス感染者発生状況について
(07/21) エプソン販売株式会社との協業開始 ~各種損害保険の商品付帯により新商品開発を支援~

●MS&ADホールディングス
(07/23) 英国Phoenix社の株式取得について

●あいおいニッセイ同和損保
(07/21) 遠隔診療・無人ドローン配送実現に向けた実証実験開始について〜「安心して島に住み続ける」ための支援に向けて〜
(07/21) 米Joby Aviationへの出資について

 <損保株価情報>(東証:2020/07/22)

(会社名、終値、前日比、出来高)
東京海上ホールディングス   4,684 -18 -0.38% 1,318,900
SOMPOホールディングス   3,634 +1 +0.03% 897,200
MS&ADホールディングス   2,823 -15.5 -0.55% 1,759,400

日経平均株価   22,751.61 -132.61 -0.58%

 <金融庁・協会関連>

■金融庁・協会ホームページより
●日本損害保険代理業協会
(07/22) 損保7社、損保協会との懇談会を開催しました。
(07/22) 業界紙との懇談会を開催しました。

 <生保関連>

■日生がオンライン販売参入 若年層・都市部の顧客取り込み

 日本生命保険は22日、スマートフォンなどを活用し、保険商品の営業から契約まで一連の手続きを完結させるオンライン販売に乗り出す方針を固めた。来年から順次始める。
・SankeiBiz

■かんぽ不正「100年史」に刻まれた長く深い病巣

 かんぽ生命保険の郵便局員による不正募集が発覚してから1年。この問題は郵政民営化や日本郵政グループ企業の上場を契機にはびこったわけではない。前身の簡易保険の時代から何度となく蔓延してきた。
・東洋経済オンライン

■生保各社ホームページより
●フコク生命
(07/22) 当社における新型コロナウイルス感染者の発生について
(07/21) 当社における新型コロナウイルス感染者の発生について

●太陽生命
(07/22) 太陽の元気プロジェクト2019年度の取組みについて

 <セキュリティ関連>
 <システム・IT・マネジメント・その他>

■損保ジャパンの動画を活用した業務効率化、プロジェクトの進め方【前編】

 紙中心のコミュニケーション手段がデジタルに置き換われば、そこに割いていた多くの時間を、より価値のある業務に割り振ることができる。そう考え、動画を活用した業務効率化プロジェクトを成功に導いた、損害保険ジャパンで …
・AdverTimes(アドタイ)


【発行者】やなはる
・保険デイリーニュースブログ
・まぐまぐ(配信解除もこちらから)
・Twitter
・Facebook


カテゴリー: 2020年, ニュース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。